« 1万人突破! | トップページ | タイイングキチガイの部屋から… »

2007年11月28日 (水)

Syd Glasso

 Syd Glassoのパターンにはまっています。はまりにはまって夜も眠れない…。頭の中にいろんなカラーバリエーションのフライが浮かんでは消えていく…。

 ウィングを青にしたら、ボディーは…ボディーハックルは…。

 どんな色の組み合わせにしたらお魚さんが興味を持ってくれるのか、そんな永遠の課題を乏しい色彩感覚をフル稼働させて考えているが、「う~む」とうなっている時間の方が多いのが事実でございます…。

 唸りに唸って巻き上げたこの2本。

P1010445

 白と青を基調に。

 ボディーハックルはヘロン。なんかこう、北国の冬。スカーンと晴れた青い空と雪の大地。そんなイメージ。雪つもる川岸でこんなフライを優雅に流れへと送り込みたいですねぇ。(←実際問題、雪降る川岸で優雅にフライを振れるかというと…寒さとのタタカイであり、ちっとも優雅にならないのが事実ですかね…。まあ気持ちだけでも優雅に…)

P1010443

 こちらは、フェザーウィングでもサドルを使わずに、ブラックレースを結びました。もちろんバーチカル風に。

 う~ん。テールをつけた方が全体としてまとまって、アクセントにもなりそう。やっぱりテールつけよ。ゴールデンフェザントのクレストかなやっぱり。

 でも、ブラックレースはいいです。黒の縁取りがびしっとした雰囲気を与えてくれます。実際に水に入ったときも、いいアクセントになっていると思っています。オススメのマテリアルです。

 いろんな色のブラックレースでこのパターンを巻いてみようと思います。そのうちドバ~っとアップします!(←ホントかなあ…。私の性格上、巻きたいフライがころころと変わるのでいつになるかは…謎です)

 今月号の「FlyFisher」のハッピータイヤーズも、心躍る記事でした。やっぱり備前さんはすごいなあ…フルドレスのサーモンフライもすごい!色彩感覚もやっぱりすごい。見る人の心をつかむフライを巻きたいなあ。備前さんのフライには備前さんの備前さんにしか出せない「味」があって、その「味」がドバ~って全開に伝わってきます。

 タイヤーの「味」がでたフライを巻けるように修行に励みます。

 「FlyRodders」もストリーマーの特集でニューイングランドスタイルのフライが出ていたりでこちらも心躍りました。

 まずいぞ…胸のわくわくがとまらんぞ…。眠れるのか?きっと夢に出てくるぞ…

 あ~あ、タイイングキチガイ…どこに向かっているのやら…

|

« 1万人突破! | トップページ | タイイングキチガイの部屋から… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191232/17210248

この記事へのトラックバック一覧です: Syd Glasso:

« 1万人突破! | トップページ | タイイングキチガイの部屋から… »