« 日刊!!イトウフライ 2号 | トップページ | 日刊!!イトウフライ 4号 »

2010年10月13日 (水)

日刊!!イトウフライ 3号

 さて、今日は…。

P1120815

フック:オーナーSSW#4
シャンク:ウォディントンシャンク25㎜
テール:(アンダー)ポーラーベア ダイドオリーブ
     (オーバー)カシミアゴート ダイドオリーブ
ボディー:(アンダー)フラットブレードコパー 
      (オーバー)センヨーズレーザーダブ オリーブとイエローをミックス
スロート:センヨーズレーザータブ オリーブとイエローをミックス
ウィング:アイスランディックシープ ダイドチャートリュース
      ヤクヘア ダイドオリーブ
アイ:ジャングルコック

 万能のオリーブ基調のフライ。なぜか釣れるこのカラー。

 アイ周辺にセンヨーズレーザーダブを厚めに巻いてヘッドを形成。太陽光を受けて魚を誘ってもらう魂胆。

 自分なりに、釣れそうな雰囲気がある一本です。 

|

« 日刊!!イトウフライ 2号 | トップページ | 日刊!!イトウフライ 4号 »

コメント

私も最近レーザータブ多用しています。
素材を上手く使っているフライでいいですね

投稿: ゆうぴょ | 2010年10月13日 (水) 20時22分

ありがとうございます。
先日、EUMERのolli olamo がtubeflyのデモで使用していたNUTRIAの毛も少し太めですがいい感じでした。
書き込みに返事しながらの日刊。大変ですね。
みなさ~ん、もっと質問しましょ~(笑)
明日からも楽しみにしています。ガンバ!

投稿: ロバ君 | 2010年10月13日 (水) 21時22分

ゆうぴょさん
 こんばんは
 レーザーダブの威力を発揮してほしいのですが、目論見通りにいくものやら…。実釣での楽しみが増えます。

投稿: 管理者 | 2010年10月13日 (水) 23時36分

ロバ君さん
 こんばんは。
 いやー皆さんにいろいろと感想いただだけるのうれしいですよ!
 ヌートリアはまだ使ったことがありません。獣毛も深い世界で面白いですよね。
 どんどんタイイングの幅が広がって行けばいいなぁと思っています。

投稿: 管理者 | 2010年10月13日 (水) 23時39分

これまた釣れそうなカラーリング!
少なくともボク自身は、パックリいきますね。(笑)

ボクもこんな感じのフライを巻いていて思うのですが、テールとウィングの一体感を出すのが難しくないですか?
ちょっと張りのあるマテリアルなら、意図したとおりのシルエットになるのですが、柔らかいマテリアルで巻くとリトリーブの切れ目でウィングとテールが離れてシルエットが崩れてしまう・・・
ひとつ前のブルー基調の1本は、マテリアルの量の加減かウィングとテールに隙間はありませんが、1号と3号は僅かに隙間がありますよね。(決して、それが悪いと言ってるのではありません。念のため。)

エンジェルヘア(化繊)を用いたフライで、シーバスを狙っていてテールとウィングが開いたフライは食いが悪かったので、ボク自身のテーマなのです。

投稿: kuni | 2010年10月14日 (木) 18時37分

kuniさん
 こんにちは。
 確かにテールとウィングに一体感を出すのはなかなかに難しいです。これは永遠のテーマかもしれません。
 私の場合、シャンクとウィングが離れるのがいやなんです。いわゆるフックベンドから沈んでいきフライのバランスが崩れるのを避けたいと思っております。
 このフライもそうなんですが、アイ付近にレッドワイヤを巻き込んでアイから、もしくは平行にフライが沈んでいくようにしてあります。そうすると、テールとウィングもある程度ですが一体感をもって泳いでくれるように感じています。
 フライの各部位が一体となって泳いでくれるのが一番ですね。マテリアルを適材適所に使用して、試行錯誤のくり返し…。タイイングの修行は永遠に終わりませんね。
 これからも、このようなトークをブログ上で行っていきたいですね。ツイッターもとても簡単にトークができるのでおすすめです!

投稿: 管理者 | 2010年10月15日 (金) 16時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191232/49716650

この記事へのトラックバック一覧です: 日刊!!イトウフライ 3号:

« 日刊!!イトウフライ 2号 | トップページ | 日刊!!イトウフライ 4号 »