« イトウ巡礼2009~6月の歓喜~ | トップページ | 羽根羽根の日 »

2009年6月22日 (月)

ビッグドライの誘惑

 遠方から釣友いわなっちょさんが来てくれました。
 冬のしばれる時期に一度遊びに来てもらって、絶対6月の川へ釣りに行こうと約束していたのです。念願かなって2日間の釣行となりました。

 現地のエセガイドとしては、是非ともいいニジマスを釣ってもらいたいと思っていたわけですね。ガイドたるものロッドを置いてガイドに専念すべきかとも思いましたが、一緒に釣って楽しんじゃおうという魂胆も見え隠れ…。

 早朝からの釣りとなりました。朝は気温もあまり高くない状況。水量は落ち着いたものの水温は10℃程度。

 フラットな流れの中に魚を数匹発見。朝イチはまずサイトフィッシングからスタート。エセガイドの本領発揮でいわなっちょさんより先に釣ってしまいました…。
P6190047  リリース前の水中撮影。
 水の中の魚はやっぱり綺麗です。

 その後、大物がつく瀬へご案内。今日はガイドなのですよ。
 ウェットで魚を釣ることも目標になっていたので、得意のウェットの釣りをアドバイスしてみる。

 「キャストしたらメンディングをくわえて、あの流れの筋をゆっくり目にスウィングさせてみてください」

 な~んて、アドバイスをしたら、いわなっちょさんのウィンストンが引き込まれたのでした。してやったり、ムフフ。よかったよかった釣れてよかった~!エセガイドは内心かなり安心したのです。
P1070808  これからは、お互いのスタイルで釣りをしました。

 私はいつものとおりシンキングリーダーを使ったウェット。朝イチ魚の反応はなかなかによいのです。

 気温が上がってくると虫のハッチが見られるようになりました。

 いわなっちょさんは、巨大なドライフライ、シュティミレーターを使用。TMC200R#8に巻いたデカフライ。
P1070826  最近はイブニングなどでしか使わなくなったドライフライ。ましてやこんな大型ドライは初体験。本当に釣れるのか…雑誌などでも紹介されていますが、疑心暗鬼の私がいました。ライズをウェットでとるのも最高に面白いので、ドライボックスはすっかすかなのです…。

 このシュティミレーターで疑念は綺麗さっぱり川に流れて消えました!
 いわなっちょさんが深場についている40アップをかける。

 水面を割って、巨大なニジマスが大口開けて、どっぱ~んって出てくるんです。ヒットの瞬間がなんともエキサイティング!

 すげ~!!!!!

 口あんぐり…。

 ウェットにもそこそこの反応はあったのですが、このビッグドライをキャストすると明らかに魚の反応が違うのです。

 気温が上がりヒゲナガのハッチが始まると、その威力はとんでもないことになりました。

 またしてもいわなっちょさんは、ヨレと瀬の境目で40アップを引き出します。このヒットがすごかった…。ドラグフリーなんて言葉はウソのよう…ドラッグがかかった瞬間にやっぱり大口開けてフライに飛びかかる…。

 なんじゃこりゃ…

 すごい…

 ウェットを流してもなんの反応もなかったポイント…ウソでしょ…と思いましたが現実なのです。

 いわなっちょさんの「ちょっとやってみてくださいよ」の一言に甘え、私もシュティミレーターをキャストさせて頂くと…。

 またもや、信じられないことが…。

 小さなプールに沈んだ石の周り、徹底的に石の周りをウェットで探ったポイント。ウェットには何の反応もありませんでした。そこにシュティミレーターをぽとんとキャストすると…。

 巨大な黒い影が浮上…潜水艦みたいなヤツ
 ユラ~
 ガボン!
 なんのためらいもなく、フライをくわえました…
 うわっ!でたっ!!
 ゆっくりロッドを立てて、合わせると、ぎゅわ~ん。

 「うっひょ~」

 思わず、釣りキチ三平君の叫び声を発してしまいました。
 ランディングに成功したのは、54㎝の今年一匹目の50アップ。
P1070818う~む。恐るべしシュティミレーター…。

▼私的シュティミレーター検証▼
 なぜ、ウェットを流しても何の反応もなかった場所から、なんのためらいもなくビッグニジマスがビッグドライを食いに来るのか…
 ウェットが食べている虫にマッチしていなかった。だけど、ただそれだけではないような気がしてならないのです。ヒゲナガもパラパラ飛んでいたのでシュティミレーターに食いつくことは考えられますが、それ以上にデカドライには何らかの魅力がある…
 それは、何か…
 ない頭ひねって考えてみる…ホントのところは魚に聞いてみないとわからないのですが…。
 おそらくでっかい虫を一匹喰うとかなりの満腹感を得られるのではないか…。補食活動をしているときは魚はかなり無防備で、自然界では命取りになりかねない…。そこで少ない回数でエサをとってしまえるのならそれにこしたことはない。結果、でっかいフライをくわえる…。
 う~む。こんな風にいろいろ考えるとまたフライフィッシングが楽しくなってきちゃいますねぇ。

 実際、ライズがおきていなくてもシュティミレーターに反応して浮上してくる魚は多数いました。2日目なんか、水温が低くてハッチもライズもない中なのにシュティミレーターに飛びついてくる。魅惑のシュティミレーター…こいつはすごい。
 このエキサイティングな釣り、面白くないはずがない…。

 夏場はデカフライで勝負してみようと思います。

 また、面白い釣りに出逢っちゃいました!とことんいきますよ~クレージー路線一直線ですから!!

 2人で釣った2日間。かなり満足度の高い釣りになりました。

 夜は妻も交えて、焼き肉。
 いわなっちょさんがタープを張ってくれて、雨音を聞きながらの夕食。
P1070821  初夏の6月。いい季節。

 ゆったりとした時間が過ぎていきます。

 夏至を前にした長い夕方の空気がたまらなくいいのです。

 雨の音、鳥の声、夏のにおい…。

 いい川にいい魚あり。

 気の合う釣友と語る夕べ。

 完璧な一日が過ぎていきました。

 

|

« イトウ巡礼2009~6月の歓喜~ | トップページ | 羽根羽根の日 »

コメント

週末の天候が今ひとつ優れませんでしたが、楽しい釣りをされたようですね
カディスを意識した釣り、あえてドラッグを掛けて三角波を起こし波紋で誘う手法も効果的ですね
流しきって何も起きなかった所で、いざフライを回収するときに起きる波紋で派手に飛びつくレインボーが居ます
スケーティングカディスの状態
意に反して出てくるもんだから、大合わせしちゃうんです(汗)
さっ、次の目標が決まったようですね
頑張りましょうか!

投稿: H爺 | 2009年6月23日 (火) 06時44分

こんにちわ
今年はウエット系で狙って行こうと思ったのですが、今回の記事を観てしまうと‥ドライも巻くかなぁ~何て考えてしまいます。
それにしても、良い虹ですねw
なかなか、仕事が忙しく釣りに行けない日々を送っていますよ(^o^)丿

投稿: kamishi320 | 2009年6月23日 (火) 16時49分

良いサイズ出ましたね(^^)
私もあやかりたいですがもう少し人が減ってからのんびり行きたいと思います。

投稿: aki | 2009年6月23日 (火) 19時21分

いわゆる「コールアップ」ってヤツでしょうか。
岩○御大の、イ○イスーパーミノーと同じような原理で、魚を狂わせる…なんて、これも推測ですけどね。
また、この勝手な推測が楽しい。^^

投稿: kuni | 2009年6月24日 (水) 06時45分

こんばんわ。
デカドライで50アップですか~凄いですね。
ドライ好きの僕としては、とても興味があります。
今年挑戦してみようとおもいました。

いつか僕もクレージーさんにガイドお願いします。

投稿: mattu | 2009年6月25日 (木) 18時26分

H爺さん
 こんばんは。
 デカドライの釣りはエキサイティングでした。ナチュラルドリフトも効果的ですが、ドラッグをかけた状態にしてやると効果があがることも解りました。
 また、楽しい釣り方を1つ覚えてしまったようです。
 スケーティングカディス、フラッタリングカディスを演出して、どば~んって来たら最高です。
 夏場はデカフライで勝負しようかなと、思っております。

投稿: 管理者 | 2009年6月26日 (金) 20時13分

kamishi320さん
 こんばんは。
 ウェットの釣りももちろん楽しいですよ。でも、今回のデカドライの威力は圧巻でした…。大口開けてニジマスが飛びついてくるんですもん…興奮しないわけがないですよね(笑)そのときどきで楽しい釣りができるといいですね!

投稿: 管理者 | 2009年6月26日 (金) 20時15分

akiさん
 こんばんは。
 いやいや2日目はすごい人でした…釣りに入るスペースがないほどに混んでおりました…。
 私はこれから、イブニング通いです…いい時間にいい魚を釣ろうという魂胆…バチがあたるかもしれせん…

投稿: 管理者 | 2009年6月26日 (金) 20時17分

kuniさん
 こんばんは。
 フライフィッシングは推測が楽しいですよね。このウェット水中でどんな動きしてるんだろうとか…。風呂場でユラユラさせてある程度のイメージはできているんですが、やっぱり流れにかませたときの推測…これが楽しいです!

投稿: 管理者 | 2009年6月26日 (金) 20時19分

mattuさん
 こんばんは。
 ドライの釣りはエキサイティングですね。おっきな魚が浮上してくる様子はドキドキものでした。
 エセガイドでよければいつでもご一緒致しますよ(笑)ぜひこちらにもお越し下さい!!

投稿: 管理者 | 2009年6月26日 (金) 20時20分

すごい醍醐味!
ドキドキしながら、読ませて頂きました。

投稿: よう子 | 2009年6月27日 (土) 08時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191232/45423253

この記事へのトラックバック一覧です: ビッグドライの誘惑:

« イトウ巡礼2009~6月の歓喜~ | トップページ | 羽根羽根の日 »