« オホーツク秋の釣り風景 | トップページ | 日刊!!イトウフライ 2号 »

2010年10月11日 (月)

日刊!!イトウフライ 創刊号

 いよいよ、秋から初冬のイトウ巡礼がスタートしようとしています。

 巡礼のスタートは来週を予定しています。

 「イトウに逢わせてください!」と願いを込めてフライをタイイングしています。

 ひとりであ~でもない、こ~でもない、あの色はあんときよかったから巻いとこ、あの色もあんな状況のときとかったから巻いとこ、こんな状況も予想できるからこんなのも巻いとこ…。

 あ~、とりとめがない。まとまりがない。

 イントルーダスタイルを基本として、あれやこれやとタイイングしていますので、今日から巡礼のスタートの日まで「日刊!!イトウフライ」を毎日更新していきます!

 って、「日刊」なんて大丈夫か?」と自問自答しています。なにせ気分でタイイングしたりブログを更新する人間ですから私…。

 でも、イトウへの強い想いを自分自身にも知らしめるため、強い決意を持ってイトウ用フライをタイイングして、公開していこういう魂胆でいますので、よろしくお願いいたします。

 記念すべき創刊号はこちらのフライ。

P1120811

フック:オーナーSSW#4
シャンク:ウォディントンシャンク25㎜
テール:(アンダー)ヒグマ (オーバー)カシミアゴート ダイドブラウン
ボディー:(アンダー)ラガータン ミニゴールドフラットブレード 
      (オーバー)ヒグマヘア ゴールドワイヤをダビングループにしてヘアをリブ
スロート:センヨーズレーザータブ オレンジ
ウィング:ヒグマ
ハックル:コック・デ・レオン ダイドジンジャー 

 今年、絶好調のヒグマのヘアをふんだんに使った一本。

 水に入るとアンダーボディーのゴールドがヒグマの金色の光と相まって、なんかいい感じになる予定。

 センヨーズレーザータブも注目のマテリアル。紫外線を受けるといい感じで光るらしい…。さて、威力のほどは…。

 こんな感じで、毎日一本ずつ巻きためているイトウフライを紹介していきますので、お時間があれば、ブログに遊びに来てください。

 フライの感想など、お気軽にコメントして頂けると嬉しいですので、よろしくお願いいたします。

|

« オホーツク秋の釣り風景 | トップページ | 日刊!!イトウフライ 2号 »

コメント

今年もいよいよ時期が来ましたね!!
私もフライを巻いて行こうと思っていたところですよ(^_^)
イントルーダーのフックを接続するひも??はどの様にボディに固定しているのか教えてください!!
現地でお会いしましたらよろしくお願いしますね!!

投稿: aki | 2010年10月12日 (火) 08時29分

こんにちは
中々釣りに行けない日々を送っておりますkamishi320ですw
ウォディントンシャンクなど色々揃えましたが、頭の中がゴチャ×2になり未だ一本も巻けてないないですw
クレイジー様のを手本に練習してみますねw
「日刊!!イトウフライ」楽しみにしておりますねw

投稿: kamishi320 | 2010年10月12日 (火) 09時33分

ごぶさたいたしており鱒。
いまや本州にはイトウもヒグマも生息はしておりませんが、活動圏内での中物をゲットしたいので参考にさせていただきま~す。
日刊??!!ガンバです!
ただ、マネしようにもヒグマは手に入りません。
ぜひ、市販品での代用提案もお願いたし鱒。

投稿: ロバ君 | 2010年10月12日 (火) 19時13分

akiさん
 こんばんは。いよいよ幻の季節がやってきました。寒さが厳しくなりますが、お互い頑張りましょう!
 イントルーダのフックループはワイロンを使っています。とりつけ方は、ウォディントンシャンクにスレッドでグルグルに固定すれば抜けることはありません。非常に簡単にフリーフックシステムになりますのでお試ししてみてください。

投稿: 管理者 | 2010年10月13日 (水) 19時53分

kamishi320さん
 こんばんは。秋のビッグゲームの季節ですね。
 私もいつも頭の中がぐちゃぐちゃですよ(笑)なに巻こうか、どのマテリアルを使おうか、混乱につぐ混乱…。私のフライは混乱の中から生まれて来ているのかもしれません(笑)

投稿: 管理者 | 2010年10月13日 (水) 19時58分

ロバ君さん
 こんばんは。
 ヒグマはポーラーベアと同じような輝きをしますのでポーラーベアで代用がきくと思います。アイスランディックシープやヤクヘアでもいいと思います。
 日刊はちょいときついかなと思っておりますが、自分の中でイトウへの想いを高めるためにもやってみることにしました。よろしくお願いいたします。

投稿: 管理者 | 2010年10月13日 (水) 20時03分

これ、イトウだけじゃなく色々と引きつけそうな感じがして良いですね。
レーザータブ私も色々と仕込んでみています。
ヒグマはやはり猟やっている方経由で入手されたのでしょうか??
色々と当ってみたが、今の所入手出来ず( ̄○ ̄;)
素材変えてちょっと似たようなの巻いて見ます。

投稿: ゆうぴょ | 2010年10月13日 (水) 23時15分

ゆうぴょさん
 こんばんは。
 ヒグマはきちんと資格を持っている猟師さんから譲ってもらいました。毛皮屋さんに問い合わせてみるといいかもしれません。
 ヒグマは水に入ると金色に輝いてなんとも言えない雰囲気を醸しだしてくれます。いいマテリアルです。 レーザーダブも注目です。どこまで魚を誘ってくれるか楽しみです。

投稿: 管理者 | 2010年10月13日 (水) 23時33分

ありがとうございます
やはりそうでしたか、毛皮関連で少し探って見ます。
レーザータブは、今シーズン始めから使ってますが、私は有ると多少違うように感じています。
タブが多少ですが水分含むと発熱するので
私はなるべくベタ底にならないように使ってます

投稿: ゆうぴょ | 2010年10月14日 (木) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191232/49716150

この記事へのトラックバック一覧です: 日刊!!イトウフライ 創刊号:

« オホーツク秋の釣り風景 | トップページ | 日刊!!イトウフライ 2号 »