« Okhotsk early spring style | トップページ | 今夜も奏でるキチガイの詩 »

2008年4月 8日 (火)

アイスランディックシープ

 またもや気になるマテリアルを発見。先日、キャナルさんのマテリアル祭りに行って見つけたマテリアル。色んなカラーを購入しました。

 アイスランディックシープを使用したキャナルのMさんのフライを見せてもらいました。カラーコンビネーションが素晴らしく、勉強になりました。

 ルアーのカラーコンビネーションを参考にするとよいとのこと…なるほどなるほど。たまにはルアーも観察(?)しなきゃならんということですな。何事も勉強勉強!

 アイスランディックシープ。非常に柔らかいヘアですが、ハリがあって少ない量でもボリュームが出せます。ヘアがカールしているので、水をうまいことかんでくれそうです。

 今日は、久しぶりにチューブフライをタイイング。

P1020778

 ヘッドに5㎜のゴールドチューブを入れて、ハイブリットチューブ45㎜。柔らかいマテリアルなので、どうにかヘッドから沈んで欲しいので、ハイブリットチューブにしました。

 アイスランディックシープを多くなりすぎないように注意して、透明感を持たせるように…。

 今年は、このマテリアルでイトウにチャレンジしようと思います。

 う~ん。カシミアゴートヘアとうまいことコラボして、究極のユラユラフライを巻いてみよ…。

 

|

« Okhotsk early spring style | トップページ | 今夜も奏でるキチガイの詩 »

コメント

こんばんは、クレージーさん
早速シープを使ってタイイングされたんですね。
早っ、先越されました!(笑)
ところでゴールドのボディは何を使用して巻かれているんでしょうか?
M氏が見せてくれた1インチのチューブフライは、ボディがブルー、ピンク、グリーン他いろんなカラーがあったのを覚えていますか。

投稿: H爺 | 2008年4月 8日 (火) 22時56分

H爺さん
 こんばんは。記になるマテリアルを入手したらいてもたってもいられません。もう巻きたくて巻きたくて…。毛針キチガイの悲しい性ですね。
 ゴールドのボディーは、ラガータンのフレンチフラットブレードです。扁平なマイラーチューブみたいな感じです。たとえがあまりよくないか…。色んな色がありますよ。この手のフラットブレードは色んな会社から販売されていて、気になる色があったらすかさず購入しています…あ~これも悲しいキチガイの性…。
 とにかくストリーマーやチューブフライのボディーにはうってつけのマテリアルです。
 たぶんM氏もこれ使ってるんじゃないかと勝手に憶測してます。

投稿: 管理者 | 2008年4月 9日 (水) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191232/40818432

この記事へのトラックバック一覧です: アイスランディックシープ:

« Okhotsk early spring style | トップページ | 今夜も奏でるキチガイの詩 »