« でっかいフライと小さいフライ | トップページ | レオン狂の詩 »

2008年6月 3日 (火)

イトウ巡礼

 気分転換とリフレッシュを図るべく、今年第一回目のイトウ巡礼…。
 いつもは、釣るぞ釣るぞ全開ですが…のんびり川辺で過ごしてこようと、穏やかな気持ちで出発。

P1030311 今回のフライはこれ。20ミリのウォディントンシャンクに巻いたイントルーダスタイルのフライ。テールは、先日のフライフィッシングフェスタでドリーバーデンさんから入手したポーラーベア各色。もう最高ですこのポーラー。透明感といい、染色具合といい申し分ありません!

 のんびり車を運転して川へ。いつもの場所で、Kさんと合流。阿寒のフェスタ以来の再会。お互いの健闘を祈りながら川へ。

 心身ともにリフレッシュをはかろ…今日は何となく気持ちも穏やか。

 早朝は寒く、6月とは思えない…。おまけに河口が砂でふさがっているらしく水が動いていない…

 あ~あ、厳しい…。

 それでも、のんびりと久しぶりにオーバーヘッドキャストでシューティングヘッドを飛ばすと爽快感が広がります。

この日のタックルは

ロッド:G・Loomis GLX#10/11

シューティングヘッド:タイプⅡ、タイプⅢ

リーダー:シンキングリーダー(ファストシンク スーパーファストシンク)

フローティングのランニングラインとシンキングヘッドの間に40㎝のインターミディエイトをいれて水面を切るようにしました。

 早朝はアタリもなく、今日もだめか~って感じでした…。寒さが身にしみてきた頃に休憩…今日は気の合うKさんがいてくれるので、あたたかい飲み物とカップ麺で暖をとりました。二人でなんやかんやと話していると、周りで釣っていたフライフィッシャー2名も休憩の輪に合流。

 

 Kさんはいつもにこやかに、通り過ぎる釣り人に「コーヒーでもどお」って誘ってくれます。予期せず川辺での4人で釣り談義。こんなのがほんとに楽しいですよね。ついさっきまでまったく見ず知らずの人だったのに、フライフィッシングという同じ趣味を持っているだけで直ぐに仲良くなれる。やっぱりフライをやっていてよかった!

 その中のお一人は立て続けに2本釣ったとのこと。俄然やる気がみなぎってきます。

 一人で行っていたら、この段階できっとやめて帰宅していたと思います。Kさんをはじめ3人の皆さんほんとに楽しい一時をありがとうございました。心が和みました。

 休憩後、満潮時間帯がチャンスとにらみ釣りを再開。ボイルもないのでべた底かと思いタイプⅢのヘッドにスーパーファストシンクのシンキングリーダーに変える。かけあがりになっているあたりをダンベルアイのトゲウオ君でさらに深みへ…ま~ったく何もなし…。

 

 ここで考えをちょいと変更。沈めてダメなら、ちょい浮かせてみるか…。ヘッドはタイプⅢのままでリーダーを自作のノッテッドリーダーに変更して、フライをふわふわさせてみよ…。フライは、オリーブのイントルーダスタイルフライ。

 テールはポーラーベアの上にカシミアゴートをのせています。ハリのあるポーラーベアのようなマテリアルをテールにすると水中でフライを水平に保つことができます。ポーラーの輝きとカシミアゴートのゆらめき…獣毛最強タッグ。このポーラーはチャートリュースにタイドされものです。写真が下手なんではっきりしてませんが、きれいな色です。

 ウィングはアイスランディックシープ。このヘアもいいなぁ。適度にハリがある上に、固すぎない。水にはいるとシャープになるんだけど、それとなくボリューム感も、かもしだし、そしてよく動く。

P1030324 そうだそうだ最近ノッテッドリーダーにはまってます。マキシマのキットを買って、あ~でもない、こ~でもないいいながら、リーダー作ってます。私の場合、市販のノットレスリーダーをそのまま使ったためしがないんです。その時のフィーリングでバットとティップを切って使うので、そんなら自分の好きなように作っちゃえって思って最近は好みのターンオーバーになるようにリーダー作りもしています。こっちの方はまた後日アップしますね。

 そうだそうだ、釣りのほうですね。このシステムに変更してなんと一投目にドバ~ンって来ました。2年ぶりのイトウ。ずしっとした重さを感じます。サイコ~なんて思っていても、やりとりは必死…。何としても顔を見たい…ばらしたくない…丁寧に丁寧に…。

 トルクのあるファイトを十分楽しみながら、余計なラインをリールに収納。あとはじっくりじっくり…。リールでのやりとりになればこちらペース。無事ランディング。ピカピカのメタボなイトウ。

P1030312 やりました~。Kさんに写真をとってもらいリリース。

 

P1030317

 2年ぶりのイトウ…ほんとにもう永遠に釣れないと思ってたくらい…。うれしいうれしい一匹でした。

 

 こんなに心に響く一匹を手にしたのは初めてかもしれません。

 体調を崩して、身も心も沈み気味…でも、魚や自然が少しずつ自分らしさを取り戻させてくれているそんな気がしています。そして、またあたらしい釣り人の輪ができました。ほんとに人生のかけがえのない宝物です。3名のみなさんありがとうございました。この一匹に出会えたのもみなさんのおかげだと思っています。

P1030319 イトウをリリースした後、見上げた空が優しかった…。

 釣りの神さんがほほえんでいたように思います。

|

« でっかいフライと小さいフライ | トップページ | レオン狂の詩 »

コメント

こんばんわ。
イトウ・・・おめでとうございます。
ピカピカで綺麗な魚体ですね。

僕もいつかはイトウを釣ってみたいです。

投稿: mattu | 2008年6月 3日 (火) 23時06分

念願のイトウ、おめでとうございます。目先を色々変えてみることは釣果につながることが多いですね。自分は分かっていながら、ずぼらなので中々出来ないです(=_=)

投稿: ヘボフライマン | 2008年6月 3日 (火) 23時11分

こんばんは 先日はKさんとの楽しい時をありがとうございました。 またいつの日か会える事を楽しみにしています。

投稿: どぼん | 2008年6月 3日 (火) 23時53分

念願が叶って良かったね。オ・メ・デ・ト・ウ!
未だチライを釣った余韻が残っているでしょうね。
メール頂いてから、10秒間仕事の手が止まってしまいましたよ。(笑)
目標を立てて信じていれば、必ず良いことがあります。
次回はメーター級のチライですね。

投稿: H爺 | 2008年6月 4日 (水) 07時03分

コンチワー。
オメデト~!良かったですね!
ボクはイトウ釣りは何年も行ってないな~。
でもこんな綺麗な魚を見ちゃうと
行きたくなりますね♪

投稿: ツララ | 2008年6月 4日 (水) 14時19分

おー、立派なイトウですね。実はイトウ釣ったことがないんです。オホーツクに住んでいる間に行けばよかったなんて、後のフェスティバルです(笑)
それにしても、通りすがりの釣り人に珈琲はいいですね。声かけられたら、ほんとに嬉しいな。

投稿: ウーリー | 2008年6月 4日 (水) 23時11分

mattuさん
 こんばんは。
 2年ぶりのイトウでした。60㎝くらいですが、久しぶりにイイ魚体でした。満足です。
 いつか一緒に行きましょう!

投稿: クレージーフライフィッシャー | 2008年6月 5日 (木) 22時36分

ヘボフライマンさん
 こんばんは。システムを変更するのって結構めんどくさいですよね…。でも、釣っている人はかなり頻繁にいろんなシステムに変えているようです。なんとか便利にシステムを変えられるように工夫してみます。
 目先を変えてやってみるといいこと起きますね!

投稿: 管理者 | 2008年6月 5日 (木) 22時44分

どぼんさん
 こんばんは。ほんとに楽しい一時をありがとうございました。みなさんのおかげでイトウに逢うことができました。
 やっぱりフライフィッシングはいいですね。釣り人の輪が広がる楽しみ!最高です!
 また川辺でコーヒー飲みましょ!今後ともよろしくお願いいたします。コメントもお待ちしております!

投稿: 管理者 | 2008年6月 5日 (木) 22時46分

H爺さん
 こんばんは。お仕事の邪魔をしてしまい、申し訳ありません…以後気をつけます。
 久しぶりの手応えでした。ず~んというトルクあるファイト。イトウらしさを味わってきました。
 今年もイトウ巡礼のスターです!

投稿: 管理者 | 2008年6月 5日 (木) 22時49分

ツララさん
 こんばんは。
 一緒に行きましょう!ピカピカのイトウに逢いに!
 これを釣っちゃうとやめられなくなりますね。

投稿: 管理者 | 2008年6月 5日 (木) 22時51分

ウーリーさん
 こんばんは。通りすがりの人達が輪になって釣り談義…フライフィッシングの楽しみの1つですね。
 こうやって知らない間にいろんなところに知り合いが増えていきますね。
 たまにはオホーツクへ来てください。コーヒー飲みましょ!

投稿: 管理者 | 2008年6月 5日 (木) 22時54分

こんばんは。
20年以上前、7年ほど浜頓別に住んでおりました。
今ほど河川改修が進んでいなかったのですが、満潮の水に乗ってイトウが古川に差し込んで来るのを待ち構えて、グレーゴーストをスイングさせてたことを思い出しておりました。
昨今のブログ等のレポートを読む限り、イトウのサイズはどんどん大きくなっているような気がします。
これも、保護が徹底されてきた証拠なんでしょうね。
久しぶりに遠征したくなってきました。
今度、連れて行ってください。

投稿: Heron | 2008年6月 5日 (木) 23時10分

Heronさん
 こんにちは。トラディショナルなフライでイトウ釣りいいですね!ニューイングラインドスタイル大好き人間です!
 イトウ釣りをする人達はいつまでもイトウに逢いたいからきちんとしたマナーをもって釣ってるんだと思います。
 機会があれば一緒にいきましょう!

投稿: 管理者 | 2008年6月 7日 (土) 14時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191232/41404758

この記事へのトラックバック一覧です: イトウ巡礼:

« でっかいフライと小さいフライ | トップページ | レオン狂の詩 »