« 雨の日のタイイング | トップページ | ビッグドライの誘惑 »

2009年6月18日 (木)

イトウ巡礼2009~6月の歓喜~

    イトウ巡礼をスタート。
 6月はイトウに逢える絶好の季節です。長雨と太陽が出ない6月…今日の天気予報は太陽が出るとのこと。
 期待に胸をふくらませ、まだ暗い道を北上。

 いつもそうだけど、行きは、でっかいイトウを抱いているロマンチストになっている自分がいます。しかし、帰り道は、「なぜ釣れなかったのか」とか、明日からの仕事を考えるリアリストになることが多いのですね(笑)

 さて今日の帰り道は…?

 いつものポイントに着くと、穏やかな天候。いつもイトウを守っている強風も今日はほとんど無風。しかも、イトウさんの刺激的な朝食の音とボイルリングが広がっているではないですか!
P1070789 いつも以上に期待がふくらみます。この流れのどこかにメーター超えるイトウがいるんです。それを考え、感じるだけでここに来る意義があるように思います。

 本日のタックルは、G・Loomisの17ft#11/12。我が最強のロッド。
 ブランクからくみ上げたカスタムロッド。イトウ用にオークションで格安購入したもの。
P1070787 このロッドにシューティングヘッドSTLタイプⅢをのっけてキャスト。
 ロッドのパワーが強く、ほんの数回のフォルスキャストでラインにパワーが伝わっていき力強いループが形成され、バッギョーンって感じでラインがぶっ飛んでいきます。

 しばし、ロッドのパワーを楽しみながら、川の流れにシューティングヘッドをかませて、早めのリトリーブを繰り返していました。

 数投後、突然衝撃が!流心からはずれた岸際、グング~ンって感じでロッドをひったくられました。

 ゴボン

 と魚体がひるがえりました。

 でっか!!!!!!!!!!!

 じわっとロッドを立ててフッキング。グングンと頭をふる感触。間違いないイトウです。パワー満点のロッドがなめらかに曲がります。その重さはかなりのもの。
 また、魚体がちらっと見えて、足が震えました…。でかい…。

 と、思ったその瞬間…ふっと何事もなかったかのように軽くなってしまいました。

 「あ~っ…ぬお~…やっちまったあ…ぐあ~」

 声にならない謎のうめき声を出して、天を仰ぎました…。

 「逃がした魚は大きい」と言うけれど、ホントにでかかった…。フッキングが甘かったのかな…堅い口にきちんとフッキングしなかったのかな…。

 う~む…くやしい…こりゃ帰りはまたリアリストか…な~んて思いましたが、気を取り直してキャストを再開。

 今日はいけるような気がする。なんかそんな雰囲気が漂っていました。バラしたイトウは忘れろ忘れろ…次々…と自分に言い聞かせながらキャスト&リトリーブ。

 それにしてもロッドの感度がよい。ごっついロッドだけど、小さなあたりが確実に伝わってきます。繊細な一面も持ち合わせたロッドです。小さなウグイにもきちんと反応…フライと同じくらいのウグイが数匹…。
 小さな魚が動いているということは、大きなイトウさんだってエサを追っているはず…岸際にはトゲウオの群れがいったり来たり。

 「岸際だな…ねらいは…」

 一人戦略をたて、岸際までリトリーブをしっかりしていると…

 下流にヘッドが流れきってロッドティップにヘッドが入るくらいのとき、また来ました!

  グ~ン!!!

 ねらい通り岸際。

  ロッドはしっかり曲がり、イトウのファイトをじんわりためてくれる。足下によってきたイトウを確認するとフックはしっかりかかっている。川にそっと入り、ネットイン!!

