« 空と海の間で | トップページ | 続 プレートテクトニクス・プルームテクトニクス »

2006年12月13日 (水)

タイイング熱

Img_4013  シルバーフェザントのコンプリートスキンをぼへ~っと眺めていました。シルバーフェザントは、大好きなマテリアルのひとつ。グレーゴーストのチークなどに欠かせない。白と黒のコントラストが何ともいい。

 コンプリートスキンの一部分にほんの数枚だけ、写真のような白と黒が半分ずつのなんとも、すばらしい、ゲージュツテキなフェザーがあるのです。。前々から、この部分のうまく使って巻きたいなあと思っていました。今日、このフェザーをみてひらめいて、ちょっとスペイ風に巻Img_4006 いてみました。

 全体的に、シックな感じにしました。ボディーフェザーが白と黒のまだら模様でなんともいいなあ。タイイングしているとにや~っとしてしまいました。黒というカラーには絶対的な信頼感があります。なにかしら、魚をひきつけるチカラがありますよね。

 こんなフライで釣れたら最高だなあ!

|

« 空と海の間で | トップページ | 続 プレートテクトニクス・プルームテクトニクス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191232/13061268

この記事へのトラックバック一覧です: タイイング熱:

« 空と海の間で | トップページ | 続 プレートテクトニクス・プルームテクトニクス »