« 日刊!!イトウフライ 8号 | トップページ | 日刊!!イトウフライ 9号 »

2010年10月19日 (火)

イトウ巡礼②~イトウバム~

 「日刊!!イトウフライ」連載中ですが、ちょいと失礼します。

 先ほどイトウ巡礼から帰ってきました。今シーズン2度目の巡礼となります。今回は、いわなっちょさんと以前から計画し、休日を合わせて1泊2日のイトウバム的巡礼となりました。

 この日が楽しみで、いろいろと準備をしてきました。「日刊!!イトウフライ」もその一環でした。

P1120844

 とりあえず、ただいま「日刊!!イトウフライ」で紹介中のフライたち。

 夢と希望をたっぷりしみ込ませて巻いたフライたちです。これをフライボックスに詰め込んで川に向かいました。

 しかし…今季一番の寒気が押し寄せてくるという天気予報…。

 その通り、北の大河は強風(狂風?)が吹き、晴れたり曇ったり、雨が降ってきたり、おまけに雹まで降ってくる始末…。海上には竜巻みたいなおっかない雰囲気満点の巨大な雲…。不安定な天候…。

 「しかし、いつ来てもここは厳しいねぇ…。」

 過酷な状況を乗り切らないとイトウには逢えないんだなきっと…。そう思い直し、不屈の精神、いやいや釣りバカ根性を発揮してキャストを開始したのでした。

 夢を詰め込んだフライたち。ボックスから取り出してティペットに結ぶ瞬間は祈るような希望と本当にこれで釣れるのか…という不安が入り交じる不思議な気持ち。

 でも、自分がこだわってタイイングしたフライ。マテリアルの吟味、バランスのとりかた、今持てるテクニックを全部投入して巻いたフライ。自分のフライに自信がなかったら絶対に釣れない。これでもかってくらい夢だけはしみ込んでいる。

 きっと、イトウに逢わせてくれる…1投1投に願いを込めてひたすらキャストを繰り返します。

P1120863

 風に翻弄されるように、ポイントを転々と移動します。風の影響が少しでも少ない所へ…。まぁ、そんな場所は皆無に等しいのですが…。

101019_070222

 それでも、今回はいわなっちょさんがいてくれる。これが何とも心強いのです。一人なら風と不安定な天候にやられ、やる気が萎えて完全に帰宅してました。

 2人で釣り話をしたり、お湯を沸かして川辺でお茶したり、イトウが釣れなくても楽しい時間が過ぎていきます。

 ちょっと天候が安定すると、日本じゃないみたいな光景が広がります。

P1120854

 空のブルーのグラデーション。

 自然が織りなす美しさ。

 「なんかヘンリーズフォークみたい…」

 2人で話しておりました。

 見上げれば、白鳥の編隊飛行。自然は冬の準備を着々と進めているのですね。季節は確実に移ろっています。

P1120857

 休憩しながらのんびりと…イトウバム。

 そして、ファーストヒットはいわなっちょさんに!

P1120845

 70㎝にせまるコンディション抜群の一匹。

 う~ん。いいねぇ。やっと手にした一匹。会心の一匹です。

 イトウ釣りって不思議なもので、友人が釣ったイトウはなぜだか自分で釣ったことのように嬉しくなります。それだけ、この釣りが過酷だということなんでしょうか?

 過酷な状況を共に乗り越えて得た喜び。これを共有できる喜びが重なっていきます。

 この後、すぐにいわなっちょさんはもう一匹追加。

 う~ん。熱い情熱を持っていると自然はしっかり応えてくれるものですね。私はやっぱり少しずつ意気消沈していってしまうのです…。これがだめなんだよなぁ…。でも、魚を見ると果然やる気が復活!キャストを繰り返しますが、風が強くなり1日目は終了。

