« フライボックスに欠かせないランキング3位 | トップページ | フライボックスに欠かせないランキング1位 »

2008年1月 2日 (水)

フライボックスに欠かせないランキング2位

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。この一年思い出に残るような素晴らしい魚に出会えるようお祈り申し上げます。

 ついにこのランキングも年越し、そして新春早々に1,2位の発表です。

 2位は「ソフトハックルフライ」です。これもどれか一本選べといわれても無理なので、私のお気に入りをドバーッと大量に発表します。

 今日、「巻き初め」です。今年の巻き初めは、このソフトハックルにしました。さくさく巻けて、それでいて、ハックルとボディーの無限の組み合わせは心躍るものがあります。

 しかも、めちゃくちゃ釣れます。ドロッパーシステムのリードフライに多用します。ホイットレー4面全部ソフトハックルフライで埋まってます。

 コンプリートをそこら中にぶちまけて、せっせと巻きました!

P1010751

 まずは信頼感抜群の一本から。

 オリーブのボディーに、ちょっとヒカリモノを巻いて、ハックルはムアヘン。これやばいくらい釣れます。

 私はソフトハックルを巻くとき、スロートをつくります。スロートはボディーとは色が違うダビング材でつくり、少しダビング材が多いくらいスレッドによりつけます。そうするとダビングのコブができますので、これをピックアップしてスロートとします。この前にハックルを巻けば、ハックルはスロートに支えられよく揺らぎます。

P1010755

 一本目と似ていますが、ボディーがビニールのリブです。ハックルはムアヘン。スロートはヘアーズイヤーのダブ。

 透明感のあるボディーが魚を誘います。ヒラタカゲロウのハッチがあるときは驚異的な力を発揮します。

P1010750

 ご覧のとおり私が巻くソフトハックはオリーブがすごく多いです。なぜかというとよく釣れるから。水に入ったときによく目立つ色なのか、魚に見えやすい色なのか、虫の色としては確かに万能の色のような気もしますが…ボックスにはなくてはならないカラーの1つですねオリーブは。

 これもボディーがビニールリブなんですが、ユニマイラーのピーコックオリーブを下巻きにして、その上からビニールリブを巻きました。非常にリアルな虫のイミテーションになります。まあ、リアルなのがいいのかどうかはわかりませんが、ビニールリブを透かして奥の方からギラギラ輝きますので申し分なく働いてくれるフライです。

 ハックルはクレステッドパートリッジ。何とも言えないメタリックなダークなグリーンはいいですよ。

P1010753

 黒で決めたフライです。夏場の渇水期に効きます。ボディーはシルクフロスにゴールドオーバルティンセル。ハックルはコック・デ・レオンのヘンサドル。

 ヘンサドルもイイですよ。レオンは。やっぱりダンダラはいいんです!効くんです!

P1010757

 また黒ですが、ボディーがビニールリブです。黒のダビング材でスロートをつけてピックアップ。ハックルはムアヘンです。

 これは、ブヨが出始める頃に爆発的に効きます。川に行って顔の周りにまとわりついてくるあの黒い吸血鬼。刺されるとかゆいし、大群でやってくるし、煩わしい虫ですが、このフライがあれば、ブヨもありがたく思えるくらいです。

 島崎さんの水生昆虫アルバムによるとブヨ(ブユ)は水中で羽化をして、水面に上がってくる虫だそうです。水面に向かうブヨはにわかに光っているようです。それをうまく表現できるかどうかわかりませんが、ボディーに透過性のあるビニールリブを使っています。有る程度は輝いてくれているはずです。

 釣り場について車から降りてブヨがまとわりついたらリードフライには迷わずこれを選びます。ブヨの大群の中、ニヤニヤとしているブキミナフライフィッシャー…。

 ブヨに刺されるとアレルギーを起こす人もいるらしいので小さな虫とはいえ要注意です。ちなみに私はブヨに刺されてもま~ったく何も起きません。ちょっとかゆいくらい…キンカンつければすぐ直ります。う~ん実に釣り人向きの体ですね。両親に感謝せねばなりません。

P1010756

 赤のビニールリブのボディーにハックルはグラウス。ソフトハックルの代表格はやっぱりオレンジパートリッジですかね。あれと似ているというか何というか。やっぱりビニールリブの透過性が魚をひきつけるのかな。釣れます。ビニールリブいいですよ。かんたんに巻けるし、オススメマテリアルの1つですね。

 ハックルのグラウスは最高です。雷鳥さんありがとう!マダラ模様にファイバーの先に向かって彩りが変わっていく素敵な羽根です。

P1010749

 グラウスのハックルでもう一本。クリーム色のハーズイヤーでボディーを巻いて、リブとしてフラッシャーブー。スロートはちょっと濃い目のブラウンでつくりました。

 こんな風にソフトハックルで楽しんでいます。ここに紹介したフライの他にも色んな色、色んなハックルを持つフライ。この無限の組み合わせ。楽しいですよソフトハックル!

 フックはTMC760SP#10、#12、TMC107SP#10、#12に巻いています。この2つのフックたまらないプロポーションです。いいフックです。

 年明けから長々と書き連ねてしまった…。だって好きなんだもんソフトハックル…。

 これまで使用したハックルの種類はまた後日長々と書いてみようかと思っていますが、つき合ってくれますかねぇ…。

 さて、いよいよランキング1位の発表も近々です!って言ってもいつもブログを見に来てくれている方々にはバレバレですよね…だってフライの名前がねぇ…。

|

« フライボックスに欠かせないランキング3位 | トップページ | フライボックスに欠かせないランキング1位 »

コメント

>クレージーさん

こんにちは
ソフトフライのバリエーションはタイヤーの数だけ多くありますよネ。
パーマハックル状に巻くマテリアルの素材一つで、揺らめき感が全然変わり、一時期CDCを使用していましたが、財政が逼迫!!(笑)
現在は、パートリッジのショルダーで済ませています。
ベストワンのエントリー楽しみにしています!

投稿: H爺 | 2008年1月 3日 (木) 12時39分

H爺さん
 こんばんは。
 いろんなフライフィッシャーのソフトハックルを見てみたいという願望がすごくあります。人それぞれのソフトハックルを集めたらすごい書物ができそうですね。そんな投稿本みたいなのあってもいいですよね。フライフィッシャーは想像力と創造力をもっていると思います。ひとそれぞれ自分の好きなフライで楽しめるフライフィッシングはやっぱり最高ですね。

投稿: 管理者 | 2008年1月 4日 (金) 00時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191232/17559297

この記事へのトラックバック一覧です: フライボックスに欠かせないランキング2位:

« フライボックスに欠かせないランキング3位 | トップページ | フライボックスに欠かせないランキング1位 »