« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

ありがとうございます~500000アクセス~

 P1160853 40万アクセスから10ヶ月…。

 50万アクセスが見えてきました。

 単純に計算してみる。

 10ヶ月だから約300日。

 一日あたり、この戯れ言ブログを訪れてくれている人数は…

 100000(人)÷300(日)=333(人/日)

 約300人!?

 えっっっ~!

 こんなにたくさんの方々が、毎日訪れてくれている。

 計算してみて改めて驚きです。

 いつも戯れ言ばかりなのに、おつきあいしてくれている方々がいらっしゃる。

 こんな嬉しいことはありません。

 ほんとにほんとにありがとうございます。

 アクセスカウンターが500000人目だった方には、これも何かのご縁だと思いますのでコメントかメールなど頂けたら幸いです。

 差し支えがなければ、メールでお名前のご住所など教えて頂ければ、なにかちょこっと気持ちばかりですが送らせて頂きます。

 ニアピンだった方もご連絡頂けたら嬉しいです。

 ピッタリさんから連絡がなかった場合500000人に一番近い方に何かお送りいたします。

 メールはブログの左、「メールを送信」から送って下さい。

 今後とも、「クレージーフライフィッシャーの雑記帳」をよろしくお願いいたします。

                                   クレージーフライフィッシャー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月28日 (木)

スペシャルシューティングヘッド作成~Chirai Special~

 徒歩5分の大河では、サクラマスが遡上中。

P1160834 人工の滝を越えようとジャンプジャンプ。

 あっ。もちろん釣ってはいませんよ。

 フィッシュウオッチです。

 自然の営みは見ているだけで心が熱くなりますね。

 それはそうと、最近のワタクシ。

 ラインの熱溶着にはまっております。

Ncm_0145_2 上手にループを作ることができると楽しい。

 コツをつかむまでずいぶんと失敗しましたhappy02

 早く溶着させたくて熱を加えすぎると…

 オーマイッガッ!!

 とろ~っと溶けてしまって、ぷっつん…。

 ポイントは、仮止めができたらヒートガンアタッチメントの角を使うことでした。

 そんでもって、イトウ特別仕様

 “ChiraiSpecial”Ver.CrazyFlyFisher
 

 シューティングヘッドを作成中。

 これまでは、市販のシューティングヘッドを使用してきました。

 市販のヘッドには何の文句もありません。だって、幾多のイトウに逢わせてくれている大切な道具ですから!

 プラスアルファで、こんなだったらもっといいのにな的な、これまでのイトウ巡礼で感じた経験(←そんなに大それたものではありません)をカタチにしてみようと思い立ったわけです。

P1160801 ベースは、今使っているシューティングヘッドの重量で。

 重さをはかっては切り、はかっては切りの繰り返し…。

 P1160803 あ~でもない…

 こ~でもない…

 この長さだったら重さが足らん…

 こっちだったら重すぎる…

 これだったら短すぎる…

 頭の中は、半パニック状態。

 そのうち、いいあんばいのところが見えてくる。

P1160810 熱伸縮チューブに入れて溶着。

 P1160818 接合面のさらなる強化と段差を消すために、PVCチューブを溶着します。

 いつかかるともわからない湿原の主。

 P1160821 そんなとき、自分の作ったシステムで外れたら後悔。

 ましてや、イトウがラインを引きずりながら泳がなくてはならなくなる…これはイトウの生命に関わること。

P1160827 PVCチューブの上に熱伸縮チューブをかぶせて、ヒートガンであぶって仮止め。

 そして、熱くなったアタッチメントの角でPVCチューブを溶かします。P1160828_2 はい!

