« タイイングデスクから始まるフライフィッシング | トップページ | Club“Water Walker”タイイング会開催決定! »

2010年5月 9日 (日)

手強いフック

 寒さも感じますが、確実に春が来ているようです。

 ふらっと外に出てみると、エゾエンゴサクが咲いていました。春ですねぇ…。芽吹きだした緑に、紫の花が映えていました。
P1110151

 花を見ると春が来たなぁと実感できますね。でも、もう少し暖かくなってくれてもいいような気もしますが…。

 今日は、手強いフックと格闘。
P1110144
 SAWADAのTD5 BARTLEET SEDGE

 なめらかなカーブを描く美しいフックです。
P1110146
 が…。なんとも、どんなバランスのフライを巻いていいものか、悩みました…。

 セッジを意識したフライにしたものか…。ローウィングスタイルのウェットにしたら、バッチリ決まりそうな感じもするし…。

 バイスにフックを取り付けたまま、しばし沈黙…。

 腕組みしながら、う~ん、う~んと唸り続けること数十分…。

 美しいカーブを描くフック。何を意図したフライにするのか…。フックのプロポーションとフライのバランス…。
 どんなマテリアルをチョイスするのか…。

 こう考えるのが、何とも楽しく、奥深い、いい時間なのでありますね。
 フライフィッシングの奥行きの深さを感じながら、ゆっくりした味わい深い時間なのです。これを感じることができるのはやっぱりフライフィッシャーの特権かなと…思うわけですね。

 考え抜いた挙げ句の果てに生まれたフライがこちら。
P1110135
 ゴールドに輝くレオンをテールに。ボディーはフラットティンセルゴールドとちょいとブラックのオポッサムファーをダビングしてピックアップ。スロートにルチーノロゼーラの淡い赤をあしらってワンポイントに。ウィングはブラックのニワトリのセカンダリー。

 良く釣れるカラーバリエーションであるブラック、ゴールド、レッドを詰め込んだ感じ。

 フックのプロポーションに合わせて、タグの範囲を広くして、ボディーの中央から少し後ろくらいからテールだ出てくるような感じに。

 ウィングはもう少しロースタイルにしたほうが良かったかなと反省。

 こういうフックに対していると、いい修行になります。

 難しいと感じられるフックにタイイングすると、いろんなことを考えることができます。その1つ1つが自分のタイイング技術の糧になっていくように思います。

 おそらく、永遠に続く修行…これがタイイングの奥の深さ…やめられませんね!

|

« タイイングデスクから始まるフライフィッシング | トップページ | Club“Water Walker”タイイング会開催決定! »

コメント

カーブドシャンク
仕上がり全体を上手に纏めるのが意外と難しいですね
緩い流れで振り子のように揺らめいてくれるのかな?

投稿: H爺 | 2010年5月10日 (月) 19時23分

ボクはこの鉤は使ったことがありませんので、なんとも言えませんが、なんでも小細工できそうで、どこから手を加えてよいか迷いそうですね。
10年以上前にTMC200Rを初めて見た時に、「なにに使うんだ?」と感じたことを思い出しました。

しかし、写真のパターン、巧い具合に仕上げられていますね。
センスを感じます。^^

投稿: kuni | 2010年5月10日 (月) 21時30分

クレイジーさん
こんにちは・・・

スロートの色合いが
悩ましいですねぇ~( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: jock45 | 2010年5月12日 (水) 16時58分

H爺さん
 こんにちは。
 いや~このフックは難しいです。修行にはもってこいですが。
 ウィングはもっとロースタイルにしたほうがバランスがいいように感じます。
 果たして流れの中でどのような動きをしてくれるのか…楽しみな面もありますが、不安も多いです…

投稿: 管理者 | 2010年5月16日 (日) 12時10分

kuniさん
 こんにちは。
 TMC200Rも難しいフックですね。ウエットからドライ、ニンフまで結構多用しています。
 フライへの多分なるお言葉ありがとうございます。まだまだ改良修行の余地があるように思います。
 これからマイナーチェンジを繰り返して、信頼できる一本に成長させていきたいと考えております。

投稿: 管理者 | 2010年5月16日 (日) 12時13分

jock45さん
 こんにちは。
 ルチーノロゼーラのあわ~い赤に最近はまっております。自然が創り出すカラーってやっぱりすごいなとあらためて実感しています。
 うまくマテリアルのカラーを引き出せる配色を考えていく必要がありますね。こんな風に考えるのもタイイングの面白い所のひとつだと思っています

投稿: 管理者 | 2010年5月16日 (日) 12時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191232/48313751

この記事へのトラックバック一覧です: 手強いフック:

« タイイングデスクから始まるフライフィッシング | トップページ | Club“Water Walker”タイイング会開催決定! »