« 久しぶりのタイイング…目玉模様のキジさんと | トップページ | ユーラシアビターン »

2009年2月28日 (土)

エド・ハース的鉄頭鱒フライ

 今日は、結構暖かい。陽ざしがすこしばかり優しくなってきましたねぇ。

 春の大河に向けて、タイイング。

 前からず~っと頭から離れない鉄頭…それから春の大河のアメマス…。どんなフライを巻こうか…春めいてきた陽ざしの中でぼけらっと考えていたわけですね。

 そうだそうだ、前から巻いてみたいと思っていたフライがあったんだ!と思い出し、引っ張り出したのは、「Fly Fisher '08.9月号」
 エド・ハースさんの特集で、鉄頭用ヘアウィングフライが掲載されています。しかも、ヘッドが小さくまとまるタイイング方法まで掲載されていて、これはいつかと思っていたわけです。

 それで、早速特集記事を読み直して、巻いてみたわけです。

P1060532 「Black Spook」
 大夫アレンジしてしまいました。ウィングはアイスランディックシープ、ハックルはカラス。

 エド・ハースさんのウィングのとりつけ方をやってみるとヘッドが小さくまとまります。フェザーウィングフライはヘッドが大きくなってしまうことがよくありますね。P1060534
「Black Prince」
 ウィングは、スクレイルテイル。
 黄色と黒のボディーが効きそうな雰囲気。

 オレンジのテールもワンポイントでいいかも。
P1060536 「Weitchpec Witch」
 エド・ハース曰わく「オレンジのボディーのフライにヒットが多い。ウィングの色は、黒系よりも白系のほうがいい。オレンジボディーにホワイトのウィングもいいけれど、ウィングをブラックにするとさらにいい。黒とオレンジは奇天烈な組み合わせだけどよく釣れる」

 そうなのだ、黒とオレンジなのだ!なんだか得たいのしれない「黒&オレンジ」の威力が、経験をともなった根拠となって釣れるコンビとして心にストンと落ちたのです。

 そしてそして、これらのフライはすごく丈夫。ウィングが抜けるようなことは絶対にない巻き方をしているのですね。ヘッドが小さくなって、ウィングが抜けない…いいことづくめのフライです。

 ハースさんにとって大切なフライの要素は3点だそうだ。
 ①魚が安定して釣れること
 ②自分にとって許せる美的センスを備えていること
 ③耐久性

 う~む、「なるほど」と力強くうなづくいてしまうのです。②は私にとっても大切な要素です。やっぱり、乏しい自分の美的センスですが、少しでも美しいと感じられるフライで魚を釣りたいのです。
 清流に流しても恥ずかしくないフライで、魚に失礼のないようなフライで勝負したい…自己満足の世界かもしれませんが…。

 今日は一日、ハーススタイルのフライにはまっておりました。

 明日は何巻こ…。

 羽根いじり楽しいのです…。

|

« 久しぶりのタイイング…目玉模様のキジさんと | トップページ | ユーラシアビターン »

コメント

こんばんは。
もっと言えば、その3つの要素はANDじゃなきゃ駄目ですね。
綺麗なだけじゃ駄目です。
だからと言って釣れれば良いと言う物でもありません。
趣味ですから、自分の世界でとことん拘りたいです。

お互いにクレージー街道まっしぐらで行きましょ!

投稿: Heron | 2009年3月 1日 (日) 00時33分

おはよう~!
ヘアーウィングのカテゴリーですね
即座にグリーンバッドが思い浮びます
自分もヘアーを何時も多めに付けちゃうのでヘッドが頭でっかちになっちゃいますよ~(汗)
フックサイズはそんなに大きくしていないんだね

投稿: H爺 | 2009年3月 1日 (日) 06時13分

僕も以前自身のblogで エド ハースのヘアーウィングのフライを真似た事ありますが あのヘアーウィングの取り付け方は 目からウロコですね 絶対 抜けない。

投稿: 飲ん兵衛タイヤー | 2009年3月 1日 (日) 09時16分

Heronさん
 こんにちは。
 そうですね!3つの要素は全部ひっくるめたフライを巻くことが大切ですね。
 自分のこだわり貫いて、クレージー街道一直線ですね!共に歩んでくれる方がいてくれて嬉しいです!

投稿: 管理者 | 2009年3月 1日 (日) 12時02分

H爺さん
 こんにちは。
 グリーンバックスカンクは鉄頭に効果絶大だと聞いています。フライボックスに入れておかなければ…。
 ヘアウィングフライのヘッド小さくまとまるとカッコイイですよね。もう少しヘッドセメントでつるつるしようかなと思います。
 これらのフライ、ダイイチの2421#8です。小さめですね。

投稿: 管理者 | 2009年3月 1日 (日) 12時06分

飲ん兵衛タイヤーさん
 こんにちは。
 エド・ハースのウィング取り付けは方法は素晴らしいですね。絶対抜けない、そしてヘッドが小さくまとまる。言うことなしです!

投稿: 管理者 | 2009年3月 1日 (日) 12時07分

偶然ですが「つい先日」その記事マジマジとみていました!ヘアーウイングにあそこまでこだわると「逆に気持ちいい」です!徹底したテクだけではなく「違う何か」を感じました!

投稿: 西洋毛鉤 | 2009年3月 1日 (日) 13時45分

西洋毛鉤さん
 こんばんは。
 私も何度も読み返してしまいました。フライに保険をつけたというこだわりには感服です。
 ものすごくシンプルなフライですが、シンプルイズベストがあてはまるのかもしれません。オレンジのボディーに黒のヘアのウィングのみ…そんなフライがよく釣れると書いてありました。
 釣り人のこだわりが凝縮されたフライで魚をかける、これ最高ですね!

投稿: 管理者 | 2009年3月 1日 (日) 19時00分

要素②は、同感です。^^
ですよね!やっぱり、綺麗な毛鉤で釣りたいですよね。
よ~し、もう1本グリーンハイランダー巻こうっと。

投稿: kuni | 2009年3月 1日 (日) 20時31分

こんばんわ。
僕も、その記事読みました。
読んだだけで、実際には巻いていないのですが
「スレッドだけで巻き留めるんじゃなく、挟んで留める」は思いもし無かったです。

投稿: mattu | 2009年3月 1日 (日) 21時28分

kuniさん
 こんばんは。
 ②の美的センス…これが一番の問題です私…。なかなかイメージがあっても形になりません…。
 自分が満足できるフライで、満足できる魚を釣りたいです。
 グリーンハイランダーのアップ楽しみにしております。

投稿: 管理者 | 2009年3月 3日 (火) 22時01分

mattuさん
 こんばんは。
 そうなんですよね~。「はさむ」っていうのがポイントですねよね。目からウロコが数枚こぼれ落ちました。
 こういう工夫が受け継がれる、これがまたフライの面白いところですね!

投稿: 管理者 | 2009年3月 3日 (火) 22時07分

きれいで小さなヘッドですね。
ヘッドが小さいフライは八頭身美人のようで、
カッコイイし、釣れそうです。
私のフライは二頭身のドラエモンです(笑)

投稿: ウーリー | 2009年3月 4日 (水) 20時10分

ウーリーさん
 こんばんは。
 なんとかウェットのヘッドは小さくまとめたいと思っています。なかなか言うこと聞かないマテリアルもありますが…。
 エド・ハースのタイイング方法は目からうろこです。小さなヘッドで巻くことができると思います。

投稿: 管理者 | 2009年3月 7日 (土) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191232/44204960

この記事へのトラックバック一覧です: エド・ハース的鉄頭鱒フライ:

« 久しぶりのタイイング…目玉模様のキジさんと | トップページ | ユーラシアビターン »