雑記

2014年2月 6日 (木)

ニジマスが「指定外来種」に…<パブリックコメントを>

ご存じの方も多いと思います。

北海道でニジマスが「指定外来種」として認定され放流が一切禁止されるかもしれません。
P1120286_2
北海道は「北海道外来種対策基本方針」(素案)をまとめました。
この素案について広く意見を聞くということでパブリックコメントを募集しています。
道民として。
釣り人として。
自然と遊ぶことが大好きな人間として。
意見を投稿したいと考えています。
こんなときにこそ、思考停止に陥らず
いろいろな意見を聞いて
考えて
自分なりに咀嚼して
自分の意見をまとめて声を上げることが大事だと個人的には考えています。
このパブリックコメントを書くにあたっていろいろな方と論議しました。
SNSでも意見を聞きました。
それらをまとめて自分の考えとしました。
○●●○○●●○○以下、投稿パブリックコメント○○●●○○●●○
 道民として、釣り人として、自然を遊ぶことが大好きな人間として、北海道の自然を愛する人として「北海道外来種対策基本方針」(素案)を拝見しました。しかし、この素案には多くの問題点と矛盾点が存在しています。
 また、生物多様性に著しい影響のある種を「指定外来種」として指定し、その個体を放つことを禁止・罰則を設け、防除をすることに対して著しい違和感を感じます。
特に河川におけるニジマスの取り扱いについては、釣り人として憤りさえ感じます。
原因は、下記の通りです。
①河川、森林、里山、都市部内の公園など北海道の生態系は多様で複雑です。これらを 
北海道全体として1つの自然観で俯瞰してしまっていること。
②北海道行政は生物多様性保全を掲げながら、一方でダムやスーパー林道の開発など自然を破壊するような無駄な開発を行い、これまで息づいてきた在来種が生息できないような環境を自ら作りだしている。それらを棚上げし生物多様性崩壊危機の原因が外来種だけにあるかのように考えていること。
③様々な観点(科学的・社会的・経済的)からの論議が不十分であること。
 北海道の生態系は1つの生態系としてとらえることはできないと考えます。河川には河川。森林には森林。多種多様な生態系が存在し、それが複合して北海道総体としての生態系が成り立っていると考えます。
 どの生態系で、どの外来種のインパクトを考え、それぞれの生態系でどのようなアプローチをし生物多様性を保全していくのかが明確でありません。
 複雑に入り組んだ生態系に対して一律に「放つこと」を禁止し罰則を設け、「防除」をするというスタンスをとってもまったく無意味だと考えます。
 アライグマの食害による農業被害やセイヨウオオマルハナバチの環境インパクトは大きなものであることは認識しています。
河川のニジマスについてはどうでしょうか?アライグマやセイヨウオオマルハナバチのようなインパクトとなっているでしょうか?
 いつも自分の庭のように河川を歩き遊んでいる釣り人こそ河川の環境のことをよく知っています。ニジマスが生息している河川であっても在来種のヤマメやイワナなども一緒に生息しています。
 しかも、ニジマスという釣り人にとって最高の好敵手がいることで釣りにおけるキャッチ&リリースが定着しつつあります。
 
 そのためか、河川に着実に在来種をはじめとした魚の数が増えてきていると感じています。このような現状を素案を作成する段階で感じ取っている方は行政にどれくらいいらっしゃいますか?
 
 ニジマスという外来種がきっかけになって在来種を増やすことにも繋がっています。
イトウが良い例です。イトウの数は着々と増えてきています。イトウを守っているのは釣り人だと断言できます。
「幻の魚」という冠がついてしまった原因は乱獲でも外来種のインパクトでもありません。開発によって生育場所や産卵河川が奪われたからです。
地域の古老や祖父母から生の話を聴いています。「昔はこの川にもイトウがいた」と。
北海道として本当に生物多様性保全を進めていくことができるのか甚だ疑問です。
 
