« さよなら、そしてありがとう冥王星企画① 序章 | トップページ | さよなら、そしてありがとう冥王星企画③ 太陽系のひろがりを実感する »

2006年11月27日 (月)

さよなら、そしてありがとう冥王星企画② 太陽系モデル

私たちは太陽系第3惑星地球の住人。でも、私たちの母なる地球は他の惑星と比べるとどれくらいの大きさ?太陽より小さいのは何となくわかる。でも、お隣の火星や金星と比べたら…?それから、太陽系の広がりって一体どれくらい?う~ん、やっぱりいまいちピンとこない。

Img_3817

それで、太陽系の10億分の1のモデルを作ってみた。(写真 左から水・金・地・火・木・土・天・海・冥 大きさを比べてみるとちょっとびっくり)理科室にころがっているいろんなモノを利用して、あとは、私のほんのわずかしかないビジュツテキセンスを総動員して色をぬりぬり…まあ、惑星っぽくなったかな…。

生徒の反応は、予想したよりよかった。「地球は太陽より小さいとは知っていたけど、こんなに小さいの」「水星なんか、宇宙的にみたら“ちり”だねぇ…」「木星ってこんなにでかいの」様々な反応が返ってきた。やっぱり、「イメージをふくらませてあげられるような教材をつくることは意義があるんだなあ」ってあらためて実感した。

 

|

« さよなら、そしてありがとう冥王星企画① 序章 | トップページ | さよなら、そしてありがとう冥王星企画③ 太陽系のひろがりを実感する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191232/12839412

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら、そしてありがとう冥王星企画② 太陽系モデル:

« さよなら、そしてありがとう冥王星企画① 序章 | トップページ | さよなら、そしてありがとう冥王星企画③ 太陽系のひろがりを実感する »