« 2010 イトウ巡礼①~はじまりは…~ | トップページ | タイイング会無事終了 »

2010年6月12日 (土)

イトウに逢えなかった後の出逢い

 早々に、北の幻をあきらめて昼くらいに帰宅。ちょっと休憩。

 天気もいいし、先日購入したロッドに魂も入れたいし…と思い立ち、いつもの川へ行くことにしました。

 6月の初夏の空気は爽やかで気持ちがいいですね。セミの声なんかも聞こえてきてもう真夏の雰囲気。

 川は先日来たときよりも濁り気味。

 まぁ、なんとかなるべ。

 入魂したいロッドは、「EUFLEX GS Wet #6」ずーっと欲しかったロッドでした。ところがですよ今年のティムコのカタログをパラパラやっていたら、あれ、載ってない…。

 すかさずショップに電話。 

 私:「ユーフレックスのウェットってもしかして廃盤なんですか?」

 店員さん:「そうなんです、廃盤なんです」

 私:「どっかに残ってないですか…」

 祈るような気持ちで探してもらったところ、一本だけ在庫が!ホントにホントに最後の一本。すかさず購入してしまったわけですね。

 すご~くいいアクション。ゆったりとロッドが曲がってくれる、まさにウェット向きのアクション。こんなアクションが個人的には大好きなんです。

 そんなこんなで、このロッドをつないで、準備を始めると、川から親子ルアーマンが上がってきました。

 ちびっ子ルアーマンに「釣れたかい?」ときくと、

 「うん!釣れたよ!!」

 嬉々とした表情が6月の太陽のように爽やか。「よかったね」と私が答えると…

 「おじさんは、何で釣るの?」

 「おじさん」と言われて、きょろきょろする私…。でも、その場に「おじさん」と呼ばれるべき人物は私しかいないのです…。

 おじさん…とは、自分のことだよな…。認識するまでにしばし時間がかってしまいました。

 そうだよなぁ…このちびっ子ルアーマンから見りゃ、私は「おじさん」だよなぁ…。私にはまだ姪も甥もいないので、ちびっ子から「おじさん」と言われるのは初めての経験かも…。

 川で逢う釣り人も私より年上の方が多いし「にいちゃん」と呼ばれることが圧倒的に多かった…。

 う~ん。「おじさんかぁ…」一抹の寂しさを感じながら、ちびっ子の質問に答える。

 「フライで釣るんだよ」

 「フライっておもしろいのおじさん

 「面白いよ~。やってみな~」

 「うん、やってみる!」

 未来のフライフィッシャー誕生である。かたわらでお父さんが、ちょいと苦笑いしておりましたが(笑)

 親子そろって川で魚を釣るのってなんかいいなぁ。子どもと同じ時間と魚を釣るというヨロコビを共有するのってとてもいいことだと思うんだよなぁ。
 あの子の目は曇りなくキラキラ輝いていたから、釣りを通してきっといろんなことを学んでいるんだと感じました。ちびっ子釣り師がふえてくれるといいなぁ。

 でも、「おじさん」が釣る魚もとっておいてねちびっ子諸君!

 イトウが釣れない「おじさんフライフィッシャー」は、新しいご機嫌なロッドを手にして川に立ち、キャスティングを開始。

 すぐにゴ~ンとヒット。

 「お~。いい感じ~に曲がるね~。こりゃ気持ちいいロッドだぁ!」と余裕ぶっこいていたら、バレる…。

 でも、「おじさんフライフィッシャー」はめげずに頑張る。そして、ついに入魂完了!!
P1120260
 流心とゆるい流れの境目から出てきた一匹。ナイスファイトでした。

 イブニングはいつものポイントへ移動。

 ここでも、また出逢いが待っていました。

 若きパパルアーマン。奥様と小さなお子さんを連れて、花見にきたちょっとした時間を見つけて川に立っておりました。

 「釣れますか~」と声をかけると、

 「結構釣れますよ~」

 釣り人同士、初対面でも旧知の友人のように接することができるヨロコビ。これって、やっぱり釣りの特権。

 若きパパルアーマンは、グッドサイズを釣り上げては、奥さんと子どもに見せている。

 むちゃくちゃ、カッコイイじゃない!!

 遠巻きに、ほのぼのとした3人の様子を見ていると思わず、顔がほころんじゃいました。自分の釣りなんかどうでもいいかな~って感じちゃうくらい、いい光景でした。

 でも、「おじさんフライフィッシャー」は、しっかりと釣りをするのです。フライはこれ。
P1120263
 ヒグマのファンシーフライ。

 今回も当たりました!!

 ひとしきり魚のファイトを楽しんで、パパルアーマンとお話し。完全に釣りの邪魔をしていたかも、ごめんなさい。

 奥様との約束の時間が来て、一緒に川から上がる。

 車の中で、奥様とまだまだ小さいお子様がいらっしゃいました。

 「パパね。釣り上手だよ」って話しかけると、小さな小さな顔を満面の笑みに。

 やったね。もうひとり未来の釣り師確定!!

 でもね、やっぱり「おじさん」が釣る魚は残しておくんだよ。

 こんな、ほのぼのした午後。なんか、いい時間が流れていました。

 釣り師ならではの時間。

 帰り道、イトウが釣れなかったときのリアリスト的な感情はほとんど湧き出ず、6月の空の下、いい出逢いがあったことに感謝している自分がいました。

 夕日がね、とっても爽やかに感じる、一日の終わりでしたよ。

 

|

« 2010 イトウ巡礼①~はじまりは…~ | トップページ | タイイング会無事終了 »

コメント

こんばんわー(◎´∀`)ノ
この前の出会いからちょくちょくブログみせてもらってますよ(*^-^)
昨日の朝もあの場所に会社の先輩と行ってきました。
今回は愛妻とベビーは家でお留守番でした。
愛妻とベビーの代わりと言ってはなんですがちゃんとウエイダーを履いていきましたよ。
朝5時半頃開始してこの前のように対岸へ向け1投目。すると即効アタリが!!
バラサズ40オーバーをあげました。
この日はウエイダーを履いてたので川を渡り浅瀬のところまで行ってひたすら釣りました。
釣果は8時前までで40位のが14匹と好調でしたね。
以上報告でした。
また会えるといいですね(o^-^o)
私も釣り場でのたくさんの出会いに喜びを感じています。
いつか再開できるのを楽しみに待ってますね!!
「おじさんフライフィッシャーさん!!」
あっ間違えた。
「クレイジーフライフィッシャーさん!!」


投稿: 短パンルアーマン | 2010年6月13日 (日) 23時28分

短パンルアーマンさん
 こんばんは。
 やっぱりあの場所は魚がついていますね。
 「おじさんフライフィッシャー」はあの場所によく出没しているので、またお会いできたら嬉しいですね。
 釣り場で見かけたら声かけてくださいね。

投稿: 管理者 | 2010年6月14日 (月) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191232/48592987

この記事へのトラックバック一覧です: イトウに逢えなかった後の出逢い:

« 2010 イトウ巡礼①~はじまりは…~ | トップページ | タイイング会無事終了 »