 行政の無秩序な開発によってこれまで生息していた在来種の生息場所が奪われたとの認識はあるのでしょうか?
 これまでの開発で生息場所を奪ったという認識と反省がどこにも現れていません。
 「開発も進める」「生物多様性保全も進める」現状において矛盾だらけです。あたかも、外来種が生態系を破壊し生物多様性の危機を作り出したかのようです。
 開発によって魚がいなくなったからニジマスを放流し命が溢れる河川の姿を取り戻そうとした方々がいます。各地域で有志や団体が成魚放流や発眼卵放流活動を行ってきました。
 ニジマスを放流するに至った経緯について考えてみることも大切です。
 現状を感じ取ることもなく、考えることもなく作られた素案はまさに机上の空論です。
 また、北海道には多くの釣り人が各地からやってきます。ニジマスには日本中から、いや世界中から釣り人を集める力を持っています。観光業による経済的な影響も大きいと考えられます。
 素案には「生態系サービスが損なわれることのないよう生物多様性を維持していくことが重要である」と書かれてありますが、ニジマスはこのサービス能力を持っています。
そして、ニジマスを釣ることによって培われたキャッチ&リリースの精神によって、増えつつある在来魚もその能力を持っています。
 まとめとしてお伝えしたいことは、ニジマスを早急に「「指定外来種」に指定しないことです。
 もちろん、密放流は許されることではありません。
 このような論議がわき起こったことを逆に好機と捉え、一律ではなく前述した複雑な生態系ごとに様々な視点や考え方に立つ人たちが1つのテーブルに座り、徹底的に論議し新たなルールを作っていくことが必要だと考えます。
○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○
パブリックコメントの受付は2月7日(金)までです。
署名活動は引き続き3月3日(月)まで続きます。
みなさん声をあげましょう!
ひとりでやっても無理と考えていてはいけないと思います。
ひとりが始めるから大きな力になるんです!

|

2013年12月30日 (月)

回顧2013年

 今、タイイングデスクの大掃除が終了しました。

P1012298_2  
 ブログの更新が滞っておりました。
 
 なんと4月の札幌タイイング会の告知から、ほったらかし…。
 「クレージー生きてるの?」
 「どうした釣りに行ってないの?」
 などなど、ご心配の声もいただきありがたい限りです。
 ブログよりもFaceBookに投稿することが多くなっているのも事実。
 それもこれも、本業がやたらと忙しい一年でございました。
 まぁ、歳もそれなにりとってきましたので、いろんな仕事が回ってくるのは当たり前だとは思うのですが…。
 それにしても、毎日、何かにおいたてられているような日々。
 ぐったり疲ればかりが募る2013年でした。
 6,7月はポツポツと釣りに行ってはイイ魚に会えておりました。
Ncm_0696
 日々のストレスを解消させてくれるのはやっぱり川でした。
 元気満々のブッといニジマスが遊んでくれると、心は解放されるのです。
Ncm_0677
 しかし…
 
 8月以降は、釣りに行けたのはなんと1回…。
 
 毎年、恒例のイトウ巡礼にも1回も行けず…。
 時間を作って釣りに行こうと思ったら何か仕事ができててんやわんや…。
 天気にも泣かされ、休日のたびに雨がふり、川が濁る…。
 そんな1年。
P1011908  こんな年があって当たり前なのかもしれませんね。
 自分で言うのもなんですが…大変な1年でした。
 この1年を乗り切れたことはもしかしたら、あとあと大きな糧になっているのかもしれません。
 プラス思考で。
P1011925
 タイイングもあまり手につかず。

 どうしても、雑念が入ると満足できるフライになりません。

 それでも、やっぱりタイイングは僕のアイデンティティ。

 あ~でもない、こ~でもないとマテリアルと戯れておりました。
P1012098
 さてさて、2013年も明日の大晦日を残すばかりとなりました。
 来年は、もうちょっと釣りに行きたいな。
 ブログももう少し更新しますね(笑)
 みなさん、今年も大変お世話になりました。更新がストップしていたブログにも足を運んでくれている皆さんには感謝、感謝です。
 来年は、クレージーフライフィッシャー全開で、戯れ言も全開で、より楽しい日々になればいいなと思ってます。
それでは、みなさんよいお年をお迎え下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 9日 (日)

大雪だ…

皆様ご無沙汰しておりました。

クレージー、なんとか生きております。

ふと気がつけば10月の浜益川リバーサーモンから更新が滞っておりました。

なんだかかんだで、本業がバタバタとしておりまして…

釣りにもほとんど行けずに悶々としておりましたが、仕事は仕事で充実している感もございまして…なんだかよくわかりませんが、元気でやっとります!

妻がスマホに変えましてなにやらスマホからブログをサクサクと更新していまして、

その手があったか!

