« 川と会話するイブニング | トップページ | “切れる”日 »

2011年7月16日 (土)

晴耕雨読ならぬ晴釣雨巻

 ここのところ仕事がバタバタ…。

 やっとこ一息ついた感があるがまだまだ仕事はいっぱい…ふぅ~coldsweats01 

 ブログの更新も滞り気味。グリムスもなんかしおれてきたし(笑)

 この3連休はのんびり釣りに行こうと思っていたのですが、長雨で川は大増水で泥濁り…。7月のさわやかな青空の下でゆっくりロッドを振ろうなんて、目論みは木っ端ミジンコに…。

 この増水が収まったら、腹を空かせた鱒たちが待っているだろうことを予想して、晴耕雨読ならぬ晴釣雨巻へ。

P1150003 笹濁りの川の中へ、流してやります。このけばけばフライ。

 夜のオネェーサン風ヘアウィングフライ。

 ハックルの長さを変えたのはちょっとした意図がありまして。

 イメージしている流れが2カ所あって。2カ所ともちょいと違った流れ。

 流れが変わればフライも変わるって訳で…。まぁ、考え通り上手くいくのかは置いておいて、自分の中での戦略をカタチにしてみたんです。

 早く、増水収まらないかなぁ…。このフライを試したい…。

 先日いい感じのインディアヘンバックが届きました。P1150014_2 ヘンバックはスロートに使い勝手のいいマテリアルです。

 柔らかくてよく動くので、ゆるい流れにはもってこい。流れをイメージして適材適所にマテリアルをどう使うのか…それを考えるのがおもしろいんです。P1150018_2 ナチュラルブラックは、いい感じの黒光り。これは、夏場にもってこい。

 そんでもってこんな一本。P1150012 ちろっと、ウィングにスクイレルテールダイドチャートリュースを入れてみた。

 夏晴れの空の下このフライを流すのが楽しみです。

 あ~釣りに行きたいなぁ…。

|

« 川と会話するイブニング | トップページ | “切れる”日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191232/52222850

この記事へのトラックバック一覧です: 晴耕雨読ならぬ晴釣雨巻:

« 川と会話するイブニング | トップページ | “切れる”日 »