マテリアル

2011年7月31日 (日)

あまり見かけないレオン

 出張5連戦あとの休日。

 メガトン級の疲れにやられております。

 な~んにもやりたくない病、発症中でございます。

 P1150068 ゆぱもお休み中…。

 私の気持ちもこんな感じ…。

 まぁ、ぼーっとしてるのも何だなぁと思い、出張中に届いていたちょっと見ないカラーのレオンサドルをご紹介。

P1150058 写真がぱっとしませんねぇ。

 ぱっと見、パープルぽいんですが、実はこれラベンダーなんですね。

P1150063 あわーい感じがなかなかにいいんですね。

P1150060 久しぶりに、レオンをなでなでしてほくそ笑みました。

 これから、夏場ウェットのテールに使ってやろうという魂胆。

 レオンのいいところを今更ながらに徒然と書いてみようかなpen

 とにかく、このニワトリの輝きっぷりは、やっぱり半端じゃない。

 化繊系のマテリアルの輝きとはやっぱりちょいと違う。

 水に入ったときの透明感あふれる輝きはやっぱりレオンじゃなきゃ出ない。

 と個人的には思ってます。

 それから、ファイバーのハリが絶妙。

 柔らかくもなく、固くもなく。

 よく動きながらもフライの型崩れが置きにくい。

 フラットウィングにしてもなかなかに面白い。

 まぁ、どんなフライにしても可能性を広げてくれるのがレオンです。

 困ったときのレオン。

 神様仏様レオン様。

 そんくらい、信頼を置いているし、汎用性が高いニワトリさん。

 P1150066
 特にテールに使うといい感じですね。

 最近、テールのマテリアルにちょいちょいこだわっているんです。

 ウェットをドリフトして、魚の視野にフライが入ったとき一番最初にアピールするのはテールなんじゃないかと感じてます。

 まぁ、魚に聞いてみないとわからないところなんですが、そんなイメージで釣り下ることが多いので、必然的にテールにはちょいとコダワリが発生するというあんばいなんです。

 タグの存在も同様。

 ワンポイントアクセントを効かせる意味でも、やっぱり大事かなと。

 たかが小さなワンポイントアクセント、しかし、実際に釣りに使ってみると、大きなワンポイントになっていると感じる今日この頃です。

 実釣に使ってみて何となく感じている事なんですが、こんなインスピレーションは個人的には大事にしていきたいと思っている次第です。

 釣りに行って感じたことをフライの改良へとつなげていくことが大事かな。

 実釣の経験からあーでもない、こーでもないしながらフライを変えていくのもやっぱり楽しいんですね。

 釣りに行ったらこのもやもやが晴れるかな…と思いつつも今日はじっくり休養に充てようと思う日曜日。

 徒然なるままのレオン話でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年1月21日 (金)

 赤!

 今、自分の中で「赤」が熱いんです!!

 なぜかって?

 その理由は分らないのですが、なぜか天然色の赤にココロ惹かれる今日この頃なんです。

 赤といえば…

 情熱の赤

 熱くたぎる血液の色

 赤い彗星シャア

 紅の豚

 特に「紅の豚」なんかは、あの真っ赤な飛行機を思い出し…

 「飛べねぇ豚は、ただの豚だ…」

 な~んて、名セリフをパクって

 「釣れねぇ豚は、ただの豚だ…」「毛鉤を巻かない豚は、ただの豚だ」

 などと意味不明な、独り言をぼそぼそ言いながら、“赤”が含まれているマテリアルをごそごそ引っ張り出して、ナデナデしてはにやにやしているんです。

 よくわからないんですが、ナデナデしているだけで何となく満足しちゃって、あんまりタイイングしてないんで、今回はフライの写真がありません。
【↑気分がのらないとなかなかタイイング使用としない性分なんです…。言い訳すると今週は、ちぃとばかり本職が忙しかったんです。っていうか本職が忙しいのは当たり前なんですが…】

