« Looking for smile in Penang | トップページ | 赤 »

2011年1月17日 (月)

ぼちぼちとタイイング

 さてさて、今年もぼちぼちとタイイングを始めました。

 ハサミも職人さんに研いでもらって臨戦態勢は万全!

 そんでもってまたもやキャリー・スティーブンス10Xロングのフックをおもむろに取り出しました。

 P1130283  どちらも、キャリー・スティーブンス10Xロングですが、下がいつも使っているシャンク長およそ6センチの#2。

 上は、もっと長いフックサイズ#2/0!

 長いですよ~このシャンク。鬼のシャンク!

 こいつに美しいドレッシングを施そうと気合を入れてスタート。

 レアマテリアル「バルチェリンガレナ」を使いました。

P1130282 マテリアルは使ってなんぼ!

 使うことに意義がある!

 と、ひとり、なかば狂乱状態でこぶしを振り上げて、ホワイトとブラックの強烈なコントラスト、そして美しいパープルのエッジを持った羽根をナデナデするのです。

 いや~、至福の時間。

 いいねぇ、羽根いじり。

 この鳥さんは、「Rare and Unusual Fly Tying Materials Vol.1」にも掲載されております。

P1130286 この本は、何度開いてもワクワクドキドキの連続。

 まさに、夢と希望、そしてフライのインスピレーションを与えてくれる、飛び切りの1冊。

 P1130260 こんな鳥がそこいらを、トコトコ歩いていたらと考えるだけでコーフンしてきます。自然が創り上げるものってどうしてこんなに美しいのでしょう。

 パープルエッジがきいた刺激的なこの羽根をどうしていこう…。

 まずは、ウィングの組み立てから始めます。

 ダイドされたサドルハックルを取り出しては、バルチェリンガレナと合わせていく。

 「あ~これも違う。」

 「こっちも、合わない。」

 あれもだめ、これもだめ。

 試行錯誤を繰り返していると、

 「おっ!」と感じる組み合わせが見つかります。

 この 「おっ!」と感じる瞬間がたまらないのですよ!

 ピカッと自分の感性と合致したときの喜びといったら、そりゃ~もう、

 これだぁ~!!!!!って叫びたくなります!

 自分の感性を最大解放、今まで見てきた自然色の配色、妻に付き合って洋服屋さんを回っているときにさりげなくカラーコンビネーションを観察したり…。

 今の自分の感性に正直に、きれいだなと思う直感を頼りに、徒然なるままに巻いていく…。もちろん、そこいらじゅう羽根だらけになりますが、これが至福の極み。

 そして、少しずつ全体が見えてくるとドキドキ感がこみあげてきます。

P1130271_2  ボディー近辺はこんな感じ。

 3色のシルクフロスを使ってちょいとゴージャス気分。

 ガレナのいいところを最大限に発揮させてあげたい…それが第一目標。

 ボディーもチークもあれやこれやと、鳥をいじりまわして、ジグソーパズルをくみ上げていくような感覚。

   徒然なるままに…自分の感性に正直に…、そしてガレナを生かす…。

             考えるな…感じろ…

 P1130272  自分が「これだっ」て感じられるフライが出来上がるとものすごい高揚感が湧き上がってきます。

P1130262  う~ん、やり遂げた。

 精一杯がんばった。

 究極の自己満足かもしれませんが、やったぞ~って感じ。

 ふぅ~。精も根も尽き果てました。

 今日はこれでおしまい。疲れたました。

 仙豆をください…。

 

 

|

« Looking for smile in Penang | トップページ | 赤 »

コメント

子供を連れて動物園に行ったりもしますが、
クジャクとかパロットとかフラミンゴとか鳥さんの近くと行くと、
目つき?が変わったり、羽根を毟りたい衝動?に
駆られてしまうのはやっぱり私だけでしょうか?

投稿: イシシ | 2011年1月18日 (火) 09時36分

こんにちは。
仙豆が必要なくらい…疲れますよね~(笑)
素晴らしい色の組合せって感性豊かじゃないとできません。
(マテリアルを大量に持っていることも重要ですね)

いいなぁ。こんなフライでイトウを釣ってみたいものです。

投稿: いわなっちょ | 2011年1月18日 (火) 10時09分

イシシさん
 こんばんは。
 私も動物園に行くと鳥のゲージの前で立ち尽くしてしまいます。落っこちている羽根が欲しくて欲しくてたまりません。
 これはやっぱりフライフィッシャーの習性だと思います。

投稿: 管理者 | 2011年1月18日 (火) 16時59分

いわなっちょさん
 こんばんは。
 夢なんですよね~。10Xロングのニューイングランドスタイルフライでイトウを釣ること。
 流れの強いところでスウィングさせて釣ってみたいものです。いつかは、がっちりとイトウの口にこのロングシャンクがフッキングすることを夢見てます。

投稿: 管理者 | 2011年1月18日 (火) 17時01分

こんばんは。ごぶさたしておりますぅ~m(__)m
いや~、フライに思わず「うわっ、きれ~。」
といってしまったのは何十年ぶりでしょう(笑)
芸術です✌

投稿: ロバ君 | 2011年1月18日 (火) 20時01分

こんばんは。
今日ステッカー届きました。

是非車に貼らせていただきますね。
本当にありがとうございます。

投稿: 三流剣士 | 2011年1月20日 (木) 02時54分

バルチェリンガレナ・・・生きてます、生きてます!

そして一番気になったのが、ジャングルコックのマッチング。
この微妙なカーブを見つけた時の喜びって、凄いですよね。
見なくても分かります!
反対側も、綺麗に対称のカーブを持つジャングルコックが巻いてあるんでしょ。

Excellent!!

投稿: kuni | 2011年1月21日 (金) 08時51分

ロバ君さん
 こんばんは。こちらこそご無沙汰しております。
 いや~自分のフライを「きれい」なんていっていただけるとホントに嬉しいです。
 まだまだ、芸術の域には達してないので、修行を続けます。永遠に終わることのない修行ですが(笑)

投稿: 管理者 | 2011年1月21日 (金) 16時06分

三流剣士さん
 こんばんは。
 ステッカー遅れましてすいませんでした。いろいろと使ってください。
 車に張っていただけるのであれば嬉しいです。あちこちの釣り場にクラブの宣伝よろしくお願いします。

投稿: 管理者 | 2011年1月21日 (金) 16時08分

kuniさん
 こんばんは。
 ガレナは死んでませんか?よかった~。誰かに生きてると言ってもらえると自己満足から少しだけ脱出することができたように感じてしまいます。
 ジャングルコックもいいものがなかなか入手できなくなったのでちびちび使ってます。ほんとにいいカーブのペアをフライに使ってぴたっと来たときは快感ですよね!

投稿: 管理者 | 2011年1月21日 (金) 16時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191232/50615191

この記事へのトラックバック一覧です: ぼちぼちとタイイング:

« Looking for smile in Penang | トップページ | 赤 »