« 4年目を迎えて | トップページ | 30万アクセスへの感謝 »

2010年11月16日 (火)

Old Spey Style Fly

 「オールドスペイスタイル」それとも「クラシックスペイスタイル」と言った方がいいのかな…。このへんの解釈はきっと星の数ほどありそう…。

 「トラディショナルフライ」と言っても良さそうだし…。

 何はともあれ、私はこのブラックキングやレディーキャロラインなどに代表されるスペイスタイルのフライが大好きなんですな!

 なんかこう、どこからともなく漂う古き良き時代の雰囲気。

 これぞトラディショナルフライという風格。

 そして、なんとな~く極上のスコッチの香りが漂ってくるようなそのたたずまい。

 これらすべてが、ぎゅ~っと詰まっておりまして、まぁ一目見たそのときから惚れ込んでいたフライたちなんです。

Dvc00029  

 今、古くから伝わるスペイスタイルが熱いのだ!といって拳を高々と振り上げてみたりもしているのですが…私だけですね…きっと。
 

 なぜかとある時に、スペイフライをたまらなく巻きたくなることがあるんです。
これを、「突発性スペイフライ巻きたい症候群」と個人的には呼んでいるのだが、秋口や春先など大河に足を運びたくなるときに発症することが多いのです。

 スペイフライは大河の釣りによく似合う。そして優雅にスペイキャストなどしてフライをゆっくり流れになじませて、魚が釣れたらこれ最高。う~ん、いいですなぁ。

 フックにもちょいとこだわっちゃう。

 夏のアメリカ旅行、シアトルのフライショップで見つけたアレックジャクソンのスペイフック。

Dvc00030
 かっこいいでしょ~これ~。

 なんか、このプロポーションを見ているとぞわっとするのは、すでにビョーキがかなり進行している証拠でもあるのですが、このフックはやっぱりいいぞ。

 店頭に並んでいるのをほとんど全部買い占めてきた。

 店長に

 「Are you crazy?」

 めいたことを聞かれたので、満面の笑みで

 「Yes!I am Japanese crazyflyfisher.」

 って答えてやったわけです。

 ただいま発症中のスペイ巻きたい症候群は「いわなっちょさん」との接点から発症したものであるのです。

 
 先日、お会いしたとき「レディーキャロライン」について数時間話し込んだのであります。
 おじさん二人がちょっとおしゃれな喫茶店でコーヒーなど飲みつつ、熱くフライについて語っているのだからかなり怪しい雰囲気が漂っていたに違いない。
 

 訳の分からない鳥の名前やフックの形状などなど、はたからみればやっぱりかなり怪しい。
 

 なぜ、あのフライは釣れるのか?
 釣れるからこそ現代にまで語り継がれるフライになっているのか?
 

 レディーキャロラインには、釣れる要素がふんだんに詰まっているように感じます。

 この釣れる要素を見いだすのはタイヤーそれぞれの感性だと思います。どこに釣れる要素が隠されているのか、それを見いだすのがまたおもしろいところなのですね。

 タイヤーそれぞれが違った見解を持っていいんじゃないかと個人的には思います。これだと思った要素にこだわってみる。違うなと思ったら次の要素を考える。
 そうするとクラシックスタイルのすごさが見えてくる。そうしたらますますタイイングがおもしろくなる。こういうスパイラルができあがってくるわけですね。

 最近レディーキャロラインにこだわっているのですがオリジナルレシピを見てみると、ボディーにはオリーブブラウンのウールが指定されているわけです。ウールといったら毛糸しか思い浮かばない。

 ところがいろいろ調べていくとダビング材のようになったウールがあるらしい。ここで「う~む」とうなってしまうのが、タイイングバカの宿命。どっかにないものか…。ネットや「つて」やらいろいろさぐってみる。

 探れば探るほどウールが頭から離れなくなる。手芸屋さんでウール100%でオリーブブラウンの毛糸を探す。もはやアクリルなんて入っていたら納得がいかんのだぁ~っと、半狂乱状態となって、ウール、ウールとうなっているのです。

 オリジナルレシピ通りのウールで巻きたいのだぁ!!!!!!!

 と思いきや…

 ちょっと、アレンジしてみっか…

 となるのが私の性でして…

Dvc00035  そんでもって、少し小さめのフックに普段使い用をタイイング。

 オリジナルの雰囲気を残しながらも、マテリアルもかなり変えて巻いてみた一本。

 ボディーハックルはブルーイヤードフェザントからアメリカンクートに変えてみて、スロートハックルはゴールデンフェザントからクリムゾンロゼーラに、ウィングはブラウンマラードからスペックルドフェザントに変更。

 いかがなものでしょうか?

 ツイッターでもスペイフライについてぶつぶつつぶやいていますのでよろしくお願いします。

 さぁてと、今度は何巻くかなぁ…?

|

« 4年目を迎えて | トップページ | 30万アクセスへの感謝 »

コメント

このフックって、日本ではDAIICHI 2050として販売されていますよね? 大型の3/0がないのと、黒と金しかありませんが。
とにかく、形は最高ですよね

投稿: T | 2010年11月16日 (火) 23時44分

こんにちわ。

クレージーさんの、オリジナルレシピで巻きたくなるこだわり・・・わかる気がします。

アレンジも、流石クレージーさん!


スペイフライ巻くのは苦手ですが、好きです。

投稿: mattu | 2010年11月17日 (水) 11時41分

僕も スペイフライ巻くのは 大好きです、 あのスタイル めちゃくちゃ カッコイイじゃないですか〜〜 『関西では使う事ないのに!!』なんて言われながら ・ ・ ・

投稿: 飲ん兵衛タイヤー | 2010年11月17日 (水) 15時33分

カッコいいですよ~ 
良い形してます  痺れますわ!!!

投稿: あっき | 2010年11月18日 (木) 07時51分

なんてタイムリーな!
ボクも最近、レディキャロライン巻きたくて困っております。^^;
でも、やっぱり(巻く腕のことは棚上げして)フックは重要な気がして、スペイフックが手元にないという理由だけで巻けずにいます。(笑)
TMC202SPも、シルエットの綺麗な鉤なのですが、うっかり先日「アクロイド」を巻いて使い切っちゃってしまって欠品中。

フック買わなきゃなぁ。

投稿: kuni | 2010年11月18日 (木) 12時30分

Tさん
 こんばんは。
 アレックジャクソンはダイイチの2051なんです。2050とはちょっと形状が違うんです。
 この手のスペイフックはとてもいいプロポーションだと思います。スペイフライがかちっと決まるフックだと感じています。

投稿: 管理者 | 2010年11月18日 (木) 17時27分

mattuさん
 こんばんは。
 レディーキャロラインのようなトラディショナルフライをアレンジしていいのかどうか疑問符がつくのですが、やっぱりやりたくなるんですよねぇ。
 大河で活躍してくれるスペイスタイルはやっぱり好きだなぁ。

投稿: 管理者 | 2010年11月18日 (木) 17時29分

飲ん兵衛タイヤーさん
 こんばんは。
 使う機会がなくてもやっぱり巻きたくなるフライですね。
 何かやっぱり伝統が凝縮された雰囲気がたまらなくいいですね。

投稿: 管理者 | 2010年11月18日 (木) 17時32分

あっきさん
 こんばんは。
 多分なお褒めのお言葉ありがとうございます。
 調子に乗りやすい性格なのであまりほめないでくださいね(笑)
 こんなことばっかりやってるからタイイングキチガイって言われるんですよね…。

投稿: 管理者 | 2010年11月18日 (木) 17時34分

kuniさん
 こんばんは。
 TMC202SPもいいフックですね。このフックも手元にストックがないと精神不安定になります。
 フックのプロポーションがどうしても気になって、フライのできあがりのかっこよさってやっぱりフックの形状が関係してくると思うんです。
 フックの形状とマテリアルのバランス、そしてトータルコーディネイトをすることが大切だなと最近感じています。

投稿: 管理者 | 2010年11月18日 (木) 17時37分

こんばんは

一時期、2050も品不足になって入手困難だったような
独特のベンドカーブが何とも言えないプロポーションを生み出しますよね
ブルーイヤーフェザントの代用にヘロンを使いますが、やっぱ質感が違いますね

投稿: H爺 | 2010年11月18日 (木) 19時11分

こんにちは。
オリジナルの雰囲気を残しつつカッコイイアレンジですね。

今回の釣り旅はトラディショナルパターンの恐るべし効果を実感できた釣行でした。

投稿: いわなっちょ | 2010年11月19日 (金) 13時21分

H爺さん
 こんばんは。
 2050はだいぶん在庫があるようになってきましたね。このフックまでなくなっちゃったら、ちょいと困ります。
 ブルーイヤードフェザントいいですよ。コンプリートで持っていて損はないと思います。

投稿: 管理者 | 2010年11月22日 (月) 17時13分

いわなっちょさん
 こんばんは。
 おかげでスペイスタイルフライタイイングしたい症候群が発症しました(笑)
 ブルーイヤードフェザントはどうですか?
 トラディショナルフライが現在まで受け継がれてきた理由がわかりますよね。やっぱり釣れる要素が詰まっているんですよ!!

投稿: 管理者 | 2010年11月22日 (月) 17時15分

ご無沙汰しています!カッコイイ針ですね~~!
この緩いアールが何とも良いです日本では買えないのですか?良いですこの針。

最近はDee系ばかり巻いていますがシャンクの長い針
が無く少し短長で・・・ですがこの針で巻いてみたいですね~!スペイフライ特集やって下さいね!!。

投稿: vega | 2010年11月23日 (火) 10時43分

vegaさん
 こんばんは。お久しぶりです。お元気ですか?
 このフック日本にもあるところにはありますよ。なかなか見つからないんですが、見つかったら即買いですね(笑)
 スペイフライ特集をやってみようかなという思いはあります。いかんせん移り気なもので…。すいません。

投稿: 管理者 | 2010年11月26日 (金) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191232/50046819

この記事へのトラックバック一覧です: Old Spey Style Fly:

« 4年目を迎えて | トップページ | 30万アクセスへの感謝 »