« スペイキャスティング | トップページ | ヘアウィングフライ »

2006年12月 1日 (金)

ラインメンテナンス

 ここ数日、朝目覚めると、外は真っ白な雪化粧。日中には全部溶けてしまうけど、本格的な冬がやってきたようです。

 今年の釣りは一段落つけようと思ったので、今日はラインのメンテナンスをすることに。ラインクリーナーをぬりぬりしながら、今年の思い出にふけるのもいいもんです。スペイラインに、フローティングライン、イトウ釣りで酷使されたシューティングヘッド、少し痛みが目立ってきたランニングライン…今年一年の感謝の気持ちを込めて…ぬりぬり…。

 今年のヒット商品はリオ社のシューティングライン。いままで、フラットビーム、コートランドのレーザー444などなどランニングラインはいろいろと使ってきましたが、リオ社のは非常にいい。

 私がランニングラインに求めるのは、「飛ぶこと」と「絡まないこと」。特に、寒い季節にはライン自体がかたくなって、ど~にも、こ~にも、からんでからんでどうしようもなくなることがあります。そんな中、コートランドのレーザー444は2つの要求をほぼクリアしてくれていましたが、痛みが激しいので、彼には引退していただきました。5月のイトウ釣りで、新庄の引退発表と時を同じくして「俺はもうだめだよ」と私に伝えたのでした…。

 なんかいいランニングラインはないものか…ショップに行くと、このリオ社のラインが私を呼んでいたのです。「俺、なかなかいいよ…」そう訴えかける彼に私は一目惚れ。おまけにパッケージには、「Extreme Distance・Tangle Free」などと書いてある。これってようするに、「すげ~飛んで、しかもからまないってことでしょ」私の頭の中にある極微量の英語の知識からも、そのよさが伝わってきたのでありました。すかさず、購入して、「これから、なにとぞよろしくお願いいたします」とリールに巻いたのであります。Img_3912

  いやいや、本当にいいのであります。デビュー戦は、海のカラフトマス。G・Loomis GLX DH #10/11にウエットセルSTL#11を乗っけて、キャストすると、「びょごーん」って感じでかっとんでいきました。まあ、ヘッドとロッドのバランスなんかもあるとは思うけど、このランニングライン、ストレスフリーです。カラフトはま~ったく釣れなかったけど、海辺でニヤニヤしている変な釣り人がいたことは確かである。「まあ、俺の実力はこんなもんじゃないけど、君もキャスティングの腕を磨きなさい」と彼は私にいったのである。来年は、かっとばして、でっかいのつるぞ~。

|

« スペイキャスティング | トップページ | ヘアウィングフライ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191232/12897443

この記事へのトラックバック一覧です: ラインメンテナンス:

« スペイキャスティング | トップページ | ヘアウィングフライ »