Dvc00017_1 みなさんご存じ、ゴールデンフェザント。

 タイイングには無くてはならないマテリアル。ゴールデンフェザントが入手不能になったら本気で泣くと思います。マジで。

 ちょっと褐色がかった赤。

 レディーキャロラインのテールやスロートに指定されています。リーズナブルなお値段でコンプリートが入手できますので、もっていて損は絶対にしないキジですね。

Dvc00022 これは、クリムゾンロゼーラ。

 最近、インコにはまっているんです。色とりどりカラフルなカラーバリエーションはそのインコにしかない色。

 インコをいじっているとココロがときめきますなぁ!(←このような症状はもはやビョーキですので、あしからず…。自分でも認識しております。)

 この天然色はすごいです。「クリムゾン」っていう色はまさにこの色って感じがします。

Dvc00021 なんともおめでたい、紅白カラーの「ルチーノロゼーラ」

 ホワイトの中にじわっと赤が鮮明に出ています。

Dvc00030  そしてこれ。この赤はすごい!「ショウジョウインコ」。

 初対面したとき、目玉が飛び出そうになりました。すんごい赤です。

Dvc00027 ランプのアップですが、「完璧な赤」だといえそうです。

 かつて、大航海時代に「完璧な赤」を求めてヨーロッパ各国が世界中に進出したそうです。

 そこで、みつけた染料がコチニールだったようです。 コチニールは虫で、この虫からとれるエキス(?)が「完璧な赤」を生むみたい。

 「ショウジョウインコ」も負けてないと思うのですよ。とりあえず今持っている中でこれほどまでに鮮明な赤の羽根はありません。

 インコの羽根は、ウェットのスロートにソフトハックルにすると、とても効果があります。

 ワンポイント的にインコの極彩色を取り入れると魚の反応がいいですね。羽根がグラデーションがかったものは特にいい。

 水に入ると、自然色ですから、カラフルであっても自己主張しすぎないというか、あくまで自然のカラーで魚を引き寄せてくれる感じがします。

Dvc00025 最後は「ブラッドフェザント」

 まさに、“血”のカラーですよ。

 テールの付近にほんのわずかにはえているブラッドレッド。これは大事に使わないといけないと思いつつも、マテリアルは使ってなんぼの世界。そのうちがっつり使ってやろうと思ってます。

 “赤”というカラーは、よく釣れる色だと思いませんか?

 私は、赤は魚を引きつけてくれる色だと認識しています。

 あまり、真っ赤にするのではなく、さりげなくテールとかスロートとかに使ってやると効果が出ると感じます。

 魚がどれくらい色を認識しているかは諸説あるようですが、“赤”は魚を興奮状態に陥れるカラーではないかと考えています。

 エサとなる小魚のエラの赤に反応するとか、弱っている魚の目から血が流れ出すとか…、赤はやっぱり重要なカラーだと言えると思います。

 まだまだ、赤い羽根をもった鳥はたくさんいますね。これから、どんな赤い羽根と出会えるのか楽しみです。

 そうそう、「赤い羽根募金」でもらえるあの羽根。もちろんダイドですが、フライに使うと結構いいですよ。

  「そんなものまでフライに使うな」というお叱りの声が聞こえてきそうなので、今回はこの辺で…。

 さて、鳥いじろ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月 8日 (木)

SHELDUCK

SHELDUCK
 ケータイを換えました。初めてケータイからの更新です。うまくいくかなぁ…。

 今回は、先ほど届いた鳥さんSHELDUCKをご紹介。

 茶色のネックフェザーと黒と白の霜降り模様はがなんともいい感じなのであります!
 どんなフライにしようか画策中です。
 まだこの鳥でフライは巻いていませんが、触っているだけでワクワクしてきます。

 黒と白の霜降り模様はウェットのスロートにぴったり。白黒のコントラストをスロートにするとフライが引き締まるように思います。

タイイング意欲が盛り上がらないときは、羽根をなでなでするのが精神衛生上良いような気がします。完全羽根バカのビョーキですな…。

 もう少し、羽根いじりをして至福時間を過ごして、寝ます。

 次は、キジいじりをしよ。こちらも先日ちょいと面白いのが届きまして…。むふふなんですね!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年3月28日 (日)

面白いニワトリ

   3月も終盤。年度末は何かとバタバタ…。
 久しぶりの更新となりました。

 バタバタすると、ど~も気分が乗らずにタイイングも滞りがち…。あちこちからアメマスの便りが聞こえてきて、雪代前の釣りがいいシーズン。

 まぁ、焦らずにのんびりとした休日を過ごして、タイイング意欲を沸き立てようとした週末でした。

 そんな中、テンションが上がるモノが届きました。Club“Water Walker”のステッカーです。業者にデザインからお願いして、なかなか「いい感じ~」のステッカーができました。
P1110034  事務局として、日本中から30人を超えるフライフィッシャーのみなさんに集まって頂いた感謝を込めて。
 フライボックスや車のワンポイントに使って頂けると嬉しいですねぇ。

 妻には、得意の消しゴムはんこで、クラブのロゴを彫ってもらい、新しく作ったクラブ用名刺の裏にスタンプ。
P1110076  なかなか、味があっていいでしょ~!

 そんなこんなをやっているうちに、心の底から、じわ~っとフライを巻きたくなってきました。

 そんじゃ、今日はとっておきの面白いニワトリを使ってみようと思い立ち…いつものように徒然なるままのタイイングへ突入!
P1110035  Silver Seblight Chicken

 P1110043  こちらは、Gold Seblight Chicken

 どちらも、ホワイティングのブラックレースを彷彿させるニワトリ。一目見て、まさに一目惚れ。前々から、ホワイティング社のハックルをとったあとの鳥のウィングはどうしてるのかなぁ…って疑問に思っていたんです。そんなウィングも入手したので、ご紹介はまたの機会にしたいと思います。

 今日は、とりあえずこの2羽からセカンダリークイルを取り出してウェットにしてみます。
P1110048  写真のように、何とも言えない模様が描かれています。
 白地に黒の模様と茶色に黒の模様。ウィングのエッジには黒の縁取り。

 う~ん。いいのでありますね。

 この手のマテリアルに出逢うと、自然と気持ちが高揚してきます。これが、羽根大好き人間の習性です(笑)。完全にビョーキですね(大笑)

 質感は、コック・デ・レオンヘンウィングに近く、柔らかく結束力が強いです。

 まずは、Silverを使ってタイイング。
P1110061  白と黒のコントラストを最大限に生かしたい一心でタイイング。ウィングの黒のエッジを何とかはっきりと出したかったのですね。
 ティールをスロートにボディーはシルバーティンセルの上からパールティンセルを巻いてギンギラギンに。

 「いいウィングですなぁ…」などと、ひとりいつものように悦に浸ります。

 次はGoldでタイイング。
P1110068  こちらのコンセプトは、カラーの統一感。ブラウン系でまとめてみました。

 このニワトリたち、なんだか「いい感じ~」ですよ。

 色々なカラーのウィングをゲットしたので、また使ってみようと思います。しばらくこのニワトリたちにはまりそうな予感…。

 ホントにはまるのか?

 移り気な気分屋タイヤー。

 最近は獣毛をいじるのも楽しい…やばいぞ~マテリアルバカの進む道。

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年2月13日 (土)

Danger!! この男クレージーにつき

P1100916  ムフフ…先日届いた、クジャクのコンプリートとお話中…。

 完全にイカれていますな…自分でもそう思うわけで…。

 でも、クジャクのコンプリートなんて嬉しくて、嬉しくて、一緒に記念撮影。

 ブルーネックなんぞ一生分ありそうです(笑)

 それにしても、美しい鳥さんですなぁ。
P1100908  光輝くブルー。よく使うマテリアルではありますが、こんだけぎっしりと生えているとメタリックブルーが余計に映えます。

P1100906  ピーコックアイ、ピーコックハールも大量。ガンガン使っちゃいますよ~!!

