« あけましておめでとうございます | トップページ | ぼちぼちとタイイング »

2011年1月15日 (土)

Looking for smile in Penang

 旅に出た。

 マレーシア、ペナン島へ2年ぶりに行ってきた。

 アジアの混沌に笑顔を探して…

 これが今回の旅のテーマ。

 それから、マレーシアの友人にお子さんが誕生したのでそのお祝い。

 前回、ペナン島を訪れた時、ささくれ立った心や神経がすーっと修復されていく感覚がありました。

 マレーシアの人たちはとにかく笑顔笑顔。この国の人たちに、自然に、空気に癒されに行こう…。そして、たくさんのSmileを探してこようと思い立ったわけです。

 尊敬する高橋歩さんが「旅学」という本を出しています。

 まさに、「旅」は「学」なのでありますね。

 そこに行かないと感じられない何かがあり、旅で感じた何かは、確実に自分の心を、考え方を、感じ方を大きく成長させてくれるし、そして変化させてくれる。

 何かを感じ取り、人として成長していくためには、自分の心や感性を解き放つ必要があると思います。

 せっかくの異文化に触れるチャンス。自分の殻に閉じこもっていてはダメでしょ。殻に閉じこもっていたって何も感じられずに帰ってくるだけ。

 ただ、メジャーな観光スポットを回って、満足するだけじゃつまらない。

 つたない英語を使って、現地の人と会話をしてみたり、その国の文化を肌で感じたり…。

 なんでも見てやろう 食べてやろう 触ってやろう そして、笑顔を探そう。

 妻と二人旅がスタート。

 ペナン空港から一歩外に出ると、もわっとした湿気を帯びた空気がねっとりと肌に張り付いてきました。

 これなんだよな。

 南国に来たと感じる最初の感覚。

 空港から出た時に感じるその国独自の空気感を肌で感じるその瞬間がたまらなくいい。

 一歩を踏み出すその瞬間。何を感じるのか…。自分の感性のアンテナは開いている?っていつも自問自答してます。

 まず、ひきつけられたのは、南国特有の色彩をもった花。

 学生時代、植物を専攻していた私にとってやっぱり気になるのは花。自然と花へ視線が移ってしまうのが習性。

P1130130  自然が創り上げる美に心が震える。

 P1130140  自然の美をありのままに受け取ることができる感性を…。

P1130160  見たこともない花々が迎えてくれる。

P1130144 普段、触れ合う自然とは全く質感が違った自然。

 濃厚

 濃密

 圧迫感の中の優しさ

 ジャングルに入るとそんな感覚が押し寄せてきます。

Img_3533 普段は目にしない、自然が創り上げた色彩感覚は今後のフライタイイングに大きな影響を与えてくれると思います。

    P1130164_3 こんな色彩感覚は考えてもなかなか浮かんでくるもんじゃないですよね。

 やっぱり自然から学ぶって大事。

 「自然が創り上げたものこそが美しい。我々はそこから学ぶことを忘れてはならない」

 ガウディーの言葉をいつも心にしまっておこう。

 

 「トロピカルフルーツファーム」に行ってみました。

 ここでも見たこともない果物が大量になっておりました。ナゾの果物がたくさん。

P1130191  ジャックフルーツっていうはず…。味は…表現できんなぁ…。強烈な南国風味(←テキトーだな…)

  P1130187 これは、パパイヤ。

 ひととおり農場を回ったらフルーツの食べ放題。とにかく全種類食べてみるわけです。名前もわからんけど南国テイスト全開の果物バイキング。

Img_3703

 初めての味が口の中に広がって、刺激的!

 何でも食べてみるって大事なことかも。五感をフル稼働させてマレーシアを感じてみようと思いました。

 異文化を感じるには、「食」って大切ですね。 

 こちらもはじめて食べたニョニャ料理。

 マレー料理と中華料理が入り交じった料理のようです。

Img_3269

 揚げ春巻きみたいな感じ。

Img_3289 どれを食べてもうまかった!

Img_3299  これは初体験。マンゴーに餅米を乗っけて食べます。不思議な食感ですが、これまたうまいのです。

  Img_3297

 こちらは、デザート。名前は…すっかり忘れました…。 

 ペナントいえば、屋台!

 これが、いい雰囲気でこちらもうまい!

Img_3816 この屋台には…

Img_3765  ずらっと水槽が並んでおりまして、その中には、魚やエビやカニやその他モロモロの食材が泳いでおりまして、食べたいものを料理してくれるというシステムとなっております。

 実はこの屋台には前回来たときにも連れてきていただき、今回もリクエストして連れてきたもらったお気に入りなのです。

Img_3784 最高にうまいのです!

 料理の風味とペナンの風が絶妙にマッチして、これでもかってくらいマレーシアの文化を強烈に運んできてくれるのですね。

Img_3810 釣り人の性が出てきてしまう…。

 ウグイのお化けみたいな魚とお話しをしてみる。

 色とりどりのお魚に囲まれ水族館気分です。

 さてさて、次はペナンで見たものあれこれです。

 まずは、道端にある商店。

P1130205  こういう雰囲気大好きなんです。

 おばあちゃんが笑顔で店先に座っていて、果物や香辛料がつりさげられて売られていました。

 ここで見せてもらったもの

P1130202  これナツメヤシ。

 種の周りの赤い部分からナツメオイルを絞るらしい。パッと見、スターウォーズに登場するダースモールのイメージが…。Img_3734

 こちらはカカオ。白い果肉の下にチョコレートの原料の種が入っています。

 初めて見るものにはやっぱり感動して心が震えるんだなぁ。こういう感覚が大好き。旅にきたっていう醍醐味を感じられます。

 極彩色のお寺もめぐってきました。

P1130093 これは日本にはない感覚ですね。

 P1130089 寝釈迦様とご一緒に。

 う~ん。圧倒的な迫力。

 ペナン島には、仏教、イスラム教、ヒンドゥー教、キリスト教、どれも全部が信仰対象。人それぞれが自分の信じたい宗教を信じる自由がある。

 これってすごいことじゃないかな?って思うんです。

 世界から絶えない紛争や戦争の原因のひとつに宗教は入っていますよね。

 この国の人たちは、それぞれの宗教を認めながら、そして少しずつ我慢もしながら、上手に人付き合いをしてるんじゃないかって思う。きっと、そんなに単純じゃないとは思うけど、なんかとても大人の考え方というか、豊かな考え方をして生活しているんじゃないかと感じます。

 いろいろな考え方の人を受け入れることができることって、すごく大切で、人として重要なことだと私は思います。

 たくさんの違った考え方を受け入れることができる懐の深さ、人としての優しさがここにはある。

 だからこそ、この国に行くと心が癒されるんじゃないかと思ってます。

 お次は、前回も行ってきましたが、やっぱりまた行っちゃった「バタフライファーム」

P1130220 やっぱり、ここにも自然が創り上げた美がありました。

 ↓このガよ~くみてみてください。

P1130243 わかります?翅の先端が…。

P1130245 ヘビになってます。

 きっと、鳥なんかに襲われないような擬態なんでしょうね。

 自然ってやっぱりものすごいものを創り上げてるんです。こんな神秘を感じられるだけで幸せなんです。

 長々とペナン島滞在記を書き続けてしまいました。

 異国に行くとやっぱりとんでもない量の驚きや喜びなんかがどんどん飛び込んできて書きたいことだらけ。

 そして、旅のテーマだった「笑顔」たくさん見られましたよ。

 やっぱり、旅はいいですね。

 懐の深い人になりたい。

 色々な考えを受け入れることができる人になりたい。

 見て、食べて、触って、そして感じて。「旅」はやっぱり「学」なんだよな。

 自分を高めるそんな旅をしていきたい。

 今回の旅でもとてもお世話になった友人家族には本当に感謝しています。

Img_3323_2  ありがとうございました。

 人と人のつながり、優しさとのふれあい。

 笑顔があれば、人と人とはつながっていられるんですよね!

   

 

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | ぼちぼちとタイイング »

コメント

ずいぶんと遠くに行っていたのですね~
南国と日本の温度差で風邪ひかないで下さいね~!

投稿: あっき | 2011年1月16日 (日) 16時49分

偶然ですがマレーシアには、ボクの親しい友人がいます。
ボク自身、行ったことはないのですけどね。

南国の島という意味では、ジャマイカと似た気配もありますねぇ。
あそこも道端の商店(というか、掘っ立て小屋)が、あちこちに点在してました。

バタフライファーム・・・気になります。
ヒョウモンチョウの仲間は似たような種(ツマグロヒョウモン)が日本にもいますが、写真のチョウは微妙に模様が違うし。

良い旅を楽しまれたようで・・・

投稿: kuni | 2011年1月16日 (日) 22時13分

あっきさん
 こんばんは。
 同じアジアなので近いように感じるのですが、行きの飛行機が遅れて、乗り継ぎ便に間に合わなかったりと大変でしたが、いい旅でした。
 こちらに戻ってきてやっぱり発熱しました。遊びすぎの影響ですね。

投稿: 管理者 | 2011年1月17日 (月) 16時46分

kuniさん
 こんばんは。
 バタフライファーム面白かったです。蝶に詳しい方が行けばもっと面白いと思います。
 南国の雰囲気ってなんかスローなん感じでいいですよね。ホントに帰りたくないと思っちゃいました。

投稿: 管理者 | 2011年1月17日 (月) 16時52分

マレーシア行ってたんですね、うらやましいし、また蝶の標本が増えたんでは?
ガはヨナクニサンに似てますね、 今度はセイランの生きた姿を見てきてください。

投稿: 飲ん兵衛タイヤー | 2011年1月17日 (月) 20時15分

飲ん兵衛タイヤーさん
 こんばんは。
 また行ってきてしまいました。完全にマレーシアの虜になっています(笑)
 蝶の標本はなんかちょびっと値上がりしていたので今回は購入しませんでした。
 そういえばセイランってマレーシアにいるんですよね。ジャングルのどこかに鳳凰がいると思うとまた行きたくなってきました。

投稿: 管理者 | 2011年1月17日 (月) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191232/50575076

この記事へのトラックバック一覧です: Looking for smile in Penang:

« あけましておめでとうございます | トップページ | ぼちぼちとタイイング »