と、今更ながら気がついたわけで…

ケイタイ時代の煩わしい更新過程がいやだったのでスマホでも、どーせメンドイと勝手に思い込んでおりました。

しかし、しかし!
今、サクサクと更新ができております。
これは楽チン!

というわけで、
これからは、スマホからのお気軽更新ができそうなので、積極的にアップしようと思っています。

内容はこれまでの戯れ言となんら変わりありませんので悪しからず。


undefined
タイイング部屋は相も変わらずぐっちゃです。

undefined
初冬の大河にぶち込もう考えていた、ディーウイング。

あれよあれよの間に冬が来て、川に行く前にどか雪。

オーマイガーbasketballwobblywobbly

だって、今日なんか…
こんなに降っちゃった…

undefined

一晩で車が埋まっちゃいました。
これからも、降り続くようです…
あ~あ。
北国に住んでいるのだから仕方がないのです。
移りゆく季節を感じながらのんびりいきます。

undefined

なんて、言いながら…
タイイングデスクの片隅には、
まだ、サーモン用フライを巻いていたころの真っ赤なゾンカーなどが放置されています。

北国の長い冬。
のんびりタイイングでもします。

スマホで更新もできることがわかりましたので、どんどん更新していこうかな?

undefined

タイイングデスクからの実況的なのもやってみようと思います。

また、戯れ言にお付き合い頂ければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月30日 (土)

ありがとうございます~500000アクセス~

 P1160853 40万アクセスから10ヶ月…。

 50万アクセスが見えてきました。

 単純に計算してみる。

 10ヶ月だから約300日。

 一日あたり、この戯れ言ブログを訪れてくれている人数は…

 100000(人)÷300(日)=333(人/日)

 約300人!?

 えっっっ~!

 こんなにたくさんの方々が、毎日訪れてくれている。

 計算してみて改めて驚きです。

 いつも戯れ言ばかりなのに、おつきあいしてくれている方々がいらっしゃる。

 こんな嬉しいことはありません。

 ほんとにほんとにありがとうございます。

 アクセスカウンターが500000人目だった方には、これも何かのご縁だと思いますのでコメントかメールなど頂けたら幸いです。

 差し支えがなければ、メールでお名前のご住所など教えて頂ければ、なにかちょこっと気持ちばかりですが送らせて頂きます。

 ニアピンだった方もご連絡頂けたら嬉しいです。

 ピッタリさんから連絡がなかった場合500000人に一番近い方に何かお送りいたします。

 メールはブログの左、「メールを送信」から送って下さい。

 今後とも、「クレージーフライフィッシャーの雑記帳」をよろしくお願いいたします。

                                   クレージーフライフィッシャー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

あけましておめでとうございます

 あけましておめでとうございます!

Dvc00201今年もよろしくお願いいたします。

 2012年がスタートしましたね。

 新たな一年が皆さんにとって、笑顔があふれる一年になりますように。

 たくさんの釣り人が喜びを分かち合えますように。

 そして、思い出に残る魚との出会いがありますように。

 今年もキチガイ全開、フライバカ一直線で突き進もうと考えている次第です。

 いつもながらの戯れ言ばかりのブログですがお付き合い頂ければ幸いです。

 ◆今年の目標!◆

 「原点回帰!」

 自分の感性の限界を超え、自分のセンスを磨き、意図が込められた自分なりに美しいと思うフライを巻き、お気に入りのロッドで、戦略通りフライを流し、美しい魚を釣る!

 タイイング(←特にこれ!もっと修行を重ねる!)

 タックル

 タクティス

 3点を重視したトータルフライフィッシングを展開する。

 よ~し!一年の計は元旦にあり!

 みなさん今年も楽しい釣りしましょ~!!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年12月29日 (木)

回顧2011

P1150679

 2011年も残すところあと3日になりました。

 モレスキンのダイアリーも成長してふくらみました。ぱらぱらとページをめくり2011年を振り返っています。

 大きな悲しみ…

 忙しさ…

 毎日、何かに追い立てられるかのような日々。年々、一年経つのが速くなっていると感じます。

 でも…同時に…

 歓喜!

 楽しい事!

 そんなことも一杯。

 自分の中で2011年は、何か激動の1年だったような気がする。

 漢字一文字で表したら

 「濃」

 かな…?

 さて、釣りの方はというと、今年は長雨にたたられ釣りにならない日々が続いたな。

 自然相手の遊び…「仕方ない」と思ってもやっぱり釣りはしたい。

 イトウにも逢えたし。

 ニジマスとも格闘したし。

 うん。贅沢は言わない。

 これが今年の釣り事情。

 FlyTyingClub“WaterWalker”は今年4回のタイイング会を開催することができました!

P1150544 会を重ねるごとに参加者が多くなってきて、クラブを創ってよかったな…。みんなでタイイングの楽しさを共有できるのっていいな…ってすごく嬉しく、楽しい時間でした。

P1140200  メンバーも全国に50名を数えるまでに発展。

P1140689 釣り人のリンクは最強です!

 来年もタイイング会やりますよ~!!みなさん足を運んで頂ければ幸いです!

 ブログの「釣行記」を見返してみてもやっぱり今年はあんまり釣りに行っていない。

 う~ん…。

 今年の思い出に残る一匹はコイツかな?

P1140916  激シブの中、思惑通りにとった鼻曲がり。

 それから、酷寒の北の湿原で逢えたイトウ。

P1150390 来年こそは、メーターオーバーを…。

 やったるぞ!

 さて、来年もどんな出会いが待っているのかな?

 魚との出会い。

 釣り人との出会い。

 楽しみだぁ~!!

 みなさん、今年一年大変お世話になりました。

 よいお年をお迎えください。

                                                                            Crazy Fly Fisher

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年11月 9日 (水)

ここんところのクレージーの近況

 ふぃ~catface

 なんかバッタバッタしておる今日この頃でございます。

 ここ数年仕事がどんどん忙しくなっているような気がするのです…なんか息つく暇がない…。でも、きっとみなさん同じだろうな…。がんばろ…。釣りに行くために(^0^)

 週末ちょいとアメマス釣りに行ったり、仲間と楽しい時間を過ごしたり、ずっと探してた本が見つかって入手したり…嬉しいこともいろいろあったので、ここんところの近況報告でも。

 先週末、釣り仲間のTさんと故郷の川の下流へアメマス狙いに行ってきました。

P1150435 調子が良いとの情報を頂き楽しみにしていた釣行。

 FieldWalkersさんにはたくさんの情報を頂きました。ありがとうございました。お陰でアメマス釣れました。

P1150437  故郷の川のアメマスはこれからが本番みたい。本隊が遡上してきた頃にもう一回行ってみよう。

 なかなかにシビアな状況の釣りでした。

 ウェットのスウィングではなかなか喰ってこない…流せど流せど喰ってこない…。でも、ちょいちょいとリトリーブするとアメマス特有のアタリが伝わってくる。

 釣れ方がわかった頃にはあたりはまっ暗け…。まぁ、そんなもんですな。

 近々、リベンジ行くぞ~soon

 夜には、釣り仲間が集まって馬鹿話。まぁまぁ、このメンバーが集まると信じられないくらい話に花が咲く。時間を忘れるってまさにこのこと。

 想いを同じにしている仲間ってやっぱり大切ですね。日々の忙しさを忘れるこういう時間が大事。

Dvc00214 

 ハーディーリールをくるくるして、ラチェット音を聞きながら、ギョーザなどをつまんでおりました。

 

 「カリカリカリカリ…」

 「この音に癒やされる」

 完全に周りから見たら、かなり怪しいおっさん集団と化していたと思われます。

 いいんだも~ん!自分らが楽しけりゃ!誰にも迷惑かけてないしね(^0^)

 「釣りに行くんですか~?」

 って、料理を持って来てくれた店員のおねーさんに聞かれた。

 みんなかなり忙しくて、

 「釣りに行けないからさ、こうやってリール巻いて音聞いて和んでるの」

 って言ったら不思議な顔されました。

 そんなこんなで夜は更けていくわけです。

 続いては嬉しい事。

P1150442 じゃじゃ~ん!

 「ART OF ANGLING JOURNAL Vol.1 Issuse1~4」

 をオークションで格安ゲット!!

 この4冊。ず~っと探しておりました。これで、全部そろった。念願かないました!

 嬉しい嬉しい。

 お宝です。

 そして今日、英国から届いたのがこちら。P1150443_2 KELSONフライがわんさと掲載されておりますよ。P1150444_2 いいですなぁ~。クラシックパターン。

 心ときめきます。

 しばらくはクラシックパターンに釘付け。

 眠れなくなるねこりゃ。P1150445 ぱらぱらめくって心を躍らせているわけです。

 今日は一番、ドキドキしたのはこのフライ。

 名鉤

 サンダー&ライトニング

 週末にでもじっくり巻こ。

 レシピもばっちり載ってるし。

 あっ。でもイトウフライもアメマスフライも巻かないと…。

 公私ともに忙しい忙しい。

 のんびりいくことにしますわ!

【告知】

FlyTyingClub“WaterWalker”は第5回タイイング会を12月3日(土)旭川のグリッターさんにて開催します。内容など詳しいことはこれからお知らせいたします。

夜は、忘年会も予定していますので、メンバーのみなさんはもちろん、お友達をお誘いの上たくさん参加していただけると嬉しいです。

予定に入れておいてくださ~い!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

感謝~40万アクセス~

 P1150325
 ブログを始めて4年と9ヶ月ほどが経とうとしております。

 この数年間の釣りはとても充実しております。

 ブログを始めてからはたくさんのみなさんとつながりを持つことができて、ますますフライフィッシングが充実しています。

 信じられないことに、はやくも40万アクセスが近づいてきました。 

 毎日200人を超える方が私のブログに遊びに来てくれているなんて信じられません。嬉しい限りです。

 いつも、戯れ言ばかりのキチガイブログにおつきあいいただき本当にありがとうございます。

 アクセスカウンターが400000人目だった方、これも何かのご縁だと思いますのでコメントかメールなどいただけたら嬉しいです。
 差し支えなければ、メールでお名前とご住所など教えていただければ、なにかちょこちょこっとしたものを進呈しようかなと考えております。

 あっ、ニアピンだった方も連絡頂けたら嬉しいです。最も400000人に近い方にも、何かお送りします。

 マテリアルの詰め合わせがいいかな?

 マイフェバリットフライズにしようかな?

 などなど、楽しみにしています。

 【注:携帯でご覧になっている方はアクセスカウンターが見えません…すいません。】

 今後とも「クレージーフライフィッシャーの雑記帳」をよろしくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

マニアック(?)向け図鑑

P1150309 こんな図鑑があるって知ってました?

 ご存じ、羽根バカ、マテリアルキチガイの私め…前々から目をつけていた本だったんですね。

 しか~し!

 こういった、マニアックな図鑑はやっぱり値段がお高いわけで…。 

 なんと8000円ですshock

 チ~ンdown

 もちろん、フライフィッシャー向けに創られた本ではありませんよ。野鳥を観察する人向けの図鑑ですね。

 フライフィッシャーであっても、こういう本にビビッと来る人は希なんですかねぇ…?

 なんか心ときめきません?

 私だけかな…。

 マレーシアに行ったときも英語で書かれた鳥図鑑に心ひかれて2冊ほど購入してきた私です。英名で鳥の名前が書いてあるのでフライフィッシングにはもってこいなんです。

P1150322 この「羽根図鑑」念願かなって入手しました。

 週末、所用で実家に帰省しておりました。

 野鳥観察が好きな親父の部屋。本棚のすみっこに鎮座しておられました。

 「おっ!おおっ!!うぉ~!!

 「何で持ってンだぁ~」

 「この本、ちょい借りるよ(←借りるとはいいながらも返す気はほとんどない)」

 「やる。オレ見ても分からんし…。そんな本あることすら忘れてた」

 さんきゅ~ベリマッチ!!親父!!!

 という成り行きで念願の本をただで入手。

 ムフフ。笑いがおさまりません。

P1150310 ご存じ、シルバーフェザントのページ。

P1150311 日本名、英名、学名も書かれてありまして。

 プライマリー、セカンダリー、テールは何枚あるかまで書かれています。

 ちなみにプライマリーは初列風切羽根、セカンダリーは次列風切羽根という具合に日本語で書かれているんですね。

 なかなか味わい深いですね~。

 P1150315 ハッカンのセカンダリー。いやいや次列風切羽根のダイドオリーブ。

 図鑑をめくりながらひとりニヤニヤしている秋の夜長。

P1150321 ほほ~。ゴルデンオリオールは日本にもいらっしゃるのですなぁ。

 色からして、な~んか南国育ちを想像しておりましたが…。

 図鑑を見ては、自分の持っている