 1日目は、ネット係として頑張った私です。

 夜は、温泉に入って、地元の海産物を食べて、宿でしゃべって笑いまくって、疲れ果てて、よい子のように9時には就寝。2日目に備えるのでした。

 2日目。やっぱり寒くて風が強い…。前日に2匹のイトウと逢うことができたポイントへ。

 準備の遅い私…のたくたして、さてキャストするかと思った瞬間。

 「来ました~」

 という、いわなっちょさんのお声…。

 「マジで!」

 ネットマンは川辺を走り、イトウをネットイン。いわなっちょさん3匹目。こちらもコンディション抜群の70㎝弱。写真を撮る前に元気に川に帰っていきました。

 「お~今日は行けるんじゃないか」

 と気持ちを込めてキャスティングを開始。

 ところが、数投したら…。

 「また、来ました~」

 という、またもやいわなっちょさんからのお声…

 「マジで、マジで!!」

 また、ネットマンは川辺を走って、ぜーぜーいいながらランディング。やっぱり70㎝弱の銀ピカイトウ。

 う~む。4匹目。しかも、この2匹は昨晩差し上げた、ヒグマのフライでのヒット。

 なぜだ、なぜ私のフライはくわんのだ…。疑心暗鬼…そしてまた、弱気の虫が出始めて、「まぁ、いわなっちょさんが4匹も釣ったからいいか」的な思考になってくる。

P1120871
(↑うつむきかげん…。でもちょっと絵になるでしょ【笑】) 

 だめだ、だめだ。これじゃあ、いかんのだ!

 情熱なのだ!イトウに対する情熱なのだ!!

 「これまでいろいろ準備してきただろう?」と自分に言い聞かせる。

 とりあえず、リセットするために休憩。

 お湯を沸かして、カップ麺を食べる。

 それにしても、川辺で食べるカップ麺はなぜにこれほどにうまいのだ!ありがとう日清食品!とカップヌードルに敬意を表しつつ、やる気が戻ってくる単純な自分にあきれる(笑)

 「最後にドラマが起こるかもしれませんよ~」

 なんて、いわなっちょさん。 

 よし、最後の一勝負!!気合いを入れる。

 なぜに私のフライにイトウは食らいつかないのか…。ない頭をひねって考えてみる。

 おそらく食い気はある。シューティングヘッドのシンクレートもいわなっちょさんのとほぼ同じ。おそらくリーダーとティペットもほぼ同じだろう(←ただの勘)。フライも私が巻いたフライで喰ってきているので、バランスなど問題ないはず…。(←自分のフライに自信を取り戻しつつある)リトリーブの速さだってほとんど同じ。ラインバスケットだって全く同じ!(←関係ないか)

 じゃ、いわなっちょさんとの違いはなんだ…。

 考える…考える…考える…う~むむむむむむむむむむむむむむむ…。

 ぱっとひらめく!!

 サイズか!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 ここまで、私は大きめの25㎜ウォディントンシャンクに巻いたフライを使い続けていました。そういや、いわなっちょさんの使っているフライは20㎜…。

 これだぁ!!!

 これしかない!!!!!

 自分でも訳のわからない自信とナゾの納得感が沸いてきて、フライをチェンジ。

P1120905 
《レシピ》
フック:オーナーSSW#6
シャンク:ウォディントンシャンク20㎜
テール:(アンダー)ヒグマ (オーバー)カシミアゴートヘア ダイドブラック
タグ:シェニール チャートリュース
ボディー:スッペクルドクリスタルシェニール
リブ:ゴールドオーバルティンセル
ソラックス:クリスタルダブ
スロートハックル:コックフェザント ダイドブラック ランプフェザー

(↑おっ、今日も結局「日刊!!イトウフライ」になっちゃった。号外ということで)

 釣れないときにはサイズを変えるってよく考えると大事なことだった。そして、実績の高いブラック系にしました。

 フライを変えて、数投目…。

 ホントにドラマが起こっちゃいました!

