« レディー&キング | トップページ | バルチェリナギニア »

2007年2月26日 (月)

イトウ釣りのバイブル

 今日もタイイングデスクに座っていましたが、ど~もイトウ釣り関係の本が気になってパラリパラリ…、タイイングのほうはあんまり進まず…。まあ、いいのである。釣りへと気持ちがたかぶってきたのか、それともこの前の飲み会の会話が心に残っているのか…。

Img_4731 Img_4733

 イトウ釣りのバイブル。

 釣りキチ三平君を本棚から引っ張り出して再読。自分自身イトウ狂になってから、この物語を読むのははじめて。なんか、全然ちがう感じがした…。でっかいイトウを釣り上げて、三平君が谷地坊主と抱き合うところなんか、純粋に目頭があつくなったりで…。こんな気持ちで読み進めたもんだから、いろんな言葉が心に引っかかる。中でも魚神さんの言葉に心動かされた。

 「かたらずとも感じあえる釣りキチどうしの意地と意地が、ぴったりとむすびあった…」

 う~ん、そうなんだよなあ。釣りキチ同士は語らなくてもお互いの考えがわかるときってありますよねぇ。それが、初対面の人であっても。これが釣りのいいところなんだろうなあ。川での一期一会の出会いかもしれないけれど、ず~っと前から知り合っているような気持ちになる。もちろん、こんな出会いが大切な思い出になり、それから、飲み会までやっちゃう仲になる。魚を釣る楽しみだけじゃない。人と人とに出会いを与えてくれて、自分自身をさらに成長させてくれるのが釣りなんじゃないかな、なんて最近思う。

 話を戻します。開高さんの「オーパ、オーパ」は何回読み返したわかりません。それから、佐々木栄松さんの「湿原のカムイ」。これはもう絶版になっていると思います。この本が出ていると知ったとき、さがしたさがした。ネットに図書館に…。それが、ふと入った古本屋で見つけた。そのヨロコビたるや、もう、うれしくて、うれしくて。宝物の1つです。

 このバイブルたちは、タイイングデスクの側の本棚に並んでいます。(もちろんその他の釣り関連本も)タイイングにつまると手を伸ばしてパラパラやればイマジネーションがふくらんで、新たなフライが創造されます…なんて、いいたいけれど、そうはいかない。多くはそのまま読みふけって時間が過ぎていきます(笑)。

 うん、ネズミフライも巻いたし、あとはいつでっかいイトウがかかっても大丈夫なように「谷地坊主流取り込み法」を学んどくかなぁ…。なんて、夢と現実をいったりきたり…でもそんな時間が最高に楽しい!Img_3811_1

 夢はでっかく、大きく!

|

« レディー&キング | トップページ | バルチェリナギニア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191232/14050202

この記事へのトラックバック一覧です: イトウ釣りのバイブル:

« レディー&キング | トップページ | バルチェリナギニア »