« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月25日 (木)

第5回タイイング会in朱鞠内

 9月4日(日)に朱鞠内湖において

 2011 北海道 スペイキャスティングトーナメント

 が開催されます。

 昨年に引き続きFly Tying Club“Water Walker”はブースを設けさせて頂くことにしました。

P1150294

 朱鞠内湖湖畔で第5回タイイング会を開催いたします。

 スペイキャスティングトーナメントが盛り上がるかたわらで、

 フライタイイングも盛り上がっちゃおう!

 って、考えております。

 トーナメントキャスターのスペイを観戦されるみなさん、応援に足を運ぶみなさん、トーナメントに参加されるみなさん、みんなでフライについて、マテリアルについて、タイイングについて、ざっくばらんにお話しましょ!

 みなさんお気軽に“Water Walker”のブースに来て下さい。

 質問などありましたらお気軽に声をかけて下さい。分かる範囲でしか答えられませんが…。

 日本一敷居の低いクラブです。堅苦しい雰囲気はまったくありませんhappy01

 きっとブースの中で、マテリアル話、フライ話、タイイング話、実際のタイイングなどしながらワイヤワイヤと盛り上がってますので、どんどん中に入ってきて下さいね。

 マテリアルも車に積めるだけ持って行きます。

 「こんなフライを巻きたいんだけど、いいマテリアルな~い?」

 なんて質問は大歓迎でございます。

 「このマテリアルいい使い方な~い?」

 なんて質問もいいですなぁ!

 質問ばかりじゃ面白くないので、とにかくみんなでタイイングしながら盛り上がる!

 これをモットーにしてます。遠慮はいりませんよ~!!!

P1150299 フリーマーケットも予定しております。

 フライ、マテリアル、各種釣りグッズなどなど、こちらも盛り上げていきたいと思いますのでお楽しみに!

 それではみなさん9月4日(日)は朱鞠内湖でお会いしましょ~!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年8月14日 (日)

キチガイ人生初

 ここ数十年、エサ釣りからルアーを経由しフライフィッシングへとたどり着き、釣りキチガイの道を爆走している私ですが、まだ釣ったことの無い魚がいたんです。

 それは…

 ブラウントラウト

 日本の在来魚ではなく、生態系を崩していると言われている魚ですが、釣りキチとして一度は釣ってみたい魚だったんです。

 それで、ブラウントラウトが住む川へこれまで何度か挑戦をしてきたんですが、なかなか釣れずにいました。

1回目は、猛吹雪。

Ca3a0146 2回目は、よいシーズンに行ったのですが、な~んの反応もなしに終わっていました。

 3度目の正直とばかりに、前夜のダルビッシュ完封勝利ファイターズ外野席全力応援によってカラダはへろへろ・くたくた、声はガラガラでしたが、釣りキチとしてブラウンに会うべく川に立ったのでした。

P1150221 猛暑日が続いて川は減水気味。

 いつもの押しの強い流れではありませんでした。

 この川をいつもガイドしてくれる、いわなっちょさん。

 今回も快くガイドを引き受けてくれました。いつもありがとうございます。いわなっちょさん。

P1150225 今回も青い空に映えるフェンウィックイエローグラス「インディアンサマー」。

 いわなっちょさんもおそろで。

P1150233 青空に伸びる2本の「インディアンサマー」

 このロッドでゆっくりと川を釣っていきました。

P1150224 川辺に咲くノリウツギがきれいで、川の中にはバイカモが揺れる、気持ちのよい川です。

 ウェットを流して釣り下ると…

 この川で、初めて感じる生体反応が!

 「おっ!ついに来た!!ブラウンか!?」

 と心躍るも、上がってきた魚はキューちゃん…wobbly

 初ヒットがキューちゃんとは…

 いやキューちゃんだって強く生きているんです。

 よくぞ我がフライに食いついてくれた!

 な~んて言ってますが、結構ショック。

 虫も結構ハッチしていて、名ガイドいわなっちょさんから「ドライの方がいいかも」というアドバイスを頂きシステムチェンジ。

P1150235
 何年前に巻いたかも分からない、小さなドライをティペットに結びました。

 「岸の際すれすれを狙って」

 と名ガイド。

 「あの木が倒れている向こう側」

 と名ガイド。

 「あそこの草が倒れている向こう側」

 と名ガイド。

 よっしゃ!それじゃつたないキャスティング技術を総動員して岸キワッキワをトレース。

 そうすると、名ガイドの言うとおり!

 パシャパシャ、パシャパシャ、魚がドライフライに反応。

 そしたら、やっと釣れました。アブラビレ付きの魚が!

P1150227 手のひらサイズですが、嬉しい一匹。

 これ、ただのイワナですかねぇ?

 お腹がうっすらと赤くて、白い斑点も心持ち小さく多いような気がする。

 この川でやっと魚が釣れたことに安堵するとともにこの川での釣り方が見えてくる。

 しつこいくらいにキワッキワを流し続けて、そしてやっと。

P1150230 やった~!!

 ブラウン!!!

 小さくてもいいんです。何せ人生初のブラウン。

 これは、想い出に残る一匹となりました。

 きれいですね。美しいですね。茶色の背景にオレンジの斑点。

 これに会いたかった。

 やっと念願が叶いました。

 でっかい魚も記憶に残るけど、ブラウンに会いたいその一心が叶ったという喜びも心に刻まれます。

 やっぱり釣りキチだから、今度はもう少し大きめのブラウンに会いたい。

 望みは次なるステージへ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

Midsummer~暑い真夏の釣り~

 「真夏」って英語でなんちゅうの…?

 ネットの翻訳サイトで調べてみたら“Midsummer”って出てきた。

 な~んかいい響じゃない“Midsummer”

 合ってるいるのかどうかは分からないが、響がいいので“Midsummer”で行きましょう。

 昨日からすさまじく暑い…。汗だくでビッグドライをタイイングし涼しくなったイブニングに行こうかと思っていたのですが、突然の雨と雷で断念。

 そんじゃ、朝まづめを狙おうと作戦変更。

 福山雅治「あの夏も海も空も」を聞きながら川へ。

 「青い青い8月の~♬」

P1150161
 真夏の朝がやってくる。

 涼しいうちに勝負!

P1150174 今日は“Midsummer”な気分なので、フェンフィックのイエローグラス「インディアンサマー」をチョイス。

 青い空にストローカラーが映えますね。

 

P1150169 まずはビッグドライ。

 昨日、汗だくで巻いたドライ。ボディーにかくかくしかじかのマイナーチェンジを施しておりまする。

 ちょっとやそっとじゃ沈まない不沈フライ。

 目論み通り、ガンガン瀬もドンブラコッコと流れてくれる。

 フムフムいい感じ~なんて思ってたら、「がばっちょ」と水面が炸裂!

 魚の躍動がびんびん伝わってくるグラスロッド。

 楽しい~!!

 写真を撮る前にナチュラルリリース。

 川面を吹き渡る爽やかな風を感じながらスローなロッドで“Midsummer”をスローに釣る。

 なにもねぇ、こう暑いんだからガツガツ釣りしなくてもいいかなぁ~なんて。

 そんな気分の“Midsummer”Morning

P1150177 

 朝露がついた蜘蛛の巣。

 自然の芸術です。

P1150197 オオハンゴウソウも青空に向かって笑ってるし。

 な~んか今日はいい気分。青空の下のスローな時間。

P1150188 この間でっかいのをかけて、足下まで寄せたけどランディングに失敗した白泡ポイント。今日もいるかなでっかいの。

 ここはやっぱりヒグマファンシー。

P1150192 白泡の中にキャストして、流れをトレースすると、

 一撃!

 ジャンプを繰り返す銀ぴかりん。

 イエローグラスは満月に。

 今回はランディングに失敗しないように慎重にやりとり。

 今日は前回の失敗を踏まえて、ゾルクブローゲンの柄の長いネットを用意してきたのが幸い。

 無事ネットイン。

P1150183 極太のナイスファイターでした。

 P1150191 見上げると空は抜けるようなブルー。

 この一匹で大満足。

 

P1150198 スローなスローな“Midsummer”

 いい朝のひととき。

 これから、また暑くなるかな?

 暑さが来る前にいい気分で帰路につく。

 「青い青い8月の~♬」

 「あの夏も 川も 空も いつまでも忘れないよ」

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »