« アイスランディックシープ | トップページ | 春、本流へ »

2008年4月 9日 (水)

今夜も奏でるキチガイの詩

 ここ数日、急にあたたかくなって植物も春の準備にいそがしそう。あちらこちらで、花がみられるようになりました。

 厳しい冬を越えて、命燃ゆる季節の到来。みずみずしい自然の力が体を癒してくれるような気分。

 移りゆく季節の流れに身をまかせ、家の周りを春風感じて散歩してみた。

P1020780

 福寿草

 春一番に黄色可憐な花を見せてくれますね。アイヌ語で「チライ・アパッポ」

 チライはイトウのこと。つまりイトウが産卵のために川を遡上し出すときに咲く花という意味。アイヌの人たちの自然観はすばらしい。自然と共に生き、自然のリズムで暮らすことの大切さをあらためて感じました。あくせくと忙しさに負けているとダメですね。そっと自然が教えてくれています。自然のささやきに耳をすまそうと思いました。

 自然から少し元気をもらい今夜もクレージーな夜に突入です。P1020796

 

 今日の新聞のテレビ欄。ふと目に止まったのが「きょうの料理」卵で節約おかず・スペイ…!?

 なんじゃ!スペイキャストで節約の卵料理ができるのか?なんだスペイ川の住人が食べている卵料理か?これは見て勉強しなくては!この卵料理を食えばスペイがうまくなるかもしれん!NHKもやるもんだ。などと一人バカまっしぐら…キチガイの悲しい性…。

 よ~く読むと、スペイじゃなくてスペインオムレツ…。改行が微妙なところで…。

 釣り用語、特にフライ用語は、なぜか目にとまりませんか?私だけだろうか…末期的なキチガイ病…。

 そんなこんなで、今日もアイスランディックシープでチューブフライ。風呂でユラユラさせた結果、シープヘアは少なめに透明感が出るように巻くのがよさそう。

 ウィングにたくさん結びたくなる気持ちを抑えつつタイイング。

P1020799

 このフライ達が、私の福寿草「チライ・アパッポ」になってくれるとうれしい。

 自然のリズムで自然体に…そんな釣り、そんな時間の過ごし方…心がけよう。

 

|

« アイスランディックシープ | トップページ | 春、本流へ »

コメント

こんにちは
「似て非なるもの」の真髄ですね!
きっと鱒にはおいしそうに見えているんでしょうが、
私たちには「美しい西洋毛鉤」フライはこうであってほしいと、常日頃おもっています。
いいものみせていただあきました。

投稿: YOSHIDA | 2008年4月10日 (木) 17時12分

クレージーさん、こんにちは

う~ん、透明感が何とも言えませんね!
2インチのチューブに♯4位のフックですか?

最近朝方は氷点下で寒いですね。
今日は朝から雪がちらほらと降っていまして、嫁のタイヤ交換とでも思っていましたが、根性なしのH爺は自宅で引きこもりを決めました。(笑)

投稿: H爺 | 2008年4月12日 (土) 17時04分

YOSHIDAさん
 こんばんは。魚にとってフライはどんな風に見えているのか、魚に聞いて見たいと思うことが多々あります。
 色や形をいろいろ工夫して魚においしそうだと思ってもらえるようなフライを作りたいですね。
 釣れてくださいという想い、祈り、願いいろんなものが詰まった一本で最高の魚を釣りたいなぁ!

投稿: 管理者 | 2008年4月13日 (日) 20時38分

H爺さん
 こんばんは。さすがですね!2インチのプラスチックチューブに5㎜のゴールドチューブを入れたハイブリットチューブです。フックはオーナーSSWの#4です。
 アイスランディックシープはいいですね。ゆらめきもさることながら、ボリュームもあるけど、透明感も出せるすばらしいマテリアルですね。しかも扱いやすい!
 しばらくチューブフライの日々が続きそうです。

投稿: 管理者 | 2008年4月13日 (日) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191232/40830889

この記事へのトラックバック一覧です: 今夜も奏でるキチガイの詩:

« アイスランディックシープ | トップページ | 春、本流へ »