« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月23日 (月)

Sedonaがくれたインスピレーション

 セドナの大自然に抱かれていると、たっくさんインスピレーションがわいてきた。

 「おおっ!さすがはパワースポット!」

 『自然と語り、調和しろ』

 って教えてくれたベルロック。

 ボルテックスにいると、心が空っぽになる。いや、心を空っぽに解放してくれる…。

 だから、空っぽのスペースにいろんなイメージやインスピレーションが入り込んでくる。

 ほんと不思議な感覚だった。

 仕事のことも

 フライのことも

 人生のことも

 な~んかいろんな感覚があふれ出してきた。

 『真の心の声をきけ、それに従え』

 自分らしさをさらけだしていいんだよね。

 らしさ全開で生きていこう!

 それで批判を受ければ、自分の心の風通しだと思えばいい…。

 なんて、プラス思考になれたりして。

 心身ともにエネルギーをチャージしてもらった。

 そんでもって、セドナの自然から頂いたインスピレーションをカタチにしたい…。

 気合いを入れてバイスに向かいます。

P1150804 セドナの夕焼けが忘れられないのです。

 写真がうまくない…。

 山の稜線は燃えるようなオレンジで…

 だんだんグラデーションがかかって濃紺の青へと変化していくあの空。

 こんな自然をフライに表したいって思いたったわけなのです。

 自分のちっぽけな力でこの自然を表現するなんておこがましいかもしれないけれど、やってみようと思った。

 やりたいことをやろう。

  「真の心の声をきけ、それに従え」

 って、ボルテックスが教えてくれたしね。

 まずは、もっとインスピレーションを広げよう。

P1150997 アメリカの自然を表現するにはやっぱりアメリカンなフライがいいよなぁ。

 手に取ったのは、レイ・バーグマンの本。

 オールドアメリカンなカントリー調の雰囲気を出したい。

 何とも言えない、どことなくセピアでノスタルジックな感じのアメリカ。

 そんなアメリカの雰囲気が好きなんだな。

 フックもちょいとノスタルジックに。

P1150993
 マスタッドのフック。アメリカの会社じゃないけど、その辺はご了承下さい。

 スプロートベンドとブロンズカラーのフック、アイが「がっくん」ってなってるこのフック。

 な~んか、自分の感覚とフィットする。

 セドナの自然のカラーを思い浮かべて、ウィングをマリッドしたり、フロスを引っ張り出したり…。

 自分の感覚に素直になってみると、結構スムーズにタイイングが進んでいきます。

P1150988 こんな感じに仕上がりました。

 ウィングに夕焼け空のグラデーションをイメージ。

 細かいグラデーションもいいけど、3色で。

 この方が、オールドアメリカンスタイルの雰囲気になるかなと思った訳で。

 自然が与えてくれるひらめきを大切にしていきたいと改めて感じてます。

 また、自然がひらめきをくれるような心の状態を常に自分の中にもってなきゃいけないことを実感。

 あるがまま、自分らしく。

 背伸びをせずに。

 等身大の自分で。

 そうすりゃ、きっと自然は答えてくれる。

 そんなことをセドナは教えてくれた。

 次は、旅の終着SANTA MONICAをなんとか表現したい。

 やっぱりどことなくノスタルジックで開放的な雰囲気をフライに出したい。

 目下の目標。

 「SANTA MONICA」という名前のフライを巻くことです。

 がんばろ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

アメリカ~8日間の大冒険④~旅の終着“SantaMonica”

