« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月27日 (土)

アクロイド

 ほっと一息ついた金曜日、のんびりとタイイング。

 ディーウィングスタイルの代表格。アクロイドを巻く。

 でっかいサーモンフック PARTRIDGE BARTLEET TRADITIONAL 2/0 に心静かに巻いてゆく。久しぶりにほっとした気持ちでタイイングをしました。

 シーズンも終盤。でもまだまだ、でっかいイトウに逢いたい。それから、頭が鋼のあのでっかいマスの情報もちらほらと聞こえてくる季節。そんなこんなでおっきなフライを巻いたわけですよ。

P1000970

 ウィングを変えて2本。左がアーガスセンターテール、右がアーガスセカンダリー。アーガスにとりつかれたアーガスキチガイにはたまらない模様です。

P1000963

P1000965

 ボディー後半のイエローのハックルはブラックレースを使いました。前半部分のブラックヘロンとうまいことかみ合うというかなんというか、良い雰囲気になったと思います。

 ウィングを変えるだけでやっぱり雰囲気はがらっと変わりますね。マテリアルをちょっと変えていろんな雰囲気のフライをタイイングするのも楽しみのひとつですね。

 でっかいフライででっかい魚を!夢は大きくふくらんでいます…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月20日 (土)

久しぶりのタイイング

 久しぶりにウェットをタイイング。

 依然として魚は釣れておりません…。シーズンも終盤ですが、やっぱり魚に逢いたいのです。

 そんなこんなで、久しぶりにウェットを巻きたくなってタイイング。ストックしてあったとっておきのマテリアルを使いました。久しぶりなんでバランスがいまいちです…。P1000764_6

 緩やかな流れの中にいるであろう、魚を誘うことを考えてボディーハックルはブルーイヤーフェザントのボディーフェザー。ゆらゆらと妖しくゆらめいてくれるはず。

 ウィングはアーガスフェザントのサイドテール。この水玉はたまりません。

 それから、テールはビショップのレッドで強烈にアピール。

 さてさて、魚は釣れるのか…?

 デジカメ変えました。LUMIX DMC-FZ8にしました。非常にくっきりはっきり鮮明な写真が撮れます。きれいな写真を撮影してブログに載せたいと思います。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

続 釣れない…(けれども)

   愚痴ばっかりいってても仕方ないので、「続 釣れない…(けれども)」ということでもう一つ書いちゃいます。

 今日の釣りは、釣れなかったけれど新しいフライパターンを試すことができ、しかもその新パターンがちょっくらいい感じなのだ。まあ、ホントのところ釣れなかったので何とも言い難いのですが…。

Img_5427 いつもの私の18番、ケムンパスのパターンです。

 このフライには新しく手を加えたところが2つあります。

 

 

 

 1つ目は、見てのとおり、ウィードガードを取り付けたこと。

 2つ目は、写真ではちょっとわかりにくいかもしれませんが、テールのゾンカーテープがフックに絡まないように手を加えました。

 ①ウィードガード

  いつもイトウ釣りにいくと、ほぼキャスティングのたびにフックに水草がからんできます。すごく気になってました。リトリーブが終わった後フックに絡んだ水草をロールキャストで吹き飛ばしてからキャストしていましたが、なかなかとれないときも多々あります。水草はやっかいな存在です。(でも小さな生物の住処となっている水草が水中にないとでっかいイトウだっていなくなってしまうので、自然の中ではとても大切な存在です。)

 水草がフックにからんで取るのが面倒なことよりも気になっていたことがあります。それは、フライを見つけるとすぐ反射的にくわえるイトウもいれば、後ろを追っかけてきて、食べるか食べまいか考えているイトウも必ずいるはずです。

 その考え中のイトウさんの場合ですが、「う~む」と唸りながらフライのあとをついてきて、そのときにですよフライが水草を引っかけてそのまま泳いでいたらこれは不自然じゃないかと思ったのです。きっとイトウはフライをエサ=小魚だと思ってついてきているはずです。「食べようか」と思ったときに小魚が水草を引っかけて泳ぎだしたら…私がイトウだったら間違いなく、「あれ…変だぞ」と思って食べません。

 それから小魚はイトウに追われたら、たぶん水草の中に逃げるはずです。

 こんな考えから、ウィードガードの必要性についていままで考えてきて今回初めて巻いてみました。実際ですね、今回一匹のイトウが足下までフライを追ってきました。しかも、足下は水草のジャングル。ウィードガードが機能したから、イトウがここまで追っかけてつきたのかなと思っています。

Img_5430

 ワイヤーで作ったウィードガード。

 フックの先端にウィードガードをのっけます。この状態でキャストすれば、かなり水草のひっかかりがセーブできます。強風の中でキャストしてもこの状態を保っていました。ワイヤーがバネのようになっているからだと思います。

 使用したワイヤーは、形状記憶合金を使ったワイヤーです。

②テールのからみ防止

 テールにゾンカーテープをよく使います。理由は、簡単に巻けるし、水に入ったときによく動くので。

 大きなイトウを釣りたくなるとテールのゾンカーを長くしたくなります。長すぎてもダメですが、ちょっと長いかなと思うくらいに巻くと水の中での動きは身をくねらすようにして動き、生物らしさを表現できると思っています。

 でも悩みの種が、フックベンドにからみつくことでした。ベンドにからんだ状態では生物らしさは失われてしまいます。

 今月号の「FlyFisher誌」のターポンフライにそのものズバリ!この悩みを解く方法が掲載されていました。雷に打ち抜かれたような衝撃でした!しかもいたって簡単な方法でした。

Img_5435_2使い古したリーダーのバット部分をゾンカーテープに穴をあけて通しループにするという方法です。

 

