« 胸躍る始動 | トップページ | 初夏の躍動 »

2012年5月31日 (木)

本流へ

 転勤してきて、はや2ヶ月。

 徒歩すぐのところにぶっとい本流が流れている。

 生活も落ち着きつつあり。

 釣りもやっと今シーズン初の躍動を味わったし。

 次は、本流行くしかないでしょ!

 っていうことで、ぶっとい本流へ。

P1160636 ダブルハンドでないと攻められないような流れ。

 本流のほとりに立つだけで胸がわくわくしてくる。

P1160652 この川のために準備したロッド。

 魔法のラインは気持ちよくフライをポイントへ運んでくれる。

 P1160650 流れは複雑に絡み合っていて…

 タルミ

 流れと流れの境目

 鏡の部分

 大石が沈んでいるであろう場所

 ピンポイントでフライを入れていく。

 お…いいトコはいったぞ…

 って感じると魚からのコンタクトが。

 小さいけれどしてやったりの一匹。

P1160642 ヒグマファンシーをがっちり咥えてくれました。

 これから、ホームリバーになるであろう川での初めての一匹。

 嬉しいですねぇ。

P1160644 ここのランもとてもいい感じ。

 でかいのがつきそうな雰囲気。

 これはいるでしょ。

P1160646 こんなフライを流してみる。

 水温が低いので、ゆっくりゆっくりスイング。

 じっくり沈めて、ここぞのポイントで3Dスイング。

 いつ暴力的なアタリが来るのか…

 一投一投に思い込めて。

 丁寧に丁寧に。

 次は…

 ガ~ン

 って、来るかな。

 胸が高鳴り、心臓が飛び出しそうになる。

 これぞ、本流の喜び。

 このラン。

 数時間かけて下ったけど…

 結局、な~んもなし。

 でも、大きな充実感が。

 ランを流し終えたときの何とも言えない脱力感。

 ふぅ~っと大きな深呼吸。

 どんだけ、緊張していたんだ自分…。P1160648 また、新しい課題が見えてきた。

 この太い流れを攻略するラインシステム。

 そして、キャスティング。

 それから、フライをもう一度考えてみなければ…。

 深場に送り込むことができて、

 なおかつ、魚を誘う揺らめきがあり、

 どんな流れにも負けずに、よく水を咬み、

 生命感が溢れるフライ。

 そんなフライを創り上げねば…

 ロッド、リール、ライン、キャスト、フライ、流し方…

 すべてトータルで考えていかないとこの流れは攻略できない。

 P1160634 ますます、フライが楽しくなってきたぞ。

 新たなステージへ自分を導いてくれる、本流との出会い。

 よっし!

 キチガイ全開でやっちゃる!! 

|

« 胸躍る始動 | トップページ | 初夏の躍動 »

コメント

いつ?“ガ~ン”と来るか?(^^)
楽しみですねぇ(v^ー°)

投稿: jock45 | 2012年6月 2日 (土) 20時37分

お久しぶりです。

転勤されたんですね、どちらに行かれたんですか??
ロッドL2Hとお見受けしますが、スイッチですか?今度ご一緒しましょう!

投稿: いっしー | 2012年6月 4日 (月) 20時36分

jock45さん
こんばんは。
やっぱり本流の緊張感はたまりませんね。
いつ暴力的なフライをひったくるような魚に会えるのか楽しみです。

投稿: 管理者 | 2012年6月 6日 (水) 20時15分

いっしーさん
こんばんは。
転勤しました。今度は大本流の畔です。
ロッドL2Hです。スカジットで本流の釣りには最適なロッドです。今年は一緒に行きましょう!

投稿: 管理者 | 2012年6月 6日 (水) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191232/54845531

この記事へのトラックバック一覧です: 本流へ:

« 胸躍る始動 | トップページ | 初夏の躍動 »