« ニュージーランド探訪記 | トップページ | ついに札幌上陸!!タイイング会in札幌 »

2013年1月13日 (日)

心穏やかなタイイング

 連日、猛烈な寒さが続いております。

 一番寒い2月はどうなっちゃうんだろ…

 いささか心配しております。

 2013年もポラポラとタイイングを開始したところであります。

 外は寒いのですが、気持ちはヒートしております!

 タイトル「心穏やかなタイイング」と違うではないか!

 と…

 おしかりを受けそうですが、

 なぜに何が心穏やかかというと、

 49ersが勝ったのです!

 今日は朝からNFL。

 ディビジョナルプレーオフにて宿敵(←勝手に自分でそう思い込んでいる)パッカーズとの対戦。

 朝からヒートアップしておりました。P1131803_640x480 なぜ、サンフランシスコ49ersファンかって?

 自分でもよくわかりません。

 気づいたら49ersが大好きでした。

 1989年のスーパーボウル。

 伝説の「モンタナドライブ」

 私の記憶の中でアメフトに関わる一番古い記憶がこれ。

 これを最初から見ちゃった訳ですから…

 自ずと49ersが好きになったような気がします。P1131759_640x480 今日の試合。

 見事、パッカーズを撃破!

 スーパーボウルまであと2つです。

 朝から、ヒートアップ。

 そして、只今勝った余韻にひたり、心穏やかという訳なんですね。

 そしたら…

 49ersカラーって釣れそうじゃないか…?

 赤とゴールドをベースとしたチームカラー。

 赤金ですよ!赤金!

 これは、釣れない訳がない!

 と、判断しましてタイイング。

 まず、引っ張り出したのは、

 ゴールデンゴールデンフェザント。

 ゴールデンフェザントのアルビノ(←のはず…まちがっていたらごめんなさい)

 全身がゴールでおおわれているキジでございます。P1131772_640x480 透明ががかったランプフェザー。

 こいつをスロートにしよう。P1131769_640x480 まずは、お尻のほうから。

 テールはゴールデンフェザントのクレスト2枚重ね。

 タグは49ersカラーの赤金。P1131774_640x480 ボディーはウェットダブ。

 レッドを思いきり使い、ゴールドエンボスフラットティンセルでリビング。

 少しばかりタブを引っ張り出して、ふわっと。

 スロートは、先ほどのゴールデンゴールデンフェザントのランプフェザー。

 これだけだと、

 水に入った時、水流に負けてシャンクにぺたっと張り付いてしまうように感じたので、

 ボディーハックルとして張りのあるコック・デ・レオンを3回転ほど入れてあります。

 レオンのハックルが支えになって、ランプフェザーはシャンクに張り付くことなく、サワサワと怪しげな黄金色を放ってくれるのではないかと…。

 レオンのハックルは水に入るとキンキラキンでスッケスケ。

 だから、ゴールデンゴールデンフェザントのランプフェザーの金色も損なわれることなく、出てくるであろう魂胆。

 最後はウィング。

 ここまで、ゴールドにこだわってきたんだから、

 最後までゴールドにこだわって、

 ゴールデンフェザントのテールをウィングに。P1131776_640x480 フェザントのテールは、

 もうね、

 いうことなしにカッコイイ!

 いろんなフェザントのテールを眺めていると、モワモワといろんなインスピレーションがわいてくるのですね。

 フェザントそれぞれに違った模様があって面白い。

 自称、フェザントキチガイ。

 フェザントのテールをウィングにするときって結構大変。

 あんまり、ファイバーの結束が強くないから、ウィングがばらけちゃう。

 そんなとき、ストークごと切り出しちゃう戦法を使うと楽ちん。P1131779_640x480 こ~んな感じでストークごと切り出しておけば、ばらける心配はなし。

 後は、ウィングをバックtoバックで揃えて、なでなでして整形して、

 スレッドにワックスをたっぷり塗って、

 えいやっと!

 入魂してとりつける。P1131783_640x480 ヘッドを小さくまとめたいので、

 余分なスレッドくるくるは極力はぶく。

 ワックスが効いていれば3回転もしておけば、がっちり固定可能。P1131806_640x480 タイイングってやっぱり楽しい!!

 49ersも勝ったしね!!

 スポーツチームのカラーってフライに応用できる…。

 いろんなトコからインスピレーション!

|

« ニュージーランド探訪記 | トップページ | ついに札幌上陸!!タイイング会in札幌 »

コメント

今さらながら、あけましておめでとうございます。
(ま、釣り師の正月『渓流解禁』は未だなので、ご容赦ください)
このカラーバランス、なんとも「そそられ」ますね。
いつもながら、お見事です。

以前お話しておりました、kuni版『サンタモニカ・フライ』ですが、ボクが今年の巻き初めでタイイングした『Blue Macaw Dog』を以て、お題の完成としたいと思いますが如何でしょうか。http://plaza.rakuten.co.jp/matsukuni/diary/201301090000/

そこを目指して巻いたのではなかったのですが、この配色と雰囲気はカリフォルニアの雰囲気を醸し出してはいないか・・・と。

今年も、よろしくお願いいたします。

投稿: kuni | 2013年1月15日 (火) 10時25分

kuniさん

こちらこそ、遅れて申し訳ありませんがあけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

赤金のチームカラーを何とかフライにあらわそうとしました。よくよく考えればルアーなどでは赤金はよく釣れる色でした。

久しぶりにフライのデザイン、カラー、マテリアルがぴたっと降りてきました。すぐさま形にしたものです。

今年もキチガイ全開で突っ走りたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

サンタモニカフライについてkuniさんのブログにコメントさせていただきます!

投稿: 管理者 | 2013年1月15日 (火) 20時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191232/56532092

この記事へのトラックバック一覧です: 心穏やかなタイイング:

« ニュージーランド探訪記 | トップページ | ついに札幌上陸!!タイイング会in札幌 »