 世界中の釣りキチのアイデアを利用させてもらうヨロコビ!フライで釣るという方法は同じでも、ターポンとイトウというまったく違う魚を釣るアイデアがうまく結びついたヨロコビ!最高です!いろんなアイデアを一本のフライに集めるヨロコビ!サイコーですな。

 それよか、「ゾンカーテープのフックベンドへのからみの悩みは世界共通だった」ということを知り、なぜかヨロコビを感じている私はやっぱりキチガイなんだろうなぁ…。「ほ~ら、悩んでいるのは俺だけじゃなかったでしょ」って誰かに言ってやりたいけど、誰にも言えないし、この悩みを解ってくれる人はあんまりいないと思ったので、永らく心にしまっておいたわけです。

 今日使用してからみゼロ!最高!動きもなまめかしいくらいに生命感にあふれておりました。なんて言えばいいのかなぁ…やっぱりくねりの動きがすごく出てくるんだよなぁ…。

 ということで、2つ手を加えたケムンパスは、しっかり魚を魚を誘ってくれたのでした。(でも、かからなかったけど…)このフライのコンセプトは水草の中を元気にユラユラ泳ぐことのできるフライなのです。

 次は釣れるような気がする…きっとこの次は…。

 俺はやるぞ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

釣れない…

 3連休の最終日。時間が空いて釣りへ行きました。すご~く久しぶりの感じです。

 イトウに逢いたくて、気合いを入れて午前2時30分自宅を出発!いつも行きの運転はアドレナリン出まくりで、眠くならないのですが、今日はなんだか眠くて、仮眠をとりつつ、ブラックコーヒー飲みつつ、フリスク食べつつ、「つつ」がたくさんつく運転で川へ…。

 昨日まであんなに天気が良くて小春日和だったのに、今日はなんでだか雨…あ~あ。日頃の行いが悪いのかなあ…。釣りの神さんはまだほほえんでくれません…それでも釣り場につく頃には小降りになって一安心…。近くの道の駅でトイレをすませて外に出ると、あ~あ…またまた、だば~っと降り出して意気消沈…。

 しかし!今日はこんなもんであきらめんぞ!釣り場に到着して仮眠をとりつつ雨がやむのを待つ…。

 小降りになって準備万端!眠気もおさまり、川に降り立ち第一投…と思いきや…また、激しく降り出した…。

 「なんなんだよ~」と1人嘆きながらも、もう開き直って釣り開始!

 悪いことは続くもので、今度は尋常じゃないくらいの向かい風が吹き出した…。とてもキャスティングができる風じゃない…。

 釣りの神さんはいないのか…。

 え~い。場所移動!対岸へ!

 ここにきてやっと落ち着いて釣りができるようになりました。「はぁ…」などとため息混じりながらも、気持ちよくキャスティング。

 キャスティングの調子はいいんだよな~…。ランニングラインをほぼ全部出るくらいまで飛ぶ…。よしよしと今度は1人うなずきながらキャスティング。

 ところがである…また、風が強くなりもうびゅんびゅん吹きまくり…しかも、風向きがちょっとずつつ微妙に変わる、時には突風まで…。あ~もうだめなのである。しかも、風にあおられてかどうか知らないが、水まで濁り始める始末…。

Img_5423 今日もやめときなさい。釣りの神さんはまた私にそういったのでした。

←今日も惨敗の図…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 3日 (水)

10月…

 久しぶりの更新です…。

 といっても、ここ最近、忙しくて釣りにも行ってません。タイイングもお休み中です…。な~んもないんですが、久しぶりに気分転換に書いてます。写真もなんもありませんのであしからず…。

 9月があっというまに過ぎ去ってしきました。なんと、9月一匹も魚に会っていません。クレージーの道を歩み始めて9月に一匹も魚を釣っていないのは初めてかも…。

 9月って結構いい魚が釣れる季節ですよね。9月にはいい思い出がたくさんあります。

 この間の3連休もイトウに逢いたくて釣りに行きましたが、前日に降った、バケツをひっくり返したような雨の影響か川は濁流…しかも、こんなに風ふかなくったていいじゃない…と思えるような強風…。結局イトウはあきらめての帰り道、海でサケでも狙おうかと思いましたが、波高し…しかもぶっこみの釣り師の満員御礼…とってもフライが入るスペースなんて皆無…。

 それなら近場の川へ…あ~やっぱり濁流…。

 これは釣りの神さんが今日はやめなさいって言ってるんだ…勝手解釈、自分を励まして帰宅…。

 結局3日間濁りが引かず魚には逢えず…。

 うん、まあこんなもんでしょ。釣れるときは釣れる!行けるときは行ける!日々の忙しさも、仕事が忙しいことは悪い事じゃないと思うし、最高の釣りをするためには、仕事をがんばらんとね。

 釣りの神さんはそんなことをきっと見ていてくれる…と思うのだ。仕事を頑張った後、でっかい魚が釣れることが結構あるんだな。

 今週末の3連休は最後の日しかチャンスなし…行けるかなぁ…行きたいなぁ…。

 いつから魚を釣っていない…指折り数えてみると、お~8月のカラフトマス爆釣から釣ってない…。魚の感触から遠ざかって1ヶ月半…。めまい、手の震え、頭痛、精神疲労などなど、そろそろ禁断症状がでてくるか(笑)。

 ブログの更新も2週間ぶりくらい…メールには「最近行ってないの?どっか調子でも悪いの?」う~んクレージーなだけにこんな心配もされてしまう…。便りがないのは元気な証拠なんていうけれど、ブログを更新しないのは元気じゃない証拠なのかな(笑)

 私は元気です!元気に働いてますよ!もちろん頭の片隅にはフライのことがつまっとります!ご安心を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »