« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

本流へ

 転勤してきて、はや2ヶ月。

 徒歩すぐのところにぶっとい本流が流れている。

 生活も落ち着きつつあり。

 釣りもやっと今シーズン初の躍動を味わったし。

 次は、本流行くしかないでしょ!

 っていうことで、ぶっとい本流へ。

P1160636 ダブルハンドでないと攻められないような流れ。

 本流のほとりに立つだけで胸がわくわくしてくる。

P1160652 この川のために準備したロッド。

 魔法のラインは気持ちよくフライをポイントへ運んでくれる。

 P1160650 流れは複雑に絡み合っていて…

 タルミ

 流れと流れの境目

 鏡の部分

 大石が沈んでいるであろう場所

 ピンポイントでフライを入れていく。

 お…いいトコはいったぞ…

 って感じると魚からのコンタクトが。

 小さいけれどしてやったりの一匹。

P1160642 ヒグマファンシーをがっちり咥えてくれました。

 これから、ホームリバーになるであろう川での初めての一匹。

 嬉しいですねぇ。

P1160644 ここのランもとてもいい感じ。

 でかいのがつきそうな雰囲気。

 これはいるでしょ。

P1160646 こんなフライを流してみる。

 水温が低いので、ゆっくりゆっくりスイング。

 じっくり沈めて、ここぞのポイントで3Dスイング。

 いつ暴力的なアタリが来るのか…

 一投一投に思い込めて。

 丁寧に丁寧に。

 次は…

 ガ~ン

 って、来るかな。

 胸が高鳴り、心臓が飛び出しそうになる。

 これぞ、本流の喜び。

 このラン。

 数時間かけて下ったけど…

 結局、な~んもなし。

 でも、大きな充実感が。

 ランを流し終えたときの何とも言えない脱力感。

 ふぅ~っと大きな深呼吸。

 どんだけ、緊張していたんだ自分…。P1160648 また、新しい課題が見えてきた。

 この太い流れを攻略するラインシステム。

 そして、キャスティング。

 それから、フライをもう一度考えてみなければ…。

 深場に送り込むことができて、

 なおかつ、魚を誘う揺らめきがあり、

 どんな流れにも負けずに、よく水を咬み、

 生命感が溢れるフライ。

 そんなフライを創り上げねば…

 ロッド、リール、ライン、キャスト、フライ、流し方…

 すべてトータルで考えていかないとこの流れは攻略できない。

 P1160634 ますます、フライが楽しくなってきたぞ。

 新たなステージへ自分を導いてくれる、本流との出会い。

 よっし!

 キチガイ全開でやっちゃる!! 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月28日 (月)

胸躍る始動

 でっかい仕事が終わって…

 やっと季節もいい感じで…

 でも、なんか寒くて…

 やっぱり、釣りに行きたくて。

 今シーズンもついに始まりました。

P1160569 山の木々は一気に緑。

 胸躍る、始動の時。

 川に向かう、車のなかもハイテンション!

 Lady Gagaでいきましょう!

 朝はどんより曇っていた空も、だんだん晴れ間が広がって、初夏の爽やかさが感じられるようになってきました。

P1160620 でも…

 寒いんです。風が冷たい。

 水温も低くてウェーディングしていると足がぴりぴりしてくる。P1160626_2 開幕フライはやっぱり、

 ツイストピーコックとヒグマファンシーの最強タッグ。P1160545 ロッドは、昨年作って頂いた、TeraoRod。P1160579 このロッドでニジマスの躍動を感じたいのです。

 低水温の影響か…流せど流せど反応がない。

 まだまだ、魚の活性は低い。

 そんなときは、縦方向にナチュラルに送り込んでスウィングスピードを遅くしてみる。

 核心部に触れたと思ったとき…

 ゴ~ン

 はぁ~wink

 きたぁ~up

 これだぁhappy02

 この感触を味わうために生きている!

 P1160584
 ピカピカの一匹。

 今シーズン初の一匹。

 嬉しい!

 やっと、シーズンが始まった。

 心がす~っと軽くなる。

 たまっていた淀みみたいなのがスッとなる。Ncm_0081 バッド部分のカラーリングが透明な水に映える。

 このロッドはいいです!

 ロッドを通して、水の中を感じることができる。

 まるで、水中と会話をしているみたい。

 魚をかけるとこれまた、びんびん生命感が伝わって来ます。P1160614 う~ん。

 いいねぇ。

 これだね。

 やっぱり釣りはいい。

 ありのままの自分に戻ることができる。P1160599 今日イチのビューティフルフィッシュ。

 ゴマゴマ。P1160601 レッドバンド。P1160610 ゴマゴマ・レインボーP1160607  ほっぺも真っ赤。P1160592 ムフフ。

 だぁ~!!

 楽しかった!!!!!

 ようやく、シーズンイン。

 今年は、どんな魚に逢えるかな。

 楽しみ楽しみ!

 キチガイの本領発揮の季節がやってきました!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月22日 (火)

シーズン間近のタイイング事情

 雪代もおさまり、各地から釣果が聞こえてくるようになりました。

 雪が多かったこの冬。

 雪代が長く続くかなぁ…なんて考えていたら、一気に上昇した気温のおかげで釣りができる状況まであっという間。

 だらだらとタイイングをしていた私め。

 やばいぞ。

 焦って実弾部隊を量産体制。

P1160493 まずは、ヒグマファンシーを10本!

 目標をもってタイイング。

P1160495
 心を込めて…

 釣れますように…釣れますように…

 祈りを込めて…

 一本一本丁寧に…

 ヒグマファンシーとの最強タック、ツイストピーコックも忘れちゃいけません。

P1160541
 こちらも、10本の目標!

P1160545 ずらっと並べてみる。

 がんばった…

 一人悦に浸る。

P1160550 From Canada からのボックスの中身は…。

P1160548 こんな感じで落ち着いてきました。

 もう少し、ヒグマファンシーを増やそうかな。

P1160498_2
 こちらは、歴戦の勇者。

 何匹かけたかわからない。P1160496

 川底の石に当たってタングステンヘッドのコーティングがはがれてる。

 こいうのが、個人的に

 「いい味だなぁ~」

 って感じてるんです。

 「おお~。よくぞ頑張ってくれた」

 って感情移入しちゃう。

 ピーコックハールがびろ~んと、外れたので補修。

P1160500 ワックス効かせてピーコックハールを固定。

 これで修理完了!

 はい!また、第一線に復帰!P1160562 このナンバーワンもいい味出てきました。

 こうなってからが、ホントのフライの実力が出てくるような気がしています。

 こちらのフライはフックを研いで、戦線に復帰してもらいます。
 

 よしよし。

 これで、ニジマス用フライは一段落。

 次は、イトウフライだな。

 何巻こうかな…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月19日 (土)

すべらない話 ~タイイングワックス私的考察~

Ncm_0056 自宅から徒歩五分の川。

 あれ…

 この間まで、雪代で泥濁りだったのに…

 釣りができそう。

 やば…

 フライ巻かなきゃ。

 こんな感じでやっとタイイングにスイッチが入る私め。

 いざタイイングをしようと思うとスレッドが残り少なくなっている。

P1160525 あっ!

 ここからは、タイイングワックスに関わる超キチガイ的、戯れ言話が続きます。

 マニアックだぜぇ~。

 ワックスの話、ここまでするかってくらい、ワックスまみれでいくぜぇ~。

 終わったころには、すべらなくなってるかもしれないぜぇ~。

 なぜかスギちゃん化しております。(最近、スギちゃんにはまってるんです。ハイ)

 さて、話を戻してスレッドでした。

 新しいスレッドに取り替えるとき、必ずやっておくことがあります。

 それは、TMCの「WAX-UP Liquid」をスレッド全体にしみ込ませるという儀式。

P1160528 これをやっておくと、スレッドにまんべんなくワックスが染み渡り、マテリアルの取り付けが非常にやりやすくなります。

利点は…

少ない回転数でマテリアルを止めることができる。

すべらなくなり、確実にマテリアルを止めることができる。

「WAX-UP Liquid」を施した上から固形のワックスを塗るとスレッドへののりが 格段によくなる。

 ということで、毎度のことながら「WAX-UP Liquid」をスレッドに塗ろうとしたのでした。

 ところがどっこい。

 残量が少ない。

 よし、いつものショップに電話して送ってもらおう。

 「WAX-UP Liquid を送って下さい」

 「あれ…それってもう廃盤だよ…」

 が~ん…cryingweepcryingweep

 焦った…焦りまくった…。

 やばいこれはやばい。

 いつも使っているモノがなくなる…。

 しかも、チョー便利なモノがなくなる。いやなくなった…。

 これは、私のタイイング人生に関わる一大事!

 頭が真っ白になったキチガイはここから本領を発揮する!

 日本全国つつうらら。

 もう在庫を持っている釣具屋さんを探すしかない!

 釣具店をしらみつぶしに電話する。

 ネットで検索する。

 あらゆるコネを使う。

 そして日本全国から「WAX-UP Liquid」が我が家にワイヤワイヤと集まってきた。

P1160530 とりあえず5本確保。

 近々3本届く予定なので8本。

 これだけあれば、相当もつであろう。

 きっとこれを使い果たす頃にはTMCさんがまたイイ物を作ってくれるに違いない。

 TMC様。おねげぇ~しますだぁ~。

 「WAX-UP Liquid」を復活させてくだせぇ~。

 ついでに947BLフックも復刻してくだせぇ~。

 届いたWAX-UP Liquidを早速、スレッドに塗り塗り。P1160534_2 ビンの中に綿棒を突っ込んで、スレッドに直接すり込んでいく。P1160536 こ~んな感じにして、あとは浸透させるためにしばし放置。

 これで、準備は万端。

 さてさて、いつも使っている固形ワックスを紹介。P1160524 上段左 西洋毛鉤さん特製ワックス。粘度のあんばいがちょうどよい。万能ワックス。

 上段右 キャナルさんのワックス。手で握ると体温で粘度が高くなる。

 下段はどちらもコブラワックス。ちょっと硬め。

 最近は上段の2つを主に使っています。P1160506_2 今日は、ブラインドアイフックにスペイスタイルのフライを巻いてみました。

 スレッドには「WAX-UP Liquid」をしみ込ませてあります。

 先ほどの利点で書いたように、「WAX-UP Liquid」をしみ込ませることで、固形ワックスのスレッドへののりが格段によくなります。

 まずは、ファイヤーラインでアイを作る。

 すっぽ抜けを防ぐためワックスを効かせます。ここで使ったのは西洋毛鉤さん特製ワックス。がっちりとファイヤーラインを抑えてくれます。P1160509
 次は、バット部分。スレッドにWETDUBをよりつけます。ここで使ったのはキャナルさんのワックス。ねばねば度が高いのでファーのよりつけにはもってこい。P1160510 ボディーはウール。ウールの先っぽを止めるときにもワックスを忘れずに。

 こういうところをワックスを施したスレッドで止めると、フライの耐久性が上がってくる。

 一匹かけてばらばらになってしまうようなフライでは困ります。

 何でかって?

 フライは数匹魚をかけてからがいい味が出てくるんです。魚と流れにもまれてフライは完成すると私は考えています。P1160513 タッチダビングにはキャナルワックス。ねばねば度が高いですから、こういう作業はお手の物。P1160516 スロートハックルを巻き止めるときにもワックス。

 ここは、コブラーワックス。粘度が低いワックスをさらっと塗ってアイ付近をごわごわさせない。

 でも、ハックルを抜けないようにワックスは忘れずに。耐久性もあがります。P1160519
 そして、ウィングの巻き止めは西洋毛鉤さん特製ワックスをたっぷり施して…

 一撃でしとめる!

 そんなイメージでウィングを止めます。

 ウィングの取り付けは思い切りよく。

 狙った場所に、ばしっと!

 ウィング割れたらどうしようとか、弱気にならず、フルスイングでいきましょう!

 はい。

 そんなこんなで、ワックスを使い分けて巻いたのがこんなフライになりました。P1160539 いろいろなワックスを使って見るといいと思います。

 そのうち、自分に合うワックスが見つかると思います。

 そして、ワックスの適材適所も感覚的に分かってくると思います。

 面倒でもワックスを施してフライをタイイングすると、スレッドのムダ巻きを防ぎ、ヘッドがまとまります。

 マテリアルもびしっと滑らずに止まります。

 そして頑丈なフライができます。P1160538 このスペイスタイルフライは、北の湿原でイトウをねらうために巻きました。

 イトウの鋭い歯にも負けないようなあれこれも含まれています。

 さて、いよいよシーズンが始まります。

 ガンガン巻いて、イイ釣りしましょ~!

 P.S このブログを見てくれている釣具屋さんへ

 もし、TMC「WAX-UP Liquid」の在庫があるよというお店の皆さん。ご連絡いただけたら幸いです。ワタクシ大量に欲しいです!よろしくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 6日 (日)

タイイングはいいねぇ~

 急に暖かくなってサクラもツツジも一気に開花し、そして満開。

Ncm_0031 季節の移ろいの速度がハンパじゃない。

 新しい土地に引っ越してはや1ヶ月。

 GWも終わりを迎えてやっと地に足が着いてきたような感じ。

 まだまだ、家の中には段ボール箱がぽつぽつ。

 普段はなかなか手に着かなかった家の片付け(←要するに引っ越しの続き)をGWを利用して少し進める。

 考えてみれば、移り住んでからまだタイイングをしていない事実が発覚!

 これはタイイングキチガイとしてあるまじき状態ではないのか!

 甚だ遺憾である!

 と、セージカのように拳を振り上げてみたりするのだが、こればっかりは自分がやろうとしない限り進まない。

 この遺憾…いやイカン状態からの脱出をはかるべく、タイイングスペースの構築に取り組んだのでした。

 そしてやっと…crying

P1160486 新しいタイイングスペースができたぁ!!

 はぁ~嬉しい。

 タイイングデスクに座ると、心の底からホッと安心できる。

 やっぱり、ここが私の生きるべき力を与えてくれる場所。

 自然に自分らしさを出せる場所。

 いままでは、背中合わせで趣味の時間を過ごしていた妻とは横並びに。

 私はタイイング。

 妻は消しゴムハンコ彫り。

P1160468 デスクの前は窓。

 明るい趣味の部屋ができあがりました!

 まっさらなデスクでタイイングするのがすんごく気持ちよかったので、これからタイイングスペースは整理整頓を心がけるようにします(←いつまで続くのやら…)

P1160490 あふれるフックは移動式のかごの中へ。

 タイイングするたびに、ごそごそやっていたダビング材は、デスクの横にまとめてぶらさげました。P1160492_2 これで、かなり効率があがります。

 イメージもわきやすい。

 やっぱり整理整頓が大事ですね!

 そんなこんなで新居で初タイイングとなりました。P1160487 イトウ用フライ。

 6月のはじめからスタートするイトウ巡礼。

 今年は気合い入れていきます!

 頭にふわ~んと沸いてきたイメージをカタチにしてみました。P1160478 アンダーテールにポーラーベア。

 ラビットゾンカーのからみ止めと、きらめきで魚を誘おうという魂胆。

 おしりにヒカリモノ。

 なんかいいような気がしてます。P1160479
 マイラーチューブを止めるところ。

 ここもレッドスレッドでワンポイント。

 まぁ、あってもなくてもいいんですが…。

 なんか、あった方が魚へのアピール度が増すのではないかとここ数年の経験から感じています。P1160482
 こんな感じで、ラビットゾンカーをとりつけます。

 ゾンカーを水で少しだけ濡らすと作業がしやすいです。P1160485_2 チェーンボールアイを取り付けお目々にします。

 こいつの役割はあくまでバランサー。

 フライが着水したら頭から沈んでいくようにするためです。

 ヘッド部分は、センヨーズレーザーダブ。

 アンダーテールのポーラーベアがラビットゾンカーを支えてくれています。

 そうそう、ラビットゾンカーにも一工夫。P1160463
 スキンの部分をカッターでそぎます。

 スキンの部分が水を吸うとゾンカーの動きが鈍くなります。それを防いでやります。

 ちょいとめんどくさい作業ではありますが、ちょこちょことしたテマヒマをかけておくとフライに対する信頼度が自分の中で大きくなって、いざティペットに結ぶとき大きな自信につながります。

 この精神状態が大事。

 なかなかに釣れないイトウ。

 こんな大河で、ぽつんと立ち尽くして私は何をやっているのだ…

 と、疑心暗鬼になったときフライは万全だぞ!

 って思えると心強いでしょ。

 まっ、自己満足の世界ですが。P1160474 ルアーのカラーリングから頂いたバリエーション。

 頭が赤でボディーが白のプラグってありましたよね。

 ラパラかな?

 それをイメージしてみました。P1160473 こちらは、もろトンギョ。

 がぼぉん

 って…

 イトウが食いついてくれないかな…。

 
 やっぱりタイイングは楽しいなぁ!

 自分が落ち着ける場所があるのっていいなぁ。

 さぁて、新たな地でもキチガイ全開で突き進みます!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »