« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月28日 (水)

拝啓、釣りキチの皆様

 きがつけば、アクセス数が10万人を超えていました。いつもこのブログに訪れてくれているみなさんに感謝いたします。

 戯れ言ばかりの記事ばかり…、羽根キチガイのバカ話…基本線がクレージーの体をなしているブログにお付き合いいただき嬉しい限りです。

 いつも書いていますが釣り人同士の輪が広がるってやっぱりいいと思うんです。一緒に釣りに行ったり、食事しながら話をしたり、釣り人との時間は、実にゆっくりとそして穏やかに、楽しく過ぎていきます。こんな感覚を感じることができるのも釣り人の特権なのかなと思います。

200901241534000 10万人アクセス記念に何を書こうか…。そうだ先日、見に行ったあの魚しかない!あくまで見に行ったですよ。釣ったわけじゃないです(笑)

 夢の魚の標本。鉄頭鱒です。でっかいですよ。81㎝、7.5㎏。

 この魚は海の漁師さんの網にかかったようです。こいつが海に泳いでいるということは、間違いなく川にだって遡上していると思います。

 
 いるんですよ鉄頭…かなり確率は低いと思いますが、夢が現実味を帯びてきたような気がします。

 しかし、すごい迫力でした。尾びれなんか私の手と同じくらいありましたから。こいつがかかったらとんでもないファイトになるんでしょうね…。考えるだけでゾクゾクします!

P1060408  夢と希望を込めて巻いたフライ。

 鉄頭に、いい魚に逢わせてください。

 祈り、願い、夢、希望、その他モロモロいろんな想いを込めて…。

 今後とも羽根バカブログにお付き合いよろしくお願いいたします。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

釣友と…

 冷え込んだ週末、遠方より釣友が我が家に遊びに来てくれたのです。

 釣友といっても、まだ一度も一緒に釣りをしたことはないのですが、いつもお世話になっているショップの店長さんです。釣りへの考え方や接し方に共感を覚えてしまい、いつもお店に行くと釣り談義に花が咲いてしまい、仕事の妨害をしている私です。
 

 食事をしながら釣り談義。

 フライフィッシングとはなにか…。何だか難しいテツガクのような話で盛り上がりました。「精神の一部であり、もはや人生そのものである。」私たちがだした結論です。

P1060403  「フライフィッシング教書」を何度も読み返したというお互いの一致した経験から、田渕義雄さんの話にも花が咲きました。そういばカーティスクリークという言葉をはじめて知ったのもこの本からだったなぁ…と懐かしく思いだしたり、忠類川で故西山徹さんとお会いしたときの話など、ちょっとノスタルジックな話ができる喜びを感じていたわけです。

 釣友はイワナが大好きで、全国各地の源流へバックパックをかついでイワナに逢いに行くという強者です。日本全国の色んなイワナの話を聞けました。

P1060397 羽根バカとして、ちょいとタイイングしてフライをプレゼント。
 よこからタイイングを見てもらっていたのですが、やっぱり緊張するものですね…。

 いつもの「徒然なるままに」の気分とは少し気分が違うのです。

 私のお得意のナンバーワンとシルバーマーチブラウン風ウェットをプレゼント。

 お役立って欲しいと願いを込めました。

 今年は絶対一緒にどこかの川で、釣りをしましょうと約束。
 イワナが好きな釣友…秋の道東がいいかな…まずは6月あたりに一回近場の川へ…。また楽しみが増えました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

レオンといっしょ

P1060380  ピンクのレオンをなでなで。

 レオンをさわっていると幸せを感じ、そしてタイイングしたくなるのですね。

P1060370  ピンク全開で巻いてみる。

 水に入るともう少し流線型になりました。

 アムハーストのテールをちょっとのせるこんなフライが最近のマイブームかな。

P1060381 こんなフライを巻いていると、レオンのヘンウィングが気になりだして…。

 TMC200Rにウェットを巻いてみる。
P1060378  なんか気分はローウォータースタイルに…。

 いつものように徒然なるままにタイイング。

P1060384  最後にはこんなフライ。

 気のおもむくままに、フックにマテリアルを…。

 テール、ウィング、ハックル、みんなぜ~んぶ、レオンで。

 レオンと過ごす冬の夜。なぜか心が熱くなるのは、やっぱりキチガイなんでしょうね(笑)

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ついに…

P1060364  ついに偏向レンズを購入。

 今まで裸眼でも魚が見えてカワセミの目とか、単なる釣りバカの目とか言われていた私の目にもついに偏向レンズを装着するときがきました。

 春のシーズンからデビューさせようと思います。

 購入のいきさつは、初冬の角度の低い太陽光線の中、一日釣りをしていたら、目が痛くてしょぼしょぼしてしまったことにあります…。

 さてさて、今回購入したのは、サイトマスターウルティモ。カラーはダークブラウン。
 実際、装着してみるとまるで装着していないような見え方。う~ん、なんか良さそうなのですね。

 どれくらい見えるのか、風呂場で実験してみようかな…。でも春までのお楽しみにしておこ…。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

ヨシガモ

P1060357  ヨシガモのネックフェザー。

 ヨシガモのコンプリートから取り出した一部分。

 波紋のような、輪っかのような黒と白の模様が綺麗なんです。

P1060362  一枚取り出すとこんな感じ。

 黒と白ってアピール度が高いカラーリングだと思うんです。

 カモのフェザーは黒と白のコントラストがはっきりしていていいマテリアルですね。

 ヨシカモは波紋状の模様で他のカモとはちょっと違った雰囲気。
P1060352

 このフェザーをウィングに使ったウェットフライ。

 シマシマがはっきりしたウィングになりました。

 水に入って、アピールしてくださいよ~。

 ストークを残してテントのようなウィングにしたのでプロポーションを崩さず泳いで欲しいのです。

 しばらく、カモフェザーウィングのウェットを巻こうかなと思っておりますが…気まぐれなのでどこまで続くやら…。

 カモのコンプリートを引っ張り出してアレコレ画策中です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

ブラックフランコリンの姫君

 何と今年の初タイイング!
 初タイイングは、一番信頼を置いているフライ「ナンバーワン」をちょいとアレンジして巻きました。

P1060343  スロートハックルに、いつもはマラードフランクを使っているんですが、今回は、ブラックフランコリン姫君のボディーフェザーを使いました。

P1060338  左がオス。右がメスです。

 メスのフェザーも柔らかくてイイ感じ。

 パートリッジに似ていなくもないですが、ちょいとシマシマがはっきりしたフェザーです。

P1060336  こんな感じのシマシマです。

 あわ~い感じのシマシマ。

 ハックリングすると、虫の足のような模様になりました。

柔らかめのファイバーでユラユラ揺れてくれそう。

 ブラックフランコリンはオスもメスも使えるところばかり。

 個性があふれる羽根って感じがします。オスははっきりしたシマシマ、メスはあわ~いシマシマ。

 シマシマを上手く使うと、効果的なフライになるような気がします。シマシマとダンダラが大好きな羽根バカの戯れ言でした。

P1060347  釣れますように…。

 マレーシアで買ってきた、魚のおもちゃ。マグネット式でしっぽが風にゆられてユラユラするんです。

 タイイングデスクの電気の傘にくっつけました。いつも私もみているメンコイヤツらです。

 タイイングデスクがまたにぎやかになってきました。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

ペナンの風に吹かれて

 雪の大地から、常夏のマレーシア、ペナン島へ行って来ました。妻と初めての海外へ。

 ここはせっかく行くのだからカジキでもねらっちゃおうかとも思いましたが、ブルーマーリンはシーズンが終わっているらしい…。それでは白い砂浜からコバルトブルーの海へキャスト~とも思いましたが、今回は友人に会うことと、心のリラクゼーションを第一目的としました。

Photo  飛行機の窓からは、蛇行した川が…。う~む、イトウがいそう…などと思うのですが、いるわけないのです。だってここは南国。きっとでっかいナマズか何かが…スペイキャストででシンキングラインをボトムまで送り込んで…いかんいかん。今回は釣りが目的じゃないのです。

 心のリラクゼーションなんですよ目的は。

 ペナンに着くと、ねっとりとした熱帯の空気がお出迎え。

Photo_2  ヤシの木陰から、強烈な太陽と抜けるような青い空。

 徹底的に夏なのですね。

 こんな空気の中、いろいろな国の方々がいる。でも、み~んな笑顔が絶えない。穏やかで、和やかで、時間がゆっくり過ぎていきます。

 英語もよくわからない私。それにマレー語やらなにやら…いろんな言語が飛び交う…。単語を並べただけの英語でなんとか通じる言葉。人と人だもの面と向かえば言葉を超えた所で通じ合えるんだな。そう思いました。

 他の文化に触れるということはとても刺激的。観るモノ、食べるモノ、さわるモノ、どれもこれもが驚きの連続。
 自分の感性バロメーターがリミットを超えていることを感じる日々。

 ほんとにどこに行ってもこの国の、この島の人々はニコニコ。お互い我慢している部分もあるんだろうけれど、互いが互いを認め合って、絶妙なバランスで成り立っているように感じました。

 人としてなくてはならない豊かな心がこの島にはあるように感じましたね。これが楽園と呼ばれる所以なのかな…なんて一人考える。

Photo_3  夜は屋台で食事。
 その国の文化に触れるには食べ物が一番かな。

 食べ物はひたすらに美味い!スパイスが利いていて、食べ過ぎてしまうくらい!