 8日間の旅の終着は、

 SantaMonicaへ。

 浜田省吾“AMERICA”を聞きながらどうぞ。

 ダウンタウンから快速路線バスに揺られること1時間。

 ぱぁ~っと視界が開けて、海に出た。P1150919_2 ここはすっごくいい雰囲気だった。

 大都会の中に、どこかノスタルジックな雰囲気が漂っていて、旅の終着にはもってこいかな。

Img_0805 このサインを目にしたときはやっぱりちょっと感傷的になりました。

 Img_0840 SantaMonicaは開放的。

 この日は、半袖で十分な気温。

 妻は、海辺でパチャパチャ。

 思い切りはしゃいでる。

 そんな妻の後ろ姿を見て、アメリカに来て良かったなとしみじみ。

 毎日、何かに追われるように忙しい日々。

 そんな日常をリセット。

 降り注ぐ気持ちのよい太陽を浴びて、心も体もリフレッシュ。

 うん。いい旅だった。

 何かたくさん心の勉強になった旅だった。

 大陸の自然が教えてくれたこと。

 大陸の青空に抱かれスッキリした。

 たくさんのインスピレーションをもらった。

 もちろんフライのインスピレーションもたくさん。

 これから、それをフライに吹き込んでカタチにしていきたいと思ってます。

 この旅ができたこと。

 自分にとって大きな経験になりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月14日 (土)

アメリカ~8日間の大冒険③~

 さてさて、若干間延びした感はありますが、アメリカの旅行記の続きを。

 3日間セドナで癒やされた後は、大都会ロサンゼルスへ。

 今日はベタですがBruce Springsteen“Born In The U.S.A”でも聴きながらどうぞ。

 ロサンゼルスはセドナとは全く違った雰囲気。

 大都会の喧噪。

 車社会を象徴するかのようにフリーウェイは車でごった返し、アメリカのぬけるような青空はちょいとくすんでいて…どことなくおっかないイメージ。

 でもね、びびってちゃ、な~んも得るものが無くなりそうなので勇気をだしてLA探索をスタート。

 やっぱりちょいと怖いイメージがあった地下鉄。

 でも、どこまでいっても1.5$という格安。

 ガイドさんも夜遅くならなけりゃ大丈夫って言ってたし。

 地下鉄でハリウッドへを目指す!

 途中乗り換えがあることが判明。

 大丈夫か?行けるのかハリウッド…。

 ホームで待っていたお姉さんに乗り換えの仕方を聞いてみる。

 「エクスキューズミー?」

 なんかちょっと人に訪ねるのが慣れてきた。

 簡単に乗り換えができることが判明。

 無事、ハリウッドに到着。

 地下鉄の駅から、なが~いエスカレーターを登って地上に出るとそこはハリウッド!

P1150902 大勢の人でごった返すストリート。

 静かなセドナとはまったく違った雰囲気にしばし戸惑う…。

P1150897 警察官が写真を撮ってくれるなんてやっぱりアメリカ的?

P1150895 ご存じ、スターウォーズに登場するR2D2とC3POの足形にテンションアップ!

 スターウォーズ大好き!

 本物と見間違えるようなろう人形館にも行ってきました。

Img_0689 ウィル・スミスImg_0767_2 飛行機の中でやっぱりみちゃったダイ・ハード。

 ブルース・ウィルス。

Img_0759 レイカーズのスーパースター。

 コービー・ブライアント。Img_0746_3 MJ!

 こちらのエンブレムもMJ!!

P1150893 MJのエンブレム。

 MJもハリウッドの同じ空気を吸ったんだよね。

 ハリウッドのスーパースターたちもここに来たんだよな…。

 そんなことを考えると、ちょっと背中がゾクッとする。

 スーパースターたちのエンブレムが歩道にたくさん埋め込まれている。ここで、目に焼き付いている光景があります。

 それはエンブレムを一つ一つきれいに磨いているおじさんがいたこと。言葉は悪いけどそのおじさんは地面に這いつくばっていました。一つ一つに洗剤をかけて、タオルできれいに磨いて、次のエンブレムに移動する。それの繰り返し。

 そのおじさん、両足の膝から下がなかった。

 僕はそのおじさんから一瞬目が離せなくなりました。

 いろいろな考えが浮かんできました。

 おじさんは仕事があって幸せだって感じているのかな…?

 それとも、こんな仕事しかできないって悔しい気持ちを持っているのかな…?

 どうしておじさんの膝から下がなくなったんだろ…?

 きらびやかでにぎやかなハリウッド。

 でも、こうして見えないところでがんばっている人がいるってこと…。

 忘れちゃだめだよな…。

 今の僕では、そのおじさんについて自分なりの考えを導き出すことができなかった。

 そこまで、僕の考えは広がっていないし、考える容量もないことがわかった。

 僕にとってそのおじさんがひたすらに仕事をやり続ける姿が、ものすごいインパクトとして心に残ってる。

 まだまだ、人生の勉強が必要。

 旅はやっぱり自分について考えるきっかけを与えてくれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

アメリカ~8日間の大冒険②~

 アメリカを旅した8日間。

 昨日の続きです。

 今日はEric Church“Drink in My Hand”でも聴きながらどうぞ。

 セドナと言えばボルテックス。

 地球のパワーがわき出しているところだとか…。

 自然と共に生きてきた古の人々は、地球のこういった力を感じて生きてきたんだろうな。

 科学的には何の根拠もないかもしれない。

 でも、科学的に証明する必要はあるのだろうか?

 地球のエネルギーを感じるのはその人次第。

 そこに行った人の感性によって何を感じるかが変わってくるんじゃないかな? 

 さて、僕は何を感じるのか?

 とにかく自分の心を解放しよう。

 Img_0398 エアポートメサからの風景はまさに絶景。

Img_0423
 エアポートメサボルテックスのてっぺん。

 ひたすらに居心地がいい。

 何時間でもその場所にいれるような雰囲気。

 心が軽くなる。

 心の中が真っ白になる。

 そんな場所でした。

 ぼ~っとしていると、頭がすっきりしてくる…。

 不思議な感覚。

 どこからともなく

 「真の心の声をきけ、それに従え」

 って声が聞こえてきた。

Img_0439 自然が教えてくれたのか、自分の心が真っ白になって出てきた言葉なのかそれはわからないけれど、ここにいるとそんなメッセージが聞こえてきた。

P1150790 いつも身につけているアクセにパワーを注入!

 セドナはさすがにネイティブアメリカンジュエリーの街。

 こんなのをつけていると

 「それクールだね」

 って感じで話がはずむ。

 マクドナルドのエンブレムだってターコイズブルーだった。

 ターコイズ好きにはたまらない街です。

P1150823 こちらは、4大ボルテックスの1つベルロック。

 ゆっくりと景色を見ながら登りました。P1150832_2 ここの風景も最高でした!
Img_0536 この場所でしばし瞑想…。

 ここでは、

 「自然と語り、調和しろ」

 って聞こえた。

P1150862 心を空っぽにすると何か聞こえてくるような気がした。

 いや、ボルテックスが心を空っぽにしてくれているのかな?

 だから、自然の声とも自分の声ともとれる声が聞こえてくる。

 自然と一体になれる場所それがボルテックスなのかなって感じた。Img_0609_2 エアポートメサには2回行きました。

 2回目はあまりの居心地のよさに寝転んでました。

 す~っと眠気がやってきて爆睡…。

 妻曰く「イビキかいて寝てたよ」

 まぁ…それくらい気持ちよかったってことで許して下さい。

 セドナには3日間滞在。

 まさに癒やしの街でした。

 自然に…

 人に…

 ささくれだった心を修復してくれた自然。

 心の底からありがとう。Img_0642

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日)

アメリカ~8日間の大冒険①~

 いつの頃からか…

 ネイティブアメリカンの考え方や自然観に共感を持ち始め…

 ネイティブアメリカンジュエリーが好きになり…

 セドナという土地があることを知り…

 憧れをもつようになった。

 ネイティブアメリカンの聖地。

 癒やしの街。

 パワースポット。

 とにかく、映画の中のような風景に憧れた。

 その想いを徹底的に強くしたのはこの本。

Dvc00157_2 高橋歩さんの「DON'T STOP!」

 車いすのファンキーおやじと共にROUTE66を旅する。

 旅の途中、セドナに立ち寄り、「ここには何かあるって」歩さんが言ってた。

 行くしかないないでしょ!

 一念発起!

 妻と二人アメリカへ…。

 8日間の大冒険。

 英語?

 7~8割聞き取れません!

 自分の言いたいこと?

 単語を並べりゃ通じるべ!

 行ってみなけりゃわからないことがある。

 「旅」はただの観光じゃ嫌だ。

 せっかく行く異国の地。

 異文化に触れ。

 普段とは違った食べ物を食べ。

 現地の人と触れあって。

 自然を感じて。

 自分の考え方や物事の見方を広げたい。

 「旅」は自分を成長させてくれる「学」なんだ。

 旅は出発前が一番楽しいっていうけれど、ずっとわくわく。

 セドナの自然は、

 何を教えてくれるのか。

 何を語ってくれるのか。

 何を感じることができるのか。

 心を解放しよう。あるがままで行こう。

 心で地球の鼓動を感じよう。

 自分の心に正直に、感性を研ぎ澄まし。

 地球の声を聴こう。

 自分をもっとでっかくする旅にしたい。

 そんな気持ちで出発です!

 ◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆

 成田空港からロサンジェルス空港まで9時間くらい。LAから乗り継ぎでフェニックスへ。フェニックスから車でフリーウェイをかっとばして(←ガイドさんがね)約2時間。

 乗り継ぎの待ち時間を含めて約26時間かかってセドナに到着。

 到着した時にはもちろんあたりはまっ暗。

 地球の自転よ早くなれ~!

 朝が来るのが待ち遠しい。早く景色が見たい。

 朝、ホテルの部屋から見えた景色は圧倒的にアメリカだった!

 This is the America!!

P1150702_2 映画の中のアメリカ。

 憧れのセドナの景色。

P1150719 カ~ンと乾いた爽やかな朝の空気を思い切り吸いながら、トコトコ歩いてアップタウンに向かう。

P1150735 セドナブルーの空の下、大陸の風に吹かれる。

 歩いていると風景が直接、体に突っ込んでくるような感覚。

 圧倒的な迫力。

P1150733 空が広い。

 空が高い。

 空の青が限りなく透明だ~!!

 こんな爽やかな空の下。セドナの人たちも爽やかでフレンドリー。

 ショップのおばさんと話したら、

 「誰でも一度話したらフレンドだよ」って言ってくれる。

P1150724 このおっちゃんはどうやら釣りが好きなようで、ひとしきりスティールヘッドの話で盛り上がっちゃった。

 「釣り人のリンクはワールドワイドで最強だ」

 な~んて言ったら、

 「オフコース!」

 だってさ!

 な~んか、接しやすい人たち。

 はっきり言って、話してくれる2/3はナゾ…。わからん…。聞き取れん…。

 けどね、やっぱり人と人だもん心と心はちゃんと繋がるんだよね。

 み~んな、同じ地球人じゃん!!

 なんかとんでもなく忙しかった2011年の終わり。

 とげとげした心がす~っと修正されていく感じ。

 これから、しばらくアメリカ8日間の大冒険を綴っていこうと思います。

 お時間がありましたら、おつきあい下さい。

 妻と二人で撮ってきた写真は1000枚くらいになったので、写真と共にいつものような戯れ言を続けますね!

 それじゃ、今日はこれくらいで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

あけましておめでとうございます

 あけましておめでとうございます!

Dvc00201今年もよろしくお願いいたします。

 2012年がスタートしましたね。

 新たな一年が皆さんにとって、笑顔があふれる一年になりますように。

 たくさんの釣り人が喜びを分かち合えますように。

 そして、思い出に残る魚との出会いがありますように。

 今年もキチガイ全開、フライバカ一直線で突き進もうと考えている次第です。

 いつもながらの戯れ言ばかりのブログですがお付き合い頂ければ幸いです。

 ◆今年の目標!◆

 「原点回帰!」

 自分の感性の限界を超え、自分のセンスを磨き、意図が込められた自分なりに美しいと思うフライを巻き、お気に入りのロッドで、戦略通りフライを流し、美しい魚を釣る!

 タイイング(←特にこれ!もっと修行を重ねる!)

 タックル

 タクティス

 3点を重視したトータルフライフィッシングを展開する。

 よ~し!一年の計は元旦にあり!

 みなさん今年も楽しい釣りしましょ~!!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »