« 邂逅~フライフィッシング~ その1 | トップページ | 邂逅~フライフィッシング~ その3 »

2007年5月16日 (水)

邂逅~フライフィッシング~ その2

それからすぐ釣り竿を手に入れた。おそらく買ってもらったと思う。うれしかった。やっぱり3mくらいののべ竿だった。親父も巻き込み釣りを始めた。仕掛けを作るのも知らず、糸の結び方もわからない。図書館で本を借りて、読みまくった。伯父からもいろいろと教わった。この伯父、糸の結び方などはかなり適当である。しかし、釣りは抜群にうまい。餌もそこら辺からバッタやクモなんかを調達してきて、バシバシ釣る。根っから釣りを楽しんでいるそういう人である。

このころ、親父と僕にはとっておきのポイントがあった。でっかい木が倒れ、木の根が川をせき止めていた。深い深い淵だった。今考えると信じられないくらい魚がついていた。巨大なアメマスがたくさんいた。まだ、キャッチ&リリースなんて概念は小学生の頭にはなかったので、釣れた魚はキープしておいしく頂いていた。亡き祖父は魚が好きだった。釣れた魚を祖父に渡すといつもうれしそうに笑ってくれた。特にヤマメを持っていくとなおさら笑顔が明るかった。親父は釣れた魚を薫製にした。幸せな思い出だ。

まだ、川を歩いて釣るという考えはなかった。とっておきのポイントにいれば、魚はおもしろいように釣れたからだ。初めてウェーダーを手に入れたときまた釣りの世界が変わった。ウェーダーは街の小さな釣具屋から買った。足の悪いおじいちゃんがやっていた店で、もう店をたたむからといって安くしてもらった。川を歩けるようになった。たくさんのポイントを目にするようになり、どうやって流せば魚が釣れるのか考えるようになった。魚は釣れた。イワナ、オショロコマ、ヤマメ、ニジマス。川を歩くようになって、親父にベストを買ってもらった。タラスのベスト。つい数年前までこのベストを使っていた。数々の激闘の後が残っており、穴だらけ。引退した今でも僕のタイイングルームの壁に飾ってある。このベストをみればいろんな思い出が蘇ってくる。こうやって、僕は故郷の川で釣りにのめり込んでいった。

|

« 邂逅~フライフィッシング~ その1 | トップページ | 邂逅~フライフィッシング~ その3 »

コメント

初心者にとってウェーダーを買うことは革命だよね。
今まで見るだけだったポイントに行けちゃうんだもん。
ベストも同じ。嬉しくて、使わない小物まで胸ポケットに入れちゃうw

先日、糠平湖に行ってきました。
50ブラウン出たよ!
川もF氏とちょくちょく行ってるけど、まだまだシビアだね。

投稿: 置戸のインチキ釣り師 | 2007年5月17日 (木) 17時39分

置戸のインチキ釣り師さん
 いつもコメントありがとうございます。くだらない文章を読んで頂いているのですね…(涙)
 ブラウンいいなぁ~、うらやましいなぁ~。私まだ今シーズン一匹も魚に逢っておりません…。魚に逢いたいよ~。
 F氏にもよろしくお伝えください。ブログも見て頂けるとうれしいです。
 その3もアップしました。毛針との初めての出会いをつづりました…。駄文ですが読んでくれたら幸いです。

投稿: 管理者 | 2007年5月18日 (金) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191232/15097396

この記事へのトラックバック一覧です: 邂逅~フライフィッシング~ その2:

« 邂逅~フライフィッシング~ その1 | トップページ | 邂逅~フライフィッシング~ その3 »