 「ぐわ~ん」って感じでずっしりと重たい手応え。釣り人の本能でアワセをくれている自分がいました。

 フッキングした瞬間、デカイという感覚がはっきりと伝わってきました。

P1120874

 ここからが闘いでした。イトウ特有の首振りがロッドを通して伝わってきました。そして、半端じゃなく重い…。

 「なんじゃこりゃ!?」

 魚が動くたびに、じぃ~じぃ~とドラグがうなって、なかなか寄ってきません。

 そして、今度はこれまで体験したことのないような下流への突っ走り。ドラッグがぎゃんぎゃん泣きわめき!しかも、こちら側の岸際を突っ走られました。

 「やばい!外れるか!?」

 ラインがアシにひっかりそうになったので、全力疾走でイトウを追いかけました。なんとか突っ走りを止めたら、次は水中での激しいローリング。

P1120877

 突っ走り途とローリングを乗り越えたので、フックは外れない所にしっかりフッキングしているだろうことを確信。ちょっと落ち着いてファイトができました。

 リールファイトに持ち込めばペースは完全にこちらへ。一番、外れやすいのは余分なラインをリールに巻き取るとき。これを乗り越えれば、腹を据えて勝負できます。

 ゆら~っと魚体が浮き上がってきたとき、ぞわっとしました。

 「デカイ!太い!!(メーターに)いったか?」 

 武者震いのような感覚。でも、今日はいわなっちょさんがいてくれてランディングを手伝ってくれる安心感。

 この日のために購入したデカネット。しかしネットに入るか…?それくらいでかく見えました。

 「これは、谷地坊主流取り込み法か?」

 との考えもよぎりましたが、軍手もないし、イトウに与えるダメージが大きいのでネットランディングへ。

 息を合わせて、緊張のランディング。

 無事、ネットイン。

P1120881

 「やったー!!」

 ネットインの瞬間、叫んでしまいました。

 実際にランディングしたイトウはホントにでかかった。メジャーをあてると96㎝。

 夢まであと4㎝。

 大満足の一匹。

P1120885

 こんなに重たい魚、はじめて持ちました。

P1120891

 若干、手が震えてまして…いや、手だけじゃない…体全体が…震えてました。

P1120886

 魚を見て、おっかないと思ったのも初めて…。

 完璧な魚体。

 湿原の王者。威風堂々。

 やった!粘ってよかった!!いわなっちょさんありがとう。きっと一人だったら絶対に逢えていないイトウ。感謝です。

 イトウの重さとともに、ずっしりとうれしさがこみ上げてきました。

 「あと4㎝大きくなったら、また勝負しようね」

 リリースすると王者は何事もなかったかのように、褐色の水へゆっくりと戻っていきました。

 見上げると青空が。

P1120897

 蒼天の神様が一瞬微笑んでくれました。

 そして、忘れてはならない儀式。釣り師の儀式。

P1120847

 釣りキチ同士、語らずとも分かり合える気持ちと気持ち。

 釣りキチ同士の絆は最強だ。

 これだ、これが釣りの喜びだ!

 大いなる歓喜を求めて、イトウ狂の詩を歌い続けます。

 

 

|

« 日刊!!イトウフライ 8号 | トップページ | 日刊!!イトウフライ 9号 »

コメント

おめでとう、おめでとう、おめでとうございます!
余計な言葉は、あえて省略します。
ボクも幸せな気分を分けていただいた気がします。

おめでとう・・・そして、ありがとうございます。

投稿: kuni | 2010年10月19日 (火) 21時19分

ォオー!!(゚д゚屮)屮 格好の良いイトウ来ましたね。
メーター近いイトウ 良い物見せていただきました。
ちょっとした違いで、出るなんてやはり細かなきっかけで、開けてくるのですね。

羨ましい・・・・・・・・

投稿: ゆうぴょ | 2010年10月19日 (火) 21時20分

こんばんわ。お久しぶりです。
うわ‐!!!!でかいの一言です。(^^)

おめでとうございます。

とんでもないでかさですね。

90サイズもなればロッドの引きも半端じゃないですよね

自分も先月某河口エリアでアメマスの化け物サイズ釣り上げました。

投稿: ワカ946 | 2010年10月19日 (火) 22時53分

初めてメールします。

おめでとうございます。やりましたねぇ(*^ω^*)ノ彡

埼玉に住むフライマンです。いつもブログ拝見してますよ~。私もイトウ釣りたいです。

           

投稿: 小渕のふーらいまん | 2010年10月19日 (火) 22時57分

デカイ!!
いいなぁ~。
頑張らないと報われませんね!
おめでとうございます!

投稿: ロバ君 | 2010年10月20日 (水) 06時31分

凄い一匹ですねー!!
二日とも同じ川で釣られていたのですか??
コンディション悪い中ご苦労様でした!!
私もイトウの顔拝みたいです!!

