« 巻き初め“ヘッドにワンポイント” | トップページ | リスの襟巻き »

2010年1月12日 (火)

沖縄紀行

 旅に出た。

 妻と2人旅に行ってきた。

 行き先は、沖縄。今回で3回目だけれど、いつも新しい感覚を味わうことができる南の島。

 日本の自然はすごいなぁ。
 白銀雪の北海道から、エメラルドブルーの海が広がり、深い緑の森に覆われた沖縄まで飛行機で4,5時間。

 あらためて、この国の自然の豊かさと、懐の深さを感じてしまいます。

 なぜだろうか…南の島の時間はゆっくりと流れるような気がするのは…。日々あくせくする必要なんてないんじゃないか…。

 ささくれだった神経を沖縄の風と太陽は、優しく包み込み、修復してくれる…。

P1100714_3 心地よい青があふれて、積み重なって、そしてまた青を創りだしている。限りなく広がる青の世界。
 

心安らぐブルー&ブルー。

 絶妙のグラデーション。

 心がす~っと解きほぐされていく…。

 暖かい青。

 今回は、北部の「やんばる」へ。P1100740

 海と空の“青”に癒され、やんばるの“緑”に力をもらう。

 鬱蒼と茂った森へ。

 たくさんの生き物たちのゆりかご。

 行き先は、比地大滝。

 森の香りを胸一杯に吸い込む。

 ここに住む生きとし生けるもののエネルギーが、伝わってくるよう。

 緑に囲まれる贅沢。

 やんばるに入るという経験で自分の感性を磨きたい。
 実際に体験しないと、わからない感覚がある。その感覚から、新しい考え方が広がっていく気がする。それが人を大きくしてくれるように思う。

 だから、旅に出る。

 だから、旅はいい。

 特に、自然は多くの感覚を与えてくれる。沖縄の自然は北海道の自然とはまた違った感覚を与えくれる。
 だから、きっと この旅でもちょっとだけ考え方が広がったように思ってる。

P1100791  限りなく透明な水。

 こんな風景を見て、何も感じないなんてもったいない。

 何を感じ、何を考える?
 自問自答。
 自問自答する余裕がこの島にはあるんだな。

 ホントはいつも、こうやって何かを感じてなくちゃいけないんだろうな。

 当たり前の日常の中でも、「感じること」はたくさんあるはず。それをどうやって自分のもにしていくか。これが大切なんだな。

 「懐が深い人間になりたい。薄っぺらは嫌だな…。」

 沖縄の自然はいろいろなことを教えてくれる。ありったけの感性を解放して、受け止める。

P1100777  滝は、豪快かつ繊細。

 この地の自然を凝縮しているような雰囲気。

 開高健大兄曰わく

 「一生の思い出になるような体験をしなさい。これは一回投資しただけで何千万回と甦って利息が付く。精神に利息が付く。無駄ではない。まったく無駄ではない。」

P1090144  旅が終わって振り返ると思い出が映像のようにわきでてくる。

 うん。いい旅だった。

 自分の心が大きく広がった感じ。

 観て、感じて、考えて…。

 大きな一歩を踏み出す力になりそうな旅になったなぁ。

|

« 巻き初め“ヘッドにワンポイント” | トップページ | リスの襟巻き »

コメント

こんばんは
お帰りなさい
北海道にはない沖縄独特の気候風土が生み出す景観
どうやらこの地で何かを見いだしたようですね

投稿: H爺 | 2010年1月12日 (火) 21時05分

H爺さん
 こんばんは。
 無事、帰ってきました。南国から北国に帰ると一気に現実に引き戻されました。
 沖縄はやっぱり好きなところです。何か色んなインスピレーションが沸いてきます。
 もちろんフライのインスピレーションも沸きましたよ!
 ヤンバルクイナの羽根がまた綺麗で…。ブレストフェザーが白と黒のシマシマでした。
 羽根バカの性ですね(笑)

投稿: 管理者 | 2010年1月12日 (火) 23時32分

クレージーフライフィッシャーさん今晩は。

沖縄良いですよね!北の民から見れば別天地ですよね。

私は1回しか行った事無いですが又、行きたいですね
行く時にはエギを持って・・・エギフライて、本に出てたの
見ましたがフライでアオリイカ釣れたら面白そう。

投稿: vega | 2010年1月13日 (水) 00時29分

こんにちわ。おかえりなさい。
南の島はあたたかかったですか?人生は旅の連続。私も一度は行ってみたいものです。

投稿: いわなっちょ | 2010年1月14日 (木) 12時56分

ヤンバルクイナみましたか?その辺に歩いてんですかねー?同じ日本か?と思う景色ですね!!

投稿: 西洋毛鉤 | 2010年1月15日 (金) 21時43分

vegaさん
 こんにちは。
 北国から観ると楽園ですね、沖縄は。
 海で釣りをしている人をたくさん見かけました。フライをしている人は見ませんでした。
 沖縄のフライ人口は少ないと聞きました。
 次行くときは、ロッドを持ってトロピカルな魚を釣ってみたいと思います。

投稿: 管理者 | 2010年1月17日 (日) 12時41分

いわなっちょさん
 こんにちは。
 1日目、2日目は寒かったのですが、3日目、4日目は暖かかったです。ヤンバルの中を歩くと汗が出てきました。
 旅はいいですね。色んな旅がありますね。釣り旅ももちろんいいですよね!

投稿: 管理者 | 2010年1月17日 (日) 12時43分

西洋毛鉤さん
 こんにちは。
 残念ながらヤンバルクイナには逢えませんでした。写真で見てきましたが、ブレストフェザーが白と黒のシマシマで、ものすごく美しい鳥でした。
 実物を見てみたいですね!

投稿: 管理者 | 2010年1月17日 (日) 12時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191232/47274059

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄紀行:

« 巻き初め“ヘッドにワンポイント” | トップページ | リスの襟巻き »