« 続 プレートテクトニクス・プルームテクトニクス | トップページ | タイイング熱③ »

2006年12月17日 (日)

タイイング熱②

Img_3997 タイイング熱がおさまらず。のんびり楽しく巻いています。

レイ・バーグマンの有名なパターン、パーマシェンベル。ちょっといたずら心がはたらいてウィングをシルバーフェザントクイルを使って、黒のアクセントをくわえてみた。トラディショナルなフライにおそれおおいことをしているとは思うが、自分の好奇心に素直になってやっちゃった。Img_3996_2

キングオブアレキサンドラ。これも、よく釣れる。どちらも、何似ているかよくわからん。こんな虫も小魚も日本には絶対にいない。けどよく釣れる…。別にウェットは何かに似てなくてもいいんですね、きっと。魚が「おっ、なんだこれ、きれいだねえ。ちょっといたずらしてみるか」って思ってくれればいいんだろうなあ。

 こんなことが、くわしくわかりやすく、そしてたくさんの経験をもとにして書いている本がある。それが、沢田賢一郎さんの「ウェットフライフィッシング」と「ウェットフライ探求」。この2冊はすごい!いままで、ウェットの釣りで悩んでいたことが、すーっと消えていった。Img_4015

  オフシーズンは、本を読んだり、タイイングをしたり…こんな風に冬を過ごすのも悪くないですね。

 オフシーズン、タイイングはハイシーズン!

|

« 続 プレートテクトニクス・プルームテクトニクス | トップページ | タイイング熱③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191232/13098580

この記事へのトラックバック一覧です: タイイング熱②:

« 続 プレートテクトニクス・プルームテクトニクス | トップページ | タイイング熱③ »