 段差が消えました。

 接合面の強度もアップ!P1160832 両方の接合面をPVCでコーティング。

 ココまでは、いい感じで作業が進んでいます。

 さて、これからはティップ部分のループ作り。

 ティップはチェンジャブルスタイルにしようと思っています。P1160740 思惑通り、こんなのが釣れたら嬉しいんですけどねぇ。

 そう簡単に、湿原はほほえんでくれないかな。

 自分ができることを精一杯準備して、努力は惜しまず、勉強も止めず…

 そしたら、湿原の主は私のフライを選んでくれるかな…

 キチガイが奏でる、イトウ狂の詩。

 大声で歌い続けます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 9日 (土)

2012 イトウ巡礼① ~羆嵐~

 今年もイトウ巡礼をスタートしました。

 今年こそは…。

 夢のメーターオーバーを…。

 と、本気になっているところです。

 まぁ…毎年想いは同じなんですが。

 今年は、なぜかひと味違ったやる気がみなぎっているキチガイです。

 北の湿原の流れをイメージして、いかにイトウに選んでもらえるフライを巻くか。

 適材適所にマテリアルを配置できているか。

 ラインのシンクレートとフライの整合性。

 自分はどういうイトウ釣りを組み立てるのか…。

 釣りをトータルで考える。

 タイイングキチガイとしてフライに込める想いは強い(…と自分なりに想っておりますです。ハイ…)

P1160662 そんでもって、こんなフライを巻いてみた。

 名前はブラックキングならぬブラックカムイ。

 カムイとはアイヌ語で神。

 なぜ、カムイかっていうと、アンダーウィングとアンダーテールにゴールデンヒグマのヘアをちょろっと忍ばせてあるんです。P1160655 ↑これがヒグマのヘア。

 すんごい金色。

 ブリーチやダイドは一切かけておりません。

 天然色です。

 昨年から強烈なにおいとタタカイながら手間暇かけてやっと使える状態にしました。

 アイヌの方々はヒグマをキムンカムイ、山の神としています。

 それで、ブラックカムイにしてみたわけ。

 スロートハックルもムフフなニワトリ。

 まぁまぁ、ふっさふっさのゆっらゆら。

 このニワトリさんも今年から投入したマテリアル。

 自分でこのフライをカタチにしたときに、なんかビビッとくるものがあった。

 「おっ!いいんじゃね!」

 こっちもヒグマのヘアで。

P1160787 細身のプロポーションでまとめてみました。

 今回の主役フライはこの2本になりました。

 だから、タイトルは“羆嵐”

 さてさて、北の湿原はというと、P1160723
 どんよりと曇ってはいるものの、穏やか。

 強風いやいや狂風地帯のこのあたりではめずらしいくらい穏やか。

 今日もいわなっちょさんと一緒。P1160763_2 二人で黙々とキャストを続けます。

 一人で湿原にたたずむのも悪くないけれど、気の合う仲間とたわいもないことを話しながら釣るのがこれまた楽しい。

 イトウが釣れるときの天候的要素…

 イトウが釣れるフライの要素…

 ラインは何がいいだの…

 リトリーブのスピードは…

 などなど、話は尽きない。

 さて、釣りの状況はというと、時折ボイルが見られるものの、なかなかにシビア。

 引き潮に合わせるように、川の水が下流に向かってかなりの勢いで流れるようになる。

 水が動いたときがチャーンス!!

 まずは下流にキャストして流れに乗せて軽いスイングをかけてみる。

 しかし、ど~にも水を噛んでいないような気がする。

 これじゃ、イトウに選んでもらえるような状態にはない。

 なんとかしよう。

 ピカ~ン!!

 とひらめいた!!

 アレコレ、しかじかの工夫をラインシステムに加えてみる。

 そうすると、グッと水を噛み始めた。

 そして、数投後…。

 フライをひったくるようなアタリが!

 ずしっと重い!

 首振りが伝わって来る!

 間違いなくイトウだ!

 してやったり!!!!!

 ハーディーカスカペデイアが鳴いた!

 そして、いわなっちょさんが一撃でランディングしてくれる。

 P1160727
 やった~!! ごんぶとの93センチ!

 最初からこんなのが釣れた。P1160731 
 海と川を行き来している個体かな?P1160737 がお~!!P1160740
 あと7センチ大きくなったら、もうひと勝負しようね。

 いやだよ~

 って感じで、悠々と褐色の水に戻っていきました。

 川の変化が著しい。

 その変化を感じ取って、めんどくさがらずにシステムをチェンジしていく。

 ホントに基本的な事なんだけど、システムチェンジは結構億劫。

 でも、今日はどんどんチェンジ。

 それが、功を奏したのか。

 また、来た!P1160752
 2匹目も90センチ。

 う~ん。

 できすぎ!!

 2匹ともヒグマのヘアを使ったフライを食ってきた。

 やっぱり効きますなぁヒグマ。

 ヒグマさんありがとう!

 今回の巡礼は自然の変化に自分がついて行けたことが大きい。

 1人だったら、ここまでうまいこといってなかったと思う。

 切磋琢磨する仲間がいる。

 同じ夢を共有できる仲間がいる。

 この存在が大きかった。

 いわなっちょさんありがとう!P1160772 カスカペディアにも正真正銘魂が入りました。

 いい響でした。P1160778 言うことなしの巡礼スタート!

 今年も、イトウ狂の詩を唄います!!

 やったるぞ~!!

 メーターオーバー!!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年6月 7日 (木)

初夏の躍動

 6月に入って、一気に夏らしさを感じられるようになりました。P1160705 いわなっちょさんと休みを合わせての釣行。

 FlyTyingClub“Water Walker”スペシャルロッド。P1160678 
 先日、私は魂入れを済ませた、昨年Teraoさんに作って頂いたロッド。

 二人で同じロッドを担いで川へ。

 いわなっちょさんはロッドへの入魂を狙います。

P1160667 朝のうちは、雲が低く垂れ込め肌寒い。

 虫っけも感じられず、シビアな状況。

 シンキングリーダーを使って、深場へフライを送り込みます。

 それでもなかなかあたらない…。

 う~む…。

 6月にはいってもこの渋さ。

 丁寧に丁寧に魚が潜んでいるであろうポイントへフライを縦方向に送り込んでいきます。

 やっと、生命感が伝わって来ました。

 P1160675
 はぁ~。

 よかったよかった。

 この感触を味わうために生きている。

 いわなっちょさんにも!

 今日イチのレインボー!!!!P1160691_2 この尾びれ!

 最高の魚で、ロッドに入魂完了です。

 昼近くになると、気温が上がってきて、パラパラと虫っけが。

 ライズも頻繁にみられるようになりました。

 状況に合わせて、システムをチェンジします。

 シンキングリーダーからノーマルリーダーへ。

 刻一刻と状況を変える自然。

 よく観て…

 よく感じて…

 めんどくさがらずに状況に合わせること。

 コレ大事。P1160704 フライもチェンジ。

 ナンバーワンをドロッパー、ソフトハックルをリードに。

 これが大当たりでございまして。P1160697
 ぶっといのがここぞと思うポイントからバンバン出てくる。P1160699 す~っと、ポイントにウェットを送り込むと。

 ズン

 って感じで、ニジマスの躍動が伝わって来てます。

 これまで、寒かった日々の栄養不足を補うかのようなヒットの連続。P1160681 おお!

 セミ発見!!

 ビッグドライに出るかな?

 ドライフライボックスを車に忘れてきたワタクシ…。

 いわなっちょさんにシュティミレーターをいただき…。

 キャスト。

 ガボン。

 でたぁ~!P1160685_2 思惑通りでなんだか怖いくらい。P1160679 次から次へと。

 ダブルヒットとなりまして。

 2本のロッドと。P1160712 あ~釣れた釣れた!

 おじさん2人。

 川辺で怪しくほくそ笑む…。

 ムフフ…。

 フハハ…。

 だって、楽しいんだも~ん!!

 本格的な夏の雰囲気を感じて。

 さて、最高のシーズンの幕開けだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »