« レオンといっしょ | トップページ | 拝啓、釣りキチの皆様 »

2009年1月25日 (日)

釣友と…

 冷え込んだ週末、遠方より釣友が我が家に遊びに来てくれたのです。

 釣友といっても、まだ一度も一緒に釣りをしたことはないのですが、いつもお世話になっているショップの店長さんです。釣りへの考え方や接し方に共感を覚えてしまい、いつもお店に行くと釣り談義に花が咲いてしまい、仕事の妨害をしている私です。
 

 食事をしながら釣り談義。

 フライフィッシングとはなにか…。何だか難しいテツガクのような話で盛り上がりました。「精神の一部であり、もはや人生そのものである。」私たちがだした結論です。

P1060403  「フライフィッシング教書」を何度も読み返したというお互いの一致した経験から、田渕義雄さんの話にも花が咲きました。そういばカーティスクリークという言葉をはじめて知ったのもこの本からだったなぁ…と懐かしく思いだしたり、忠類川で故西山徹さんとお会いしたときの話など、ちょっとノスタルジックな話ができる喜びを感じていたわけです。

 釣友はイワナが大好きで、全国各地の源流へバックパックをかついでイワナに逢いに行くという強者です。日本全国の色んなイワナの話を聞けました。

P1060397 羽根バカとして、ちょいとタイイングしてフライをプレゼント。
 よこからタイイングを見てもらっていたのですが、やっぱり緊張するものですね…。

 いつもの「徒然なるままに」の気分とは少し気分が違うのです。

 私のお得意のナンバーワンとシルバーマーチブラウン風ウェットをプレゼント。

 お役立って欲しいと願いを込めました。

 今年は絶対一緒にどこかの川で、釣りをしましょうと約束。
 イワナが好きな釣友…秋の道東がいいかな…まずは6月あたりに一回近場の川へ…。また楽しみが増えました。

|

« レオンといっしょ | トップページ | 拝啓、釣りキチの皆様 »

コメント

釣り友との会話は楽しいですよねー(^^)
私もこの間時間を忘れ友と語らっていました!!

投稿: aki | 2009年1月25日 (日) 18時06分

こんばんは
フライも源流、渓流、本流と人それぞれのスタイルがあって面白いね
フライを始めた頃の釣友は、時の経過と共に家庭や職場の事情でドロップアウト、寂しい限りです
たま~に会うと良くも悪くも昔の話に花が咲いちゃうけれどね(笑)
一期一会、そのような出会いを大切に感じる時代ですね

投稿: H爺 | 2009年1月26日 (月) 20時05分

akiさん
 こんばんは。
 釣友と過ごす時間はあっという間。でも、なんだかゆっくりとした、優しい時間になるんです。
 こんな時間を過ごすことができるということも釣り人の特権ですね。

投稿: 管理者 | 2009年1月26日 (月) 22時55分

H爺さん
 こんばんは。
 源流行の話はなかなか興味深かったですよ!それぞれのスタイルでそれぞれが釣りを楽しめば視野が開けてくるような感じがします。
 人と人の出会いはやっぱり大切にしたいです。それが釣り場の一期一会の出会いだとなおさらですね!

投稿: 管理者 | 2009年1月26日 (月) 22時58分

オウチに釣り友がいらっしゃるなんて、いいですねぇ。
マテリアルやフライを囲んで、話が弾むんでしょう。
今後、オホーツクの方に行く事があったら、
寄らせていただいていいですか?
フライください(笑)

投稿: ウーリー | 2009年1月27日 (火) 18時58分

初めまして、いつも読み逃げで初めてコメントさせていただくkuniと申します。

いつもの素晴らしいフライに対してコメントせずに、ついフライフィッシング教書に反応してしまいました。
ボクも、この本は擦り切れるほど熟読し、知り合いの若い子にあげちゃった上に、最近また買い直したくらい好きな本です。
想像を膨らませてくれる本ですよね。

これからも芸術品並みのフライの数々、楽しみにしています。

投稿: kuni | 2009年1月27日 (火) 20時31分

お二人の背中の写っている写真から「フライフィッシング」を楽しんでいるのが感じ取れます・・・
デスクも「要塞」というか「クレージー城」というか(笑)

投稿: 西洋毛鉤 | 2009年1月27日 (火) 23時24分

ウーリーさん
 こんばんは。
 フライフィッシング好き同士、話が尽きることはありませ~ん!(笑)
 こちらにお越しの際はぜひぜひお立ち寄り下さい!そして釣ったり、巻いたり、話したりしたいです!

投稿: 管理者 | 2009年1月28日 (水) 20時55分

kuniさん
 こんばんは。はじめまして。
 コメントありがとうございます。「フライフィッシング教書」はバイブルみたいな本ですね。釣りのテクニックはもとより、精神や考え方まで書かれている本はなかなかありませんね。何度読んでも心トキメク本です!
 きっと次の世代に引き継いでいくべき本なのだと思います。
 芸術品までとはいきませんよ、私のフライ…。まだまだ修行が足りません。でも、タイイングするのが大好きで楽しいんです。根っからの羽根好きです(笑)
 今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: 管理者 | 2009年1月28日 (水) 20時59分

西洋毛鉤さん
 こんばんは。
 フライフィッシャー同士話は尽きませんでした(笑)。
 私のデスクはただ汚いだけです…。ただ、どこに何があるかは解っているつもりです…。(←たまに真剣に何かをさがすことはありますが…)

投稿: 管理者 | 2009年1月28日 (水) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191232/43851839

この記事へのトラックバック一覧です: 釣友と…:

« レオンといっしょ | トップページ | 拝啓、釣りキチの皆様 »