 イトウだ!一年ぶりのイトウだあ!!
P1070785 太い魚体。ピカピカ。
 コンディション抜群のイトウ。
 ねらい通りの戦略で釣れたからまた嬉しいのです。

 写真撮影も手短に、水の中で。もう一枚くらいと思った瞬間元気よく川に戻っていきました。

 イトウがくわえたフライはこちら。
P1070794  2匹ともこのフライにあたりました。

 レシピは、
シャンク:20㎜ウォディントンシャンク
テール:ヒグマヘアの上にスードゥーヘア
ボディー:シェニールオレンジとオリーブ
リブ:ゴールドオーバルティンセル
ハックル:リングネックフェザントタイドオリーブランプフェザー
フック:オーナーSSW#6

P1070793 この一匹で満たされた気分に!
 腹も減ったし朝食。
 定番メニューですが、川辺で食べると格別ですね。
 イトウに逢えたから、こんな写真をとる余裕も生まれるのですね(笑)。

 今日の釣りはこれで終了。十分楽しみました。イトウのファイトを堪能し、ロッドの性能も試すことができました。

 それから背中が痛くて…昨日の野球の試合でフルスイングしたとき左の脇腹を痛めました…フルスイングしてもなかなか飛ばないのが現実ですが…咳をすると痛いのです…座っていると痛みは感じないのですが…これが影響してきたのかな…。開高健大兄も背筋痛に悩まされていたようですが、これはけっこうきついです…。

 そんなこんなで今日はおしまい。でっかいイトウはまた今度。こんな悔しい思いがあるから何度もこの川にきちゃうんだろうな。また、戦略と、ない頭ひねってフライを巻いて挑戦です。

|

« 雨の日のタイイング | トップページ | ビッグドライの誘惑 »

コメント

こんばんは。
良いですね、イトウの顔なんてもう20年ぐらい見ていません。
そこの川の近所の町に住んでいた頃、当時は古川が本流と繋がっていて、満潮になると水の流れとともにイトウが古川に入ってくるんですよ。
今みたいにダブルハンドがポピュラーじゃなかったですから、シングルで岸際をちょんちょんとリトリーブしていました。そのほうが手返しが良かったのかもしれません。

昔話を始めると長くなっちゃうので、この辺で・・・。
いやー、それにしても懐かしいです。

投稿: Heron | 2009年6月18日 (木) 22時44分

おつかれさまっしたー!ついに待望の北の幻ですか!!
こちらも「無事」終わりました!御世話になりました!

投稿: 西洋毛鉤 | 2009年6月19日 (金) 00時38分

おめでとう~
遠く北の地に足を運んだ甲斐がありましたね
帰りの車中、ニコニコしたクレージーさんの顔が思い浮かびますよ(笑)

投稿: H爺 | 2009年6月19日 (金) 05時57分

おめでとうございます。
水にも流れがあって最高のタイミングだったみたいですね!!
私も次は釣りたいところです(^^)

投稿: aki | 2009年6月19日 (金) 06時56分

こんにちわ
イトウ巡礼、おめでとうございます
一度は釣って見たい魚ですw
未だ味わった事の無いイトウ‥w
ダブルハンドが上手くキャスト出来るようになったら行こうかなぁ~w北へ‥
羨ましい限りです。

投稿: kamishi320 | 2009年6月19日 (金) 14時08分

いやいや、良い釣りなさっていますね。^^
素晴らしい魚です、おめでとうございます。

投稿: kuni | 2009年6月19日 (金) 17時41分

こんばんは。おめでとうございます。掛かったときは
気持ち良かったでしょう。これからもイトウ釣り頑張って下さいね。最近、天候が悪いのでくれぐれも体調に
気をつけてください。先日、自分は屈斜路湖に行ったんですが、あまりの寒さに風邪ひきました^^;
ちなみに結果は、ヒメマス数匹とチビアメ釣れました。

投稿: ワカ946 | 2009年6月19日 (金) 18時14分

え~!!!
これが朝食ですか~!
カロリー過多で、野菜不足では・・・・。
せめて、そのまま食べることのできる、キャベツ、トマト、きゅうり、バナナ持を参下さ~い。

投稿: よう子 | 2009年6月20日 (土) 10時44分

こんにちは。
イトウおめでとうございます。
太くて良い感じですね。
やはり、イトウのファイトは最高でしょうね。

僕もいつかは、イトウを!と思っています。

投稿: mattu | 2009年6月21日 (日) 10時39分

クレイジーさん、イトウ、おめでとうございます。
イトウ巡礼の秘密兵器とはルーミスのロッドだったのですね。今度ご一緒したときにでも試投させてください。
十勝は今日も小雨が降っており、低温と増水が続いております。早く状況が良くならないだろうか。

投稿: N | 2009年6月21日 (日) 19時14分

Heronさん
 こんばんは。
 今度一緒に行きましょ~!。イトウ釣りは胸躍る釣りだと思います。この流れにメーターが…なんて考えるとワクワクしちゃいます。
 やっぱりイトウは岸際なんですね。手がえしよくキャストする方がイトウに逢える確率が上がるかもしれませんね。
 これからも岸際ねらいでいきます!

投稿: 管理者 | 2009年6月21日 (日) 21時44分

西洋毛鉤さん
 こんばんは。
 一年ぶりに来ました~。
 一匹目のバラシが逆に集中力を上げてくれたのかもしれません。
 また、行きま~す!!

投稿: 管理者 | 2009年6月21日 (日) 21時46分

H爺さん
 こんばんは。
 帰り道はリアリストにならずに済みました(笑)。
 ただ、一匹目がなぜバレたのかをず~っと考えていました。
 また、課題が残りました。1つずつ解決して、またイトウに逢いに行きます。

投稿: 管理者 | 2009年6月21日 (日) 21時47分

akiさん
 こんばんは。
 やっぱり流れがあるときの方が魚の活性がいいですね。そうなると潮まわりが気になってきます。やっぱり海の潮と密接に関わっていますね。あの場所は…。
 今度、ご一緒できたら嬉しいです!

投稿: 管理者 | 2009年6月21日 (日) 21時49分

kamishi320さん
 こんばんは。
 ぜひぜひこちらに来てください。
 なかなか釣れませんが、釣れたときのヨロコビは大きいですよ!!
 風に負けないようにダブルハンドがいいですよやっぱり。それから、でっかいイトウがかかってもいいように…。

投稿: 管理者 | 2009年6月21日 (日) 21時51分

kuniさん
 こんばんは。
 ありがとうございます。なんとか今シーズン初のイトウに逢えました。
 これから、巡礼が続きます(笑)

投稿: 管理者 | 2009年6月21日 (日) 21時52分

ワカ946さん
 こんばんは。
 イトウがかかったときはやっぱり最高です。このままファイトを楽しみたい気持ちと、早く顔を見たい…という2つの矛盾した気持ちになります。
 今年の6月は何か変ですね。長雨と太陽が出ない寒さ…。お体には気を付けてください。

投稿: 管理者 | 2009年6月21日 (日) 21時54分

よう子さん
 こんばんは。
 これが野外での朝食です…。北の地は風が強く寒さに負けないためにもしっかり食べることが結構重要なんです。
 集中力が切れないように…。野外で食べるカップラーメンは最高です!!

投稿: 管理者 | 2009年6月21日 (日) 22時00分

mattuさん
 こんばんは。
 イトウのファイトはいいですよ。トルクフルな感じです。
 ぜひ、こちらにおいで下さい。
 夢の幻を追いかけるのもなかなかいいもんですよ。

投稿: 管理者 | 2009年6月21日 (日) 22時02分

Nさん
 こんばんは。
 秘密兵器はローミスのキャノン砲です。初めてデビューさせましたが、いい感じです。秋にでもふってみてください。
 十勝も天気が回復しませんか…こちらもなんだか不思議な天気です…。風邪など引かないようにきをつけてください。

投稿: 管理者 | 2009年6月21日 (日) 22時04分

おめでとうございます.
さぞかし,おいしい朝食だったと思います.
やっぱり北海道のイトウは外国のタイメンよりもカッコ良いですよね.私もいつかは釣ってみたいです.

投稿: ライフルバード | 2009年6月22日 (月) 17時15分

ライフルバードさん
 こんばんは。
 北の幻のプロポーションは抜群だと思います。綺麗ですよ!
 是非、来てください!
 モンゴルのタイメンなどなど憧れの魚がたくさんいますが、日本の最大淡水魚を相手にしているという自己満足感があります。でも、外国のも釣ってみたいです…いかんせん資金が…。

投稿: 管理者 | 2009年6月22日 (月) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191232/45381044

この記事へのトラックバック一覧です: イトウ巡礼2009~6月の歓喜~:

« 雨の日のタイイング | トップページ | ビッグドライの誘惑 »