« 第2回タイイング会無事終了 | トップページ | 日刊!!イトウフライ 創刊号 »

2010年10月 9日 (土)

オホーツク秋の釣り風景

 こんばんは。久しぶりのブログアップになりました。

 いやいや、当たり前のことですがなんやかんや忙しくて、ここのところフライも巻いていないし、釣りにも行ってませんでした…。

 一部の皆様からは、「ブログアップしていないけど生きてるの?」的なメールも頂いたりしておりまして、こんなことを言って頂けるだけで嬉しいわけでして、ちょっと「北の国から」の純君的な口調になってしまっているわけで…。(←そんなこと、ど~でもいい…。)

 私は、いたって元気でございます。頭の中には常にフライフィッシングのことがグルグル回っていますのでご安心ください。(←って、誰も心配していないか…)

 さてさて、今週は仕事を1つやっつけて、3連休となりました。仕事頑張ったから海の神様が魚を釣らせてくれるんじゃなかろうかと、まったくの他力本願にて、海に出撃してきました。

 ねらいは、この時期ですから「サケ」ですね。

 ここにきて、サケ大漁との噂。あっちこっちで魚が沸いている。どこそこで○○本。

 といった、情報が飛び交っております。

 一気にサケが押し寄せてきているビッグチャンス!

 いつものポイントに向かったのでした。

P1120803

 おそらく最強の釣法であろうウキルアーのおじさんたち(←自分もおじさんだろ…。いや、今日はおじさんたちから「兄ちゃん」って呼ばれたもん!)。

 実は先週、所用の帰り道、超激戦地(←フライを振れるような場所ではありません…あの状況でフライを振ったらたぶん殺されると思います…)にて友だちにウキルアーとやらを借りて初めてウキルアーでサケを一匹釣った(←釣りに行ってるじゃん!)のですが、これを考えた人はすごいなぁと思いましたね。

 ウキ、まぁフライで言ったらマーカーですな。その下にルアーがくっついていて、タコベイトっていうのかな、なんかフライみたいなヒラヒラしたのがくっついていて、そしてさらにエサまでつけちゃんうんだから、すべての釣りのいいところをドッキングしたみたいな釣りでございました。

 「百聞は一見にしかず」とよく言いますが、この初体験によって、「ウキルアー最強論」が私のなかで芽を出しつつあります。

 でも、今日はもちろんフライでございます。フライで釣れるスペースがありましたし、スペースがなかったらスペースがある場所に行けばいいわけですね。

P1120799

 しばらくぶりにG・LoomisのGLXを使用。

 大海原へフルキャスト!

 調子こいてフルラインを出しましたが、そこまで飛ばす必要は全くなし…。だってすぐそこにサケの群れが…。

 いくぶん、ブナがはいっているようで海水中では茶色っぽく見えました。今年実践投入したTALEXの偏光グラスはすごい!

 偏光グラスをかけなくても、水中の魚が見える私のバカ目にTALEX。

 「見えすぎちゃって困るの~」

 隣のおじさんにも群れが来たよ~って教えてあげました。

 「兄ちゃん。よく見えるな~。そのメガネいいのか?」

 「最高です!」

 「オレのは100均のだからなぁ~。ただ(レンズが)黒いだけじゃだめか~」

 『ダメだと思います…(心のつぶやき)』

 と、群れが回ってくる様子は手に取るようにわかるのですが…。

 全然、喰い気なし…。

 まったく、口を使わない…。

 フライの色をとっかえひっかえしても、な~んも反応なし…。

 午後から夕方暗くなる寸前まで頑張ったけど、ボウズ…。

 他力本願の海神様に頼みっぱなしがよくなかったのか…。

 こんな日もあるさ…。

 でも、まぁいいや。一期一会の出逢い、ウキルアーのおじさんたちと楽しい話もできたしね!

 久しぶりにダブハン全力キャストも気持ちよかったし!

 夕焼けに染まる空とオホーツクの秋の釣り風景が、な~んか、「いい感じ~」だったしね。

P1120801

 さ~て、秋の釣りステージの始まり。

 どんな魚と釣り人と出逢えるかな…楽しみ楽しみ。

|

« 第2回タイイング会無事終了 | トップページ | 日刊!!イトウフライ 創刊号 »

コメント

こんばんはぁ~
クレージーフライフィッシャーさんも坊主でしたかぁ~
私も最強浮きルアーでアキアジ漁に行きましたが、一回もロッドを振らず
帰ってきて近所の川でチビッ子の鱒さんたちに遊んでもらってました。

G・Loomis GLXカッコイイ・・・

投稿: Hiro | 2010年10月 9日 (土) 21時38分

Hiroさん
 こんばんは。今日はオホーツク全体が良くなかったのでしょうか?そんなことはないと思うのですが、ダメでした〜。食い気なしです。
 私も近隣河川にエスケープしようと思ったのですが、あれだけ魚見えていたら粘っちゃいます。
 ルーミスのロッドいいですよ!キヤノン砲のように飛んでいきます。

投稿: 管理者 | 2010年10月 9日 (土) 22時47分

おはようございます。
スイッチが入っていないと難しいそうですね。
私も先日ニジマス狙いでオホーツクの河川に行きましたがごっちゃりと鮭がいたので全く釣りになりませんでした。

本格的な秋のステージが始まりましたね。一先ず来週のイトウ巡礼楽しみにしております。

投稿: いわなっちょ | 2010年10月10日 (日) 10時03分

いわなっちょさん
 こんばんは。いやーまったく食い気なしでした。魚が見えて、テンションはアゲアゲだったのですが…。 まぁ、また行ってみます。近場なので。
 来週のイトウ楽しみにしています。フライを補充しておきます。

投稿: 管理者 | 2010年10月10日 (日) 17時10分

こんにちわ
河口の海岸線にサケ狙いの投げ竿がずら~っと並ぶのは、
やっぱり北海道独特の秋景色だと思いますね。

こちらはシーズンオフに入ってのんびり気分の毎日です。
フライの補充は年が明けてからかなぁ。

投稿: イシシ | 2010年10月12日 (火) 12時42分

イシシさん
 こんばんは。
 有名ポイントは正に竿が林立しています。北の幻を狙いに行く道中の海岸は竿の列が連なっています。サケは人を狂わせる魅力を持っています。この時期だけ釣りをする人が大勢いると思います。
 こちらはこれから結氷まで熱いシーズンが続きます。イトウにアメマスに私も実践フライを巻かなくては。

投稿: 管理者 | 2010年10月13日 (水) 19時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191232/49694498

この記事へのトラックバック一覧です: オホーツク秋の釣り風景:

« 第2回タイイング会無事終了 | トップページ | 日刊!!イトウフライ 創刊号 »