 そんなこんなで、クジャクで遊んでいる今日この頃なんですね。

 とりあえずはセカンダリークイルを取り外し、蒸気をかけて成形してウィング材に。

 いつもどおり、徒然なるままのタイイングに突入していくのです。

 コンプリートで入手したことならでは!っていうような隠されたいい羽根はないのかとナデナデ。

 ありましたよ~面白い羽根が。
P1100919  肩あたりのフェザー。メタリックに輝くヘロンのような雰囲気。ストークも細くてハックリングにもってこい。

 これはなかなかにイイ羽根です。コンプリートならでは。こんな発見があるから、コンプリートで買っちゃうんですよね…。

 それでこんなフライを。
P1100938  ボディーに、見つけた例の羽根をハックリング。メタリックに輝くヘロンみたい。

 ウィングもピーコッククイル。

 クジャク三昧のフライなのですね。

 思う存分にクジャクを使い倒すこのヨロコビ…。ひとり悦に浸ります。

P1100941  こちらはもじゃもじゃ系フライ。

 オポッサムをボディーに。透き通るようなブラウン。いい色していて最近のお気に入り。襟巻きもオポッサム。

 ウィングはご覧の通りピーコッククイル。

 オポッサムと相性がいいように思います。

 ウィングは細めにしておいて、水に入ったら、オポッサムと一体化するようなイメージ。ボディーは下地にゴールドティンセルを巻いてあるので、水に濡れたオポッサムのファーの下からスケスケキラキラを目論んでおります。

 コンプリート。面白いです。適材適所にマテリアルを配置してあげられるように修行を重ねます。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

羽根羽根の日

   金曜日のものすごい雨で、川は泥濁り…。
 ああいうのがゲリラ豪雨っていうんですかね。本当にバケツをひっくり返したような勢いと雷…何だか不気味な夜でした…。

 釣りに行けない週末。のんびり過ごしました。本を読んだり、昼寝したり、庭の畑をいじったり。そうそう、我が家の庭に畑を作ってもらいました。タマネギ、ジャガイモ、レタス、トマトなどなどを植えて成長を楽しみにしているんです。
 自然と共にスローな生活…これがまたなかなかにいいんですね。

 こんな休日は羽根いじりももってこい。
 まずは、品薄だったシバーマーチブラウン風ウェットを補充。
P1070902  ボックスにずらっと並べておかないと、なんか落ち着かないフライなんですね。

 次は最近のマイブームなフライ。
P1070911  TMC200R#8に巻いたウェット。
 フックシャンクのカーブがなめらかで、大好きなフックなんです。フック自体も結構重たいのでよく沈んでくれます。
 ウィングにピーコックソード。テレストリアルを意識しているというよりは、水中でのアピール度を意識しました。水に入ったピーコックソードは、なかなかに妖しく輝きます。魚の活性が低いときにも、結果を出してくれています。

 そんなこんなで、やっぱり始まるのが徒然なるままのタイイング。
P1070914  TMC200R#6に。

 ウィングは、カッパーフェザントのメス。
P1070925  キジの仲間のオスの皆さんはそれぞれ個性的な羽根をお持ちですが、お姫様たちもシックな色合いの羽根をお持ちなんです。
 でっかい、パートリッジみたい。全身使えます。
 このカッパーフェザントのメスのセカンダリーが、これ。
P1070916  味のあるスペックルド。
 こういう羽根に出逢ってしまうとドキドキしちゃいます。

 フェザントのお姫様たちもいいですよ~。

P1070920 スロートハックルは、グレーターイエローネイプ。キツツキの仲間です。これがまたすごい鳥さんです。

 背中はオリーブのフェザー。
P1070921 ボディーはブルーダン。
P1070922 そして、頭は金色のフェザーがてんこ盛り。
P1070923  う~む。うなってしまう鳥さんです。大切に使おうと思います。
 キジとキツツキのコラボレーション。しばらくこの組み合わせにはまりそうです。

 やっぱり羽根は面白いのです。
 適材適所に使用して、いい所を存分に引き出して上げたいです。

 羽根羽根な休日。こんな日もまたいいもんです。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

雨の日のタイイング

 6月…初夏の太陽をしばらく見ていないような…。
 今日も雨…かなり強い雨…しかも寒い…。

 釣りに行くのはやめにして、フライの補充。お気に入りのフライを大量生産する日にしました。
P1070771  ナンバーワンを大量生産。
 フライボックスの予備が少なくなると不安になるのでいつもホイットレーにずらっと並べておきたいフライなんです。

 今日はのんびり巻き巻き。
P1070782  スロートにノーザンボブホワイトを。

P1070779  コントラストがはっきりした、結束が弱いフェザー。
 スロートハックルにはもってこいです。
 ハックリングするとシマシマ模様が浮き出てきます。

 ウズラの仲間の鳥さん。

 なかなか面白い羽根です。

 6月の長雨…モヤモヤしますが、こんな鳥さんと戯れるにはもってこいかも。羽根バカは鳥さんをナデナデしていれば少しか心が落ち着きます。

 初夏の陽光のなかでどんな活躍をしてくれるのか楽しみなフライになりました。

 さてさて次はキジさんたちと戯れよ…。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

羆~ヒグマ~

 GWの最終日。
 ポカポカの春の日差しが気持ちいいので…釣りに行ったかというと…
 雪代大増水のため釣りには行けず…。
 でもこの日差しはとても心地よいので何をしたかというと、
P1060642  ヒグマのスキンの天日干し。
 先日、近くのハンターの方に頂いたスキンです。

 「金光りしているところが欲しいんです」と伝えたところ、本当に頂いてしまいました。(コンプリートで頂いたわけではありませんのご心配なく…)

 ムフフ。
 これホントにいいヘアです。
 最高の金光り。水に入るともっと透明感のある金光りになります。

 今日の温かな日差しを利用して、徹底的に乾かしました。
 これからシャンプーをして仕上げようと思います(あっ、リンスもしたほうがいいのかな…)

P1060644  ↑このへんがいいですよね~。
 キラキラ輝くヘアなんです。
P1060649  早速一本タイイング。

 クレストとレオン、そしてヒグマのコラボレーション。

 ピカピカ自然の輝きトリオ。
P1060656  ウィングに金光り部分をパラッと…。

 いいですなぁ~。一人自己満足の世界へ突入。P1060658
 光の透過具合も満足満足。

 ヒゲナガの季節に使おうと思います。

 今度の休日もヒグマのスキンのお手入れをしようと思います。
 まずはシャンプーして、また天日干し。
 天気にな~れ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

ショベラーダック

 がぁ~釣りに行きたい…(←心の叫び…)
 一気に押し寄せてきた春によっていつも通っている川は、雪代が流入し濁流状態…。釣りになりません…。

 そんな日はやっぱりタイイング。今日、面白いマテリアルが届きました。
P1060605
 ショベラーダックのコンプリート。
 というか、もはやこれは剥製ですね。
 この羽根バカブログのカテゴリー「マテリアル」はさながら鳥図鑑と化してきました…。
P1060607  このカモさんのクチバシ。
 しゃもじのようになっております。

 今日はこのショベラーダックをナデナデしておりました。ボディーフェザーとお尻の付近のフェザーを使ってタイイング。
P1060609  ボディーフェザーは淡いベージュ。
 水鳥にしては、油っ気がありません。ファイバーの結束力も強くなく、ほどよいコシがあり、ソフトハックルやウェットのスロートハックルに向いているように感じます。
P1060613  ボディーフェザーをスロートに。ファイバー1本1本がよ~く動いてくれるような感じですね。
 水の中で大いに暴れてくれそうな予感。
 ウィングはユーラシビターンのセカンダリー。結束の弱い部分を使ってます。水に入るとほどよくウィングがばらけて、スロートハックルと共に魚を誘って欲しいと願いを込めました。

P1060610  こちらはお尻付近のフェザー。
 黒と白のダンダラ。
 こちらもぱりっとしたハリのあるファイバーです。
P1060618  大きめのソフトハックルにしました。
 TMC200R#8に。
 ボディーにちょいと細工を。淡い緑のタブをパラッと巻いて、すき間から下巻きしておいたパールティンセルがキラキラと光るようにしました。

 水に入るとこんな感じ。
P1060623  スケスケのボディーからキラキラ光るティンセルがチラチラと…。
 生物的な透明感を目指してみたのですが、実釣ではどんな結果がでるのやら…。

 釣りに行けないもやもやを今日はショベラーダックが癒してくれました。
 1日ナデナデなで回し、眺め回し…。

 日ハムをテレビで応援しながらも、ショベラーダックは膝の上…。タイムリーがでたら、ショベラーダックごとガッツポーズ!

 う~ん!いいねぇ!!快調な日ハム打線!!!今日も勝ちました。
 ファイターズとショベラーダックで過ごす休日。これはこれでいいもんです!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年3月29日 (日)

コック・デ・レオン

 今日あたり、川に行こうかな…と思っておりましたが、冬に逆戻りしたかのような寒さと雪…。すっかりめげてしまい、こんな日はタイイング、タイイング…いつものように徒然なるままのタイイング。川に行きたい気持ちの気晴らしと、来るべきシーズンに向けて。

 さてさて、今日いじり回したマテリアルは、こちらでございます。
P1060576  コック・デ・レオンのヘンケープ。ナチュラルダン。

 私は、コック・デ・レオンに非常に弱い…。
 すぐにココロ惹きつけられてしまいます。(ようするに、ショップやネットで見かけてしまうと、ついつい買っちゃいやすいということです)

 それから、ショップからの電話にも弱い…。「変わった色のレオン入ってるよ~」なんて言われたら、もうだめなのである…。

 マテリアルキチガイの悲しい性が出てしまうのですね…(笑)

P1060578 このヘンケープは一目惚れ。何ともいえないダンカラー。

P1060580  フェザーは淡い。主張しすぎず、でも存在感があるのですね。

 ファイバーは柔らかく、水に入れるとそよぐ感じです。

 ストークも細いので巻きやすい。

 そんで今日、レオン、レオン、レオンと叫びつつも、心穏やかにタイイングを…矛盾、きわまりない表現ですが、そんな感じなんです…。いいマテリアルと過ごす時間は、コーフンと静寂が入り交じったような不思議な気持ちになるんです。これは、マテリアルキチガイの末期症状なんでしょう…きっと…。

P1060581  ウェットのスロートに。

 ちなみにテールもレオンです。

 ウィングにカラスのセカンダリー。
 いつものようにボディーの一部はタブを巻いてピックアウト。レオンのスロートハックルがボディーに張り付かないようにしています。

P1060586  こちらは、ソフトハックル風。TMC200R#8。
 最近このフックが好きなんです。このカーブが何とも言えない曲線美をかもしだしています。ローウォーター気味に巻くとかっこよく決まるフックだと思います。
 ボディーはライラックのような紫のシルクフロスの上からパールティンセルでコーティング。

P1060588  こちらは、モンカゲロウをまともに意識したパターン。

 モンカゲが飛ぶ季節が待ち遠しい…。

 モンカゲロウのライズをリアルなフライでとるのも面白いですが、こんなアバウトなフライで、浮上するニンフをイメージして喰わせたいのです。

 レオンはいいですね~。使い方は無限大!魚を誘う力も無限大!!レオンをナデナデしているとホント、色んなインスピレーションが沸いてきます。

 のんびりいい季節を待ちましょ…。

| | コメント (16) | トラックバック (0)