« 30万アクセスへの感謝 | トップページ | 静寂のアメマスの川 »

2010年11月24日 (水)

サーモンフライバトン

 西洋毛鉤さんから「サーモンフライバトン」なるものが回ってきました。

 西洋毛鉤さんとは日頃から、フライの馬鹿話をしている仲。クラブの事務局補佐も担当していただいているので、これは断るわけにはいかないのですね。

 一週間以内に誰かに回さないと、来シーズンは「ボウズ」が続くとのこと。出所もわからず、よくあるチェーンメールみたいなものではないかと思われます。

 「来シーズン」なんて言うけれど、私の場合キチガイ全開なのでほぼシーズンの切れ目がないので、どこからどこまでが「今シーズン」で、ここからが「新しいシーズン」なんていう概念は、ほとんどないに等しいのであります。

 ですので「来シーズンはボウズ」などという迷信はまったく信じてはおりませんが、せっかくここまでいろいろな方々が回してきたバトンですのでなんとか次につなげてみょうと思ったわけです。

 これまでバトンを回してこられたみなさんのフライはとても美しく勉強になりました。

 私なんかがこのバトンリレーに参加していいものか疑問がありますが、せっかく回ってきたバトンですから、次につなげるためにも、サーモンフライをアップしようと思います。

P1010465

 ディーウィングフライです。

 鳳凰アーガスフェザントのウィングを背負ったディースタイル。ウィングはバーチカル気味に乗せてあります。

P1010466

 このフライはいつか大河でスウィングさせて、でっかいマスを釣ることを夢見て巻きました。

 シルクガットアイをもったこんなトラディショナルフライ。大河に流すだけでわくわくしてきますよね。

 もう少し雪が降った厳しい季節への変わり目に本流を上ってくる「鉄頭」が頭の片隅にあります。

 とんでもない野生のパワーを秘めた「鉄頭」をこれでやってやる!!

 宝くじより確率は低いかもしれないけれど、絶対に鉄頭はいる!

 と信じています。

 というか信じてないとあんな寒風の中の釣りやってられないですよね(笑)

 さてさて、次の「サーモンフライバトン」は、Club“Water Walker”のメンバーでもあり、フライタイイングの修行に励むあっきさんに渡します。

|

« 30万アクセスへの感謝 | トップページ | 静寂のアメマスの川 »

コメント

こんばんは。
ちょっと個人的な質問で答えれなければ無理はしなくていいのですが西洋毛鉤さんって旭川の人なんですか?
たまたまクレージーさんのブログから、西洋毛鉤さんのブログを見ていたら、西洋毛鉤さんの息子さんが私と同じ競技をやっているので、ふと気になって聞いてみたんですよね。
ちなみに私は旭川在住なんですけどね。
仲間が増えそうな気がして聞いてみました。

投稿: 短パンルアーマン | 2010年11月25日 (木) 00時56分

こんにちは初めまして!uonokawaspeyと申します。
すごいオシャレですね、僕だったら鮭に使うのをためらってしまうかも。でもオシャレなフライで釣れたら感激ですね!
リンクさせていただきますね!

投稿: uonokawaspey | 2010年11月25日 (木) 08時26分

クレージーさん、お早う御座います。

アーガスの模様は良いですね~!最近はDeeタイプばかり
毎日シコシコと巻いています、このDeeは戦闘能力があると
感じてこのシリーズばかりですが少しオデブさんが・・・
やはりDeeはスレンダーバディが良いですよね!何時も
ながらカッコイイ!!フライです!。

投稿: vega | 2010年11月25日 (木) 09時13分

短パンルアーマンさん
 こんばんは。
 西洋毛鉤さんの居所については、ちょっとここでは書けないので、ご容赦ください。
 同じスポーツをやる仲間が増えるのも楽しいですよね!

投稿: 管理者 | 2010年11月26日 (金) 19時37分

uonokawaspeyさん
 こんばんは。初めまして
 リンクありがとうございます。また、釣り人の輪が広がりました。嬉しいです。
 トラディショナルなフライってやっぱりおしゃれな雰囲気がありますよね。
 こんなフライで釣れたら最高なんですが…。なかなか、簡単にはいきませんね。それがおもしろいところでもあるんですが!

投稿: 管理者 | 2010年11月26日 (金) 19時39分

vegaさん
 こんばんは。
 アーガスの羽根は魅惑の羽根です。あんなエキゾチックな模様を生み出す自然はすごいです。
 フライのボリュームをどうするかはやっぱり難しいですね。スレンダーにするか、ちょっとメタボ気味に巻くか…。タイヤーの意図が出てくるとまたおもしろくなってきますね。

投稿: 管理者 | 2010年11月26日 (金) 19時42分

相変らず、お見事です!
このウィングの幅、ボクの好みのシルエット・・・^^

この度は、せっかくのご相談だったのに、ホントに申し訳ありませんでした。

投稿: kuni | 2010年11月26日 (金) 22時42分

kuniさん
 こんばんは。
 ディースタイルのウィングの幅は気になるところですよね。細すぎても太くてもなんかしっくりこないんです。もっと修行に励んでみます。
 バトンの件は全然気にしないでください!kuniさんだったらどんなフライになるのかなぁと思った次第です。
 先日は、メールありがとうございます。近々連絡させていただきます。
 楽しみです!

投稿: 管理者 | 2010年11月27日 (土) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191232/50118883

この記事へのトラックバック一覧です: サーモンフライバトン:

« 30万アクセスへの感謝 | トップページ | 静寂のアメマスの川 »