« 夢の魚が現れて | トップページ | タイイングデー »

2009年2月 5日 (木)

共感…

 FlyFisher3月号のDVD。「Runnig down the man」毎晩のように観てるかも…。とても刺激的で、なんとも言えない共感を覚えました。

 

 ルースターフィッシュとやら、とさかみたいな背びれをもった、シマシマの巨大な魚をサーフから釣る。しかも、魚影を追って全力疾走でサーフを走り回る…息も絶え絶えにキャストして、喰うかどうか解らない気まぐれの魚に一喜一憂。

 

 その場にへたり込んだり、ロッドをほっぽり出したり…。う~ん、笑ってしまった。これだよな!この雰囲気だよ。最高なんだよ。

 クレージーナイスガイたちのサーフ全開全力疾走、息絶え絶え、悶絶、悪態、釣れたときのハイタッチと抱擁、その気持ちわかるよ、うんうん。こんな釣りに心打ちのめされたました!完全に!

 世界中には超がつくバカモノたちがた~くさんいるんだなぁって嬉しくなっちゃって、これに共感しちゃんうんだから自分もやっぱり超がつくバカモノなんだろうな。

 世界中の釣りバカたちが、自分のなりにバカになって、バカな釣りをすればいい、それって最高じゃない!こんな楽しいことはない。

 今年のカラフトはこのスタイルでいってみようかな!ウェーダーもはかずに、速乾性のパンツでカラフトの群れを追って走り回るの!

 ってそれってまわりの方に迷惑か…それよか、カラフトは待ってれば群れが回ってくるしな…。でも、あんな釣りをしたいな~。べちゃべちゃに濡れたって気分は爽快ですよ、きっと!!!

 心静かに釣るスタイル。「Study be to quiet」の世界。これもまたいいんだ!こんな釣りを目指しているのですよ私は。でも対局にあるようなこのDVDの釣り。でも、フライフィッシングが好きなことに変わりはないんですよね。

 み~んなで、その時々好きな釣りを、好きな考え方で、楽しめればそれが最高ないんじゃないかと思ったのです。

|

« 夢の魚が現れて | トップページ | タイイングデー »

コメント

あれは最高でしたねぇ。大の大人が、ばかばかしいくらい本気で取り組んでいる姿がなんとも微笑ましいというか、うらやましいというか。また、あのビデオ(DVD)編集がいいんですよね。

投稿: ウーリー | 2009年2月 5日 (木) 21時26分

ウーリーさん
 こんばんは。
 いやいや何度も見返してしまいますよあのDVD。本編が欲しくなってきたのでいろいろ検索中です。
 編集がやっぱりいいですよね。大人が真剣に遊ぶとホントに楽しくなって、人に何かが伝わりますね。これが釣りのいいところですよね!

投稿: 管理者 | 2009年2月 5日 (木) 23時14分

こんばんは
フライフィッシング、歳は取れども何時までも子供のように楽しんでいけたらいいですね

投稿: H爺 | 2009年2月 6日 (金) 22時21分

こんばんわ。
そのDVD、僕も見ました。
正直あんなスタイルの釣りがあるなんてビックリしました!!!
あの釣りは、体力勝負ですよね。
でも、楽しいんだろうなぁ~

投稿: mattu | 2009年2月 7日 (土) 22時17分

H爺さん
 こんばんは。
 大人が真剣に遊ぶことってすごく大切なことだと思います。いくつなっても川に海に、湖に走り回りたいと思います。フライはやっぱりおもしろい!

投稿: 管理者 | 2009年2月 8日 (日) 00時16分

mattuさん
 こんばんは。
 ほんとにびっくりしましたよね。でも、ホントに楽しそうな雰囲気がたまらなくいいんですよ。何回みてもいいなぁ~って感じます。
 色んな釣りのスタイルがあって、みんなそれぞれが好きに楽しく釣りができればこんないいことないですね!

投稿: 管理者 | 2009年2月 8日 (日) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191232/43946106

この記事へのトラックバック一覧です: 共感…:

« 夢の魚が現れて | トップページ | タイイングデー »