 Photo_4

 友人に連れていってもらった、海鮮屋台。

 エビ、ホタテ、カニ、焼きそば、美味かったです。何を食べても。

Photo_6 たくさんの蝶々に逢ってきました。極彩色の蝶ばかり。きれいでした。ため息が出るほど…フライの配色の参考になりそうです。
Photo_5

ペナン島では友人夫妻に大変お世話になりました。

 車であちこち連れて行ってもらいました。心から感謝します。

 たくさんの人達とであった旅でした。 
 いろいろな国の人の笑顔とふれ合った旅でした。
 心癒される旅でした。

 みんながニコニコしていられたらこれが一番。

 「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」「おやすみ」そして「ありがとう」

 この5つの言葉が通じるだけで幸せになれる、そう思いました。心のジグソーパズルがまた組み直されてきたようなそんな気分になれた旅でした。
Photo_7   

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

羽根キチガイにおける紅白歌合戦私的考察

 あけましておめでとうございます。
 皆様、よいお正月をお過ごしでしょうか?正月からかなり雪降りましたね…。除雪が…。

 今年も年明け恒例(?)、「羽根キチガイにおける紅白歌合戦私的考察」を行いたいと思います。ちなみに昨年度2008は「羽根集めキチガイにおける地上デジタル放送鮮明画像の私的考察」として掲載しましたが、今年は地デジはもはや当たり前のようになったきたようですので鮮明画像は当たり前のようですね。しかし、まだ我が家は地デジは映らないのでありますよ…。

 ということで、今年も実家での年越しとなり、地デジ放送で紅白を観たわけですね。毎年のことながら、あの歌手がよかった、司会がどうこうという考察ではありませんのであしからず。ただ羽根キチガイが羽根キチガイの観点から紅白の考察を行うだけであります。いつもの戯れ言であることには変わりありませんので、お暇でしたらお付き合い下さい。

 さて、今年も歌手(←今はアーティストというのかな…)の衣装をみると様々な羽根に彩られていましたね。

 まずは、美川憲一さんはサンバ調の音楽でありまして、バックダンサーの背中には様々な色にタイドされたオーストリッチが大量に…これはなかなかショップでは見たことがない色がありましたねぇ…。
 「一本でいいからそれ下さい!」心からそう思ったわけですね。

 次、ひととようさん(←漢字がまったくわからん…)。頭にスカラッペンらしき白の羽根がたくさん…う~む、白のスカラッペンでスペイフライも面白いかも…イブニングに力を発揮してくれるのではと一人思いをはせるのですね。

 最後、中島みかさん(←こちらも漢字がわからんのです…)。これは究極でしたよ!皆さん気づいてましたか?ヘアバンドっていうのかな?髪をきちんとまとめておくグッズにキングフィッシャーのコンプリートが2つくっついていました。
 正直「お~」って思いましたね!また照明の光の加減でイイ感じに青光りしているでありませんか!一瞬、ブルーチャテラーかと思いましたが、おそらくキングフィッシャーであろうと結論を出した次第です。

 今思い返せば、ブルーチャテラーのような気もする…いや、やっぱりキングフィッシャー…?
 みなさんどう思います?ってこんなところに目がいく人はあまりいませんね…。

 羽根キチガイとしての紅白観戦私的考察。地デジ放送によってより鮮明画像が見られることによって衣装の羽根が判別できるようになりましたね。

 こんな見方も、なかなか面白い!のは私だけか…。

 う~ん。サンバの衣装ってどこで扱ってるんだろ…背中の飾りキジの羽根も結構入ってるんだよな…。安く大量に買えそうな気もするが、どうなんだろ…。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
 思い出に残る魚に出逢えることをお祈り申し上げます。
 今年もよろしくお願いいたします。

                             2009 元旦

P1030593  本年も、「クレージーフライフィッシャー の雑記帳」をよろしくお願いいたします。

 いつもながらに戯れ言ばかりのブログですが、お時間ある時にでも、立ち寄って頂ければ嬉しいです。

 2009年はどんな魚に逢えるかな…楽しみです!


 みなさんと釣りに行ける日を楽しみにしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »