« ドデカドライフライ | トップページ | 「蝦夷スペシャル」力学的フライ »

2009年7月 4日 (土)

イトウ巡礼~山の神と湿原の王者~

 本日第2回目のイトウ巡礼へ。
 久しぶりに深夜に出発し、明け方から釣りを始める作戦に。潮周りが朝6~7時が引き潮。そうなれば川の河口域に流れが発生するはず…そうすれば魚も動くのでは…そんな策略を思い描いておりました。

 天気は曇りで小雨。7月とは思えない気温…。寒い…。

 前回と同じタックルでキャストを開始。
 岸際に小魚がちょろちょろ。ボイルも少々見られる。
 「今日も岸際かな…」
 シューティングヘッドSTL#11タイプⅢを使って早めのリトリーブで狙います。

 今回は、ヒグマのヘアを使ったイントルーダスタイルのフライを作成していきました。
P1070938  アイヌの方々はヒグマを「キムンカムイ」と呼び、山の神としています。山の神が湿原の王者イトウをひきつけてくれるのでは…と入魂して巻いたフライです。

 名前は「蝦夷スペシャル」としました。

 ウォディントンシャンク25㎜、フックはオーナーSSW#4。
 フックを#4にすると、これまでのイントルーダスタイルの巻き方だとバランスが崩れてフックから沈んでしまう難点がありました。今回試行錯誤を続けてやっとヘッド側から沈んでいくフライにすることができました。隠し味はボディーのヘッド側のふくらみと、オーバードレッシング気味に巻いたテールとウィングのヒグマのヘアです。

 このフライの詳細は後日また…結構色々考えたんです…ない頭ひねって…ちょっと物理の力学を応用したりして…学生時代の力学の教科書なんか開いたりして…。

 そんな願いがたくさん詰まったフライをティペットにむすび、黙々とキャストを繰り返します。魚からの反応がないまま、時間が過ぎていきました。ポイントも変えながら、岸際をしつこく、しつこく…。
P1070932  濡れたフライはこんな感じ。
 ウィングにちょっとだけ入れたモルフォファイバーが妖しく光ります。
 水中でもヒグマのヘアが輝き動きとも予想通りに動いてくれました。
 リトリーブすると上下にジグザグにダンスをします。

 なぜかこのフライを交換する気になれずひたすらキャストを繰り返していました。

 突然その時がやってきました。
 じわっと押さえ込むようなアタリ…小さなアタリ…。
 ほぼ反射的にロッドをゆっくり立ててアワセを入れている自分がいました。

 ぐ~ん

 魚のパワーが伝わってきました!ヘッドシェイクと強烈な走り。
 G・Loomisカスタムロッド#11/12がしなります。私の最強ロッドが、こんなに曲がるの!ってくらい曲がりました。

 上流に向けて一気に走られます。パワーと重量から大物イトウであることがわかった瞬間、心臓はバクバク…。

 「落ち着け、落ち着け」と自分に言い聞かせ、ロッドでためをつくりながらファイティング。ロッドの腰の強さ、そして魚の動きが的確に伝わってくる繊細さ、剛と柔を兼ねそなえたロッドだと実感します。

 よってきたかと思えば、また走る…

 ドラグがうなり、ヘッドシェイクが伝わってきます。

 やっと魚体が浮き上がります…ユラ~っと水中で揺れる巨大なイトウ…。

 「でかい」

 間違いなく、私の最高記録となるイトウとのファイト。幸せでした。

 そして、やっとネットにランディング。
P7030064 記録更新となる一匹。

 でかい頭。

 太い体。

 銀色の魚体。

 大きな尾びれ。

 P1070930

 完璧なイトウ。

 湿原の王者の風格。

P7030066  大満足の一匹。

 山の神ヒグマが釣らせてくれた、湿原の王者。

 何回も何回もまき直し、風呂場でスイムチェックを繰り返した甲斐がありました!

 本当にうれしい一匹となりました。

 夢の記録まであと少し。また、でっかくなったら勝負しようね。

 湿原の王者は何事もなかったかのように、ゆっくり川に戻っていきました。

 時刻は朝7時くらい。引き潮で流れが出始めた川で作戦通り。フライも思惑通り。

 う~ん。また王者に会いに行こう!

|

« ドデカドライフライ | トップページ | 「蝦夷スペシャル」力学的フライ »

コメント

文句なしの筋書きですね。
余計なことは書きません。
おめでとうございます。^^

投稿: kuni | 2009年7月 4日 (土) 23時38分

こんばんわ。
でっかいイトウおめでとうございます!!!
凄いの一言です。
今シーズン絶好調ですね。

投稿: mattu | 2009年7月 5日 (日) 01時43分

凄いですねー!!
2連勝おめでとうございます(^^)
水溜まりより北の大地の方が良かったかな??

投稿: aki | 2009年7月 5日 (日) 20時03分

kuniさん
 こんばんは。
 思惑通りに釣れるのは最高の気分でした!
 なんかこう、釣れそうな予感がある時って無心で粘れるものですね。
 粘ってようやっとイトウに逢えました。

投稿: 管理者 | 2009年7月 5日 (日) 21時28分

mattuさん
 こんばんは。
 釣れるときは釣れるけど、気配も何もないときもある不思議な魚ですねイトウは…。まだそこら辺の状況をうまく読めません。
 好調が続いているのはいいことだと思うので、これからも維持できるように頑張ります。
 春先の金子誠みたいです(笑)

投稿: 管理者 | 2009年7月 5日 (日) 21時31分

akiさん
 こんばんは。
 運良く今シーズン2匹目に逢えました。
 なかなか厳しい状況でしたが、なんとかなりました。やっぱり粘るのって大切ですね。

投稿: 管理者 | 2009年7月 5日 (日) 21時33分

お~っ!
通ってサイズアップしましたかっ
今季のレインボーは止めてチライに専念した方が宜しいかと(笑)
チライはアメのように横から稚魚に食いつかず、追い立てて真後ろから攻めるんでしょうね
ですから、フライは側面重視よりも稚魚の背を意識して毛足の長い獣毛が良いような気がするんです
フライ選択も悩みますよね

投稿: H爺 | 2009年7月 5日 (日) 21時46分

H爺さん
 こんばんは。
 夢までもう少しでした!もうちょっとイトウ通いします。レインボーはイブニングでねらいますよ(笑)
 イトウは真後ろから小魚に襲いかかっているようです。このイトウもフライの真後ろから襲いかかって来たようなアタリでした。
 フライの改良をしながら、イトウ狙いを続けます。あっ、レインボーにも行きますからね!

投稿: 管理者 | 2009年7月 5日 (日) 21時52分

北の幻の風格たっぷり!私も今日違う河川の「幻」を見れました・・・橋の上からですが(笑)メータークラスでした!

投稿: 西洋毛鉤 | 2009年7月 5日 (日) 22時12分

やりましたねー、やはり粘りが第一ですね。
あやしく食いつきたくなるようなフライ、蝦夷スペシャルおそるべし。

投稿: カチョウ | 2009年7月 6日 (月) 06時18分

こんにちわ
凄いの一言です\(◎o◎)/!
自分もシーズンに乗り遅れないようがんばりますw
もう、乗り遅れていますけど‥w
本当におめでとうございますm(__)m

投稿: kamishi320 | 2009年7月 6日 (月) 12時30分

デカイ !!うらやましいです、
生きてる間に一度は お目にかかりたい魚です。

投稿: 飲ん兵衛タイヤー | 2009年7月 6日 (月) 13時56分

デカイっすね!
おめでとうございます。
腕がパンパンになったんじゃないでしょうか。
これで満足しないのが釣師らしくて良いですね(笑)
更なる大物のアップを楽しみにしています。

投稿: Heron | 2009年7月 6日 (月) 18時14分

記録更新おめでとうございます。
メーター超えまでお互い頑張りましょう。

投稿: N | 2009年7月 6日 (月) 23時20分

西洋毛鉤さん
 こんばんは。
 橋の上からメーターアップ確認…やっぱりいるんですね。やる気がわいてきます。なんとかメーター越えをしたいです。永遠の夢です!

投稿: 管理者 | 2009年7月 8日 (水) 19時35分

カチョウさん
 こんばんは。
 柄にもなく粘ってみました。いつもは飽きてすぐ帰りたくなるんですが…。粘った甲斐がありました。なんとな~く釣れそうな予感というか雰囲気があったので頑張れました。
 粘りはやはり大切ですね。あらためて実感しました。
 蝦夷スペシャルはこれからも改良を続けていこうと思います。

投稿: 管理者 | 2009年7月 8日 (水) 19時37分

kamishi320さん
 こんばんは。
 私もこのイトウが浮き上がってきた時、ドキッとしました…。
 これ以上でっかいのが確実にいますから、夢はメーター越え!いつになるかわかりませんが、通ってみます。

投稿: 管理者 | 2009年7月 8日 (水) 19時39分

飲ん兵衛タイヤーさん
 こんばんは。
 一生かかってでもメーターアップと対戦したいと思っています。やっぱり、イトウには魅力があります。
 日本最大の淡水魚への挑戦はこれからも続けようと思います!機会があればぜひこちらへお越し下さい!

投稿: 管理者 | 2009年7月 8日 (水) 19時41分

Heronさん
 こんばんは。
 やっぱり夢はメーター越え…いつになることやらわかりませんが…目標高くがんばります。
 これくらいの大きさになると、半端な力じゃないですね…。それからこれ以上でかくなったらどうやって取り込もうかと…いろいろ戦略を練る必要がありそうです。
 っていうか、まずはこれ以上のイトウがかかるまで、頑張り続けないといけませんね…釣れないとすぐめげるタイプなので…。

投稿: 管理者 | 2009年7月 8日 (水) 19時44分

Nさん
 こんばんは。
 夢までもう少しでした…。
 同じ夢を持つ人が周りにいてくれるとやる気がわいてきます!
 これからも夢を追い続けましょうね!!

投稿: 管理者 | 2009年7月 8日 (水) 19時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191232/45535212

この記事へのトラックバック一覧です: イトウ巡礼~山の神と湿原の王者~:

« ドデカドライフライ | トップページ | 「蝦夷スペシャル」力学的フライ »