投稿: aki | 2010年10月20日 (水) 08時43分

こんにちはw
おめでとうございます!
クレイジー様のブログはいつも私にやる気と元気を与えてくれます。(ありがとうございます)
今回は、記事を読みながら私まで、その場に居たように感じになりましたw(読みながら武者震いしてましたよw)
いつか、皆様と釣りが出来ることを祈って、今日も巻き巻き頑張ります。

羨ましい‥ww

投稿: kamishi320 | 2010年10月20日 (水) 10時10分

お久しぶりです。ついにやりましたね。執念が通じましたね。まるでお二人のやり取りをみていたら短編小説のようでした。羨ましい。いわなっちょさんもすごい。私も行きたいのですが遠すぎて朱鞠内湖で何とか今シーズン中には一匹釣り上げたいなと思っております。かくいう私はSD1504にようやく魂が入りました。先月下旬、小平に鮭釣に行ったとき10センチのウグイがかかりました。それ以来さっぱりです。こっちはお笑いですね。

投稿: カミフの千春 | 2010年10月20日 (水) 13時01分

お久しぶりです。

羨ましいです!

僕も、火曜日にイトウを釣りに北へ行ってました。
残念ながら不発に終わりましたが
ニアミスしていたかも・・・

投稿: mattu | 2010年10月20日 (水) 13時02分

クレイジーさん
ご無沙汰しています

おぉ凄いのが釣れましたねぇ
おめでとうございます

風景も本州ではお目にかからない
ロケーション!!

また吉報お待ちしています

投稿: jock45 | 2010年10月20日 (水) 15時59分

こんにちは。おつかれさまでした。
今回は悪天候の中、本当にドラマがありましたね!
最後の最後においしいところ全部持っていかれちゃいました(笑)

いやぁ、でもすごく思い出深い釣り旅になりました。ありがとうございました。
次の釣行を楽しみにしています。北か東の大河に行きましょう!

投稿: いわなっちょ | 2010年10月20日 (水) 16時01分

kuniさん
 こんばんは。
 身に余るお言葉ありがとうございます。とても嬉しいです。
 釣り人が輪になって幸せな気持ちを共有できたらこれほど最強のリンクはないんじゃないかと思います。
 みんなでがっちり手をつなぎたいですね!

投稿: 管理者 | 2010年10月20日 (水) 17時00分

ゆうぴょさん
 こんばんは。
 ホントに釣れるか釣れないかは紙一重なのかもしれません。サイズダウンが本当に功を奏したのかは魚に聞いてみないとわかりませんが、人間目線からでは効果があったと考えてしまいます。
 ちいさなことの積み重ねが大事だとイチロー選手も言っていますので、お互いこつこつ頑張りましょう!

投稿: 管理者 | 2010年10月20日 (水) 17時03分

ワカ946さん
 こんばんは。お久しぶりです。
 いや~昨年の90センチとはちょっと迫力が違いました。体ががくがくです。
 化け物サイズのアメマスもすごいですね。やっぱり北海道のあちこちにモンスターがいるんですね!

投稿: 管理者 | 2010年10月20日 (水) 17時05分

小渕のふーらいまんさん
 こんばんは。はじめまして、コメントありがとうございます。戯れ言ばかりのブログに来ていただき感謝いたします。今後ともよろしくお願いします。
 コメントもお待ちしておりますのでお気軽にお願いします。
 やっぱりイトウは幻でありながら、夢の魚です。いつかメーターを超えるイトウを抱いてみたいという想いがより強くなりました。

投稿: 管理者 | 2010年10月20日 (水) 17時18分

ロバ君さん
 こんばんは。
 粘りが苦手な私…どれだけもう止めようかと思ったことか…。やっぱり粘りは大切だと心底思いました。
 

投稿: 管理者 | 2010年10月20日 (水) 17時20分

akiさん
 こんばんは。
 2日とも同じ川での釣果です。コンディションは最悪でした。強風と寒気…。いつも過酷な状況が待ち受けています。これに打ち勝つことがイトウに逢う第一条件かもしれませんね。
 イトウに逢えることをお祈りしております。

投稿: 管理者 | 2010年10月20日 (水) 17時22分

kamishi320さん
 こんばんは。
 こんな戯れ言ブログでも少しは誰かの役に立っているかと思うと嬉しく思います。
 釣り人のリンクは最強だと思います。みんなで喜びを共有することができるって釣り人ならではだと思います。
 みんなでワイワイやりましょ~。タイイング頑張ってください!!

投稿: 管理者 | 2010年10月20日 (水) 17時27分

カミフの千春さん
 こんばんは。
 二人でいい釣りができました。情熱をもっていれば、自然は応えてくれるものですね。正直とても嬉しかったです。いまもまだ興奮が冷めない…そんな感じです。
 朱鞠内でのイトウも執念で頑張ってください。きっと願いは届きます!

投稿: 管理者 | 2010年10月20日 (水) 17時30分

mattuさん
 こんばんは。お久しぶりです。お元気でしたか?
 mattuさんもイトウに逢いに来ていたのですね。過酷な状況でしたがなんとか結果が出せました。
 今度来られる時は連絡ください!一緒に行きましょ!!
 

投稿: 管理者 | 2010年10月20日 (水) 17時33分

jock45さん
 こんばんは。
 ホントに一瞬だけ神様がほほえんでくれました。
 あと4㎝の壁は、まだ修行が足りないと自然が言ってるんだと思います。
 また、頑張ります!!

投稿: 管理者 | 2010年10月20日 (水) 17時35分

いわなっちょさん
 こんばんは。
 2日間本当にありがとうございました。いわなっちょさんがいなかったら確実に逢えていないイトウです。
 それにしても楽しい2日間でした。おそらく一生忘れられない釣行になると思います。
 まだまだ、秋、初冬の釣りは続きますね。寒気が押し寄せてくると思いますが、寒気を歓喜に変えたいですね。
 また、大河に行き、ロマンを追いましょ!!

投稿: 管理者 | 2010年10月20日 (水) 17時38分

二日間のドラマが目に浮かびます。

納豆もかき混ぜない、
あきらめの早い私ですが

来週は北の大河か北北東に出撃するぞー。

投稿: pastoral | 2010年10月20日 (水) 19時22分

こんばんは! 初めてコメントします。
96cm イトウおめでとうございます!
しかし、大きくて迫力がありますね!すごいです・・・
イントルーダーも美しく巻かれていて
物凄く勉強させられます。
これを機に、Mオーバー・・・
頑張ってくださいね・・・(^^)V

投稿: 雷電 鷹 | 2010年10月20日 (水) 20時46分

やったー!
おめでとうございます!!

ほんとに私も嬉しくて、口ポカーンでしたよw

写メもありがとうございます。
メールが来るたび、デカイイトウと嬉しそうな顔したCFFさん(勝手に略さないでください・・)が出てきて
幸せな気分になることでしょう♪

あー、なんかいい気分
良かったな~
信じていれば、次は夢のメーターオーバーですね

一緒に信じて待ちましょー

投稿: やし | 2010年10月20日 (水) 23時31分

pastoralさん
 こんばんは。
 何度、やめようと思ったことかわかりません…。粘ってよかったとと思っています。
 来週頑張ってください。情熱はきっと伝わります!

投稿: 管理者 | 2010年10月21日 (木) 16時54分

雷電 鷹さん
 こんばんは。はじめまして、コメントありがとうございます。
 これからもよろしくお願いします。
 これを機になんとかメーターまで頑張りたいのですがきっとここからまたハードな修行になると思います。でも、戦略を練って頑張ればきっと自然は応えてくれると信じて頑張ります。

 話は変わりまして、Club入会の件ですが、お送りいただいたアドレスに返信をしているのですが、メールを送ることができません。アドレスをもう一度連絡していただけますか?よろしくお願いします。

投稿: 管理者 | 2010年10月21日 (木) 16時57分

やしさん
 こんばんは。ブログに写真を載せていただきありがとうございました。嬉しいです。
 釣れた喜びを共有することができる釣り人同士でいたいですね!これがきっと釣りのいいところだと思うんです。
 メーターアップを目指して、信じて頑張ります。過酷な修行になると思うんですが、それを乗り越えればまた歓喜が訪れることを信じて頑張ります。

投稿: 管理者 | 2010年10月21日 (木) 17時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191232/49787757

この記事へのトラックバック一覧です: イトウ巡礼②~イトウバム~:

« 日刊!!イトウフライ 8号 | トップページ | 日刊!!イトウフライ 9号 »