« ソフトハックルな気分 | トップページ | オホーツクブルーを探して »

2011年2月 9日 (水)

「釣るのではない、選んでもらう」

 「釣るのではない、選んでもらう」

 大間のマグロ漁師の言葉。

 心に響いた…。

 ズシッと来た…。

 すごい言葉だと思った。

 2月7日(月)に放送されたNHK「プロフェッショナル~仕事の流儀~」を食い入るように観ました。

 「釣るのではない、選んでもらう」

 その後に漁師はこう続けました。

 「出来ることはすべてやる」

 マグロに自分のエサを選んでもらうため、試行錯誤をくり返し出来ることをすべてやると言い切ったその言葉には、自然と向き合い、生活している男のすごみがありました。

 「釣るのではない、選んでもらう」そのために「出来ることはすべてやる」

 しびれました…

 鳥肌が立ちました…

 自分の釣り概念を大きく揺さぶられ、自分の考えとどことなく歯車が合わさるような感覚を覚えました。

 特に、北の幻イトウ釣りには、これほどまで自分の感情や想いと重なる言葉はないのではないかと感じました。

 共感覚

 というか

 響感覚

 こっちの漢字の方がすっきりするかな。

 イトウに選んでもらえるようなフライを巻く。

 イトウに選んでもらえるような技術を身につける。

 イトウに選んでもらえるような道具を考える。

 イトウに選んでもらえるようなタクティスを考える。

 自分は、イトウに選んでもらえるように、出来ることはすべてやっているか…?

 自問自答。

 生活がかかっている漁師と比べてみたら、自分の釣りなんてただの自己満足。

 でも、たかかが釣りだけどされど釣り。自分の人生の大きなパズルのワンピースになっていることは間違いない。

 どこまで本気になれるのか…?

 自他とも認める釣りキチガイ。イトウ狂の詩を歌い続けている、その自負は確実に自分の中に定着している。

 そして、その漁師はこうも言った。

 「自然が相手のことだから完璧なんてない。だから、1に努力、2に努力、3に勉強、4に勉強」

「努力、勉強、努力、勉強。これが結論を出してくれる。俺はそれしか考えられない」

 そうなんだ…自然相手に完璧なんて求めたらいけない。自然に溶け込み、自然と共に生き、自然から恩恵を受ける。

 こんな精神が大切なんだろうな。

 自然相手の結論は、自分の努力と勉強次第。自然と共に生きる男が自然に発せられた言葉に、はっとした。

 自然から学ぶことを忘れたらいけませんね。

 そして、人間も自然の一部であることを忘れたらいけませんね。

 すごくすごく考えさせられる内容の番組でした。

 

【告知】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイイングクラブ「Water Walker」設立1周年記念タイイング会in旭川 

日時:3月5日(土) 13:00~

場所:旭川市 グリッターさん

参加:無料

※夜は旭川の街にくりだして懇親会の予定!!こちらもぜひご参加を!!!

※お越しの際には、フライボックスをお持ちください。みんなで交流したいので!

※タイイングのレベルは全く関係なしです。みんなでタイイングを楽しみましょう!!

クラブメンバーのHiroさんもPRブログを書いてくれました。こちらもご覧ください!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« ソフトハックルな気分 | トップページ | オホーツクブルーを探して »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191232/50821498

この記事へのトラックバック一覧です: 「釣るのではない、選んでもらう」:

« ソフトハックルな気分 | トップページ | オホーツクブルーを探して »