« エド・ハース的鉄頭鱒フライ | トップページ | 一緒に走ってくれる方大募集! »

2009年3月 8日 (日)

ユーラシアビターン

P1060521  念願のマテリアル、ユーラシアビターン。
 

 「Rare and Unusual Fly Tying Materials Vol.1」にも掲載されています。
P1060539  うすい茶色ベースに絶妙の黒のコントラスト。

 たまらないカラーリングなんですね。

 スキン全体が、様々な用途に使用できるフェザーてんこもり…。どこをどうやって使おうかワクワク、ドキドキの鳥さんなんです!
P1060523  ボディーとウィングです。

 タイイング意欲をかきたてられます。

 もうね、何巻こう、何巻こうと半狂乱状態におちいっております。
P1060525_2  ネックには、スペイハックルがわんさと生えています。

 スキン全体を眺めまわし、ナデナデすると半狂乱状態から狂乱、錯乱状態へ突入…。

 「と、と、とにかく、セ、セ、セカンダリーのペアを取り出して…」と震える手で、セカンダリーのペアをスキンから取りだしたのです。
P1060529  セカンダリーです。虎柄というかなんというか…。ピーコッククイルにも似ていますが、黒のコントラストが強く、赤みがかった茶色がいいんですね~。

 ファイバーの結束も強く、あつかいやすいです。

 まずは、このセカンダリーを使ってタイイング。

「Rare and Unusual Fly Tying Materials Vol.1」ユーラシアビターンのページに掲載されていたフライを参考に巻いてみました。

P1060543  ダイイチ2050#7のスペイフックに、スペイ風にウェットを巻いてみました。

 ボディーハックルはコックフェザントのランプフェザー。

 スロートにはアーガスの姫君のボディーフェザーを使ってみました。

 完全に自己満足の一本。


 ただただ、ユーラシアビターンを使いたかったわけです。

 春の大河、こんなフライで釣れたら、最高なんじゃないかなぁ…。ひとりアヤシク半狂乱状態で春の大河での釣りを夢見る羽根キチガイ…。

 あ~楽しいですね、羽根いじり。

 そうこうしているうちに、大河の釣りが始まりますね。この時期の胸の高鳴り…う~ん、シーズン初めのこの気持ち。いいものですね!

|

« エド・ハース的鉄頭鱒フライ | トップページ | 一緒に走ってくれる方大募集! »

コメント

ただただ 羨ましいかぎりです ごちそうさまです

投稿: 飲ん兵衛タイヤー | 2009年3月 8日 (日) 20時16分

ネックフェザーはボディーハックルに丁度良さそう
♯7に巻き止められたウィングサイズから察して、クイル自体もそこそこ大きいようですね
今日は昼からショップで釣り談議
皆さん、釣りがしたくて目が血走っていました(笑)

投稿: H爺 | 2009年3月 8日 (日) 20時42分

そこそこ!ネック周りと人間でいう「うなじ」がたまんないんですよー!あっ、よだれでてきた(笑)

投稿: 西洋毛鉤 | 2009年3月 9日 (月) 19時45分

またまた新しい鳥ですね。
クレージーさんのブログは鳥類辞典の様相を
呈していますねぇ。
そのうち、ワシントン条約に引っかかるような
鳥も手に入れそう(笑)

投稿: ウーリー | 2009年3月 9日 (月) 23時28分

こんばんわ。
ユーラシアビターン、はじめてみました。
クレージーさんの家には、僕が見たことない鳥が
まだまだ、たくさんありそうですね。

投稿: mattu | 2009年3月 9日 (月) 23時44分

初めてコメントさせていただきます。

ドリーさんのところから経由して来ました。

かなりエキゾな『御鳥様の羽』を保有されていますね。

そして

それを惜しげもなくガンガン?使用していられるみたいで........

羨ましい~です。

これからもお邪魔させていただきますね。

投稿: Bifocalsheep | 2009年3月10日 (火) 15時57分

こんな鳥を手に入れた暁には、そりゃ半狂乱にもなりますよね。(笑)
背中あたりの羽根も、また堪りませんねぇ。
見ただけで、「巻きたい欲」を駆られます。
良いなぁ…これ。

投稿: kuni | 2009年3月10日 (火) 20時20分

飲ん兵衛タイヤーさん
 こんばんは。
 お互い羽根好きとして、たまらないマテリアルってありますよね。なんとかユーラシアビターンのいいところを引きだしたタイイングをしたいです。宝の持ち腐れにならないように修行します。

投稿: 管理者 | 2009年3月11日 (水) 21時43分

H爺さん
 こんばんは。
 そろそろ、みなさん禁断症状が現れる季節ですね。ちらほら釣果の便りが聞こえてくるとなおさらです。
 このクイルかなり大きめです。大きなフライにもバッチリです。これで鉄頭いきましょ!

投稿: 管理者 | 2009年3月11日 (水) 21時45分

西洋毛鉤さん
 こんばんは。
 「うなじ」のハックルいいですよ~。この鳥で一杯やれますよ~。羽根談義がしたくなってきましたよ~。

投稿: 管理者 | 2009年3月11日 (水) 21時47分

ウーリーさん
 こんばんは。
 羽根バカ鳥図鑑ですね…ホントに(笑)
 ワシントン条約には気をつけます。ひっかからないようにしなくちゃ。

投稿: 管理者 | 2009年3月11日 (水) 21時48分

mattuさん
 こんばんは。
 もう中毒ですね。ここまできたら…。いろんな羽根でいろんなフライを巻きたい、そして魚に逢いたいその一心です(笑)

投稿: 管理者 | 2009年3月11日 (水) 21時50分

Bifocalsheepさん
 こんばんは。はじめまして。コメントありがとうございます。
 羽根バカのブログにおつき合いいただきましてありがとうございます。
 持ってる羽根は使ってなんぼって気持ちでタイイングしています。でもどうしてもハサミを入れることができないクイルもありますが…。
 今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: 管理者 | 2009年3月11日 (水) 21時53分

kuniさん
 こんばんは。
 もうこの羽根見たら狂乱ですよ…。何とも言えないこの良さ…言葉では表せないんです。羽根キチの性として何かしらタイイング意欲をそそられる羽根ってやっぱりありますよね!

投稿: 管理者 | 2009年3月11日 (水) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191232/44281928

この記事へのトラックバック一覧です: ユーラシアビターン:

« エド・ハース的鉄頭鱒フライ | トップページ | 一緒に走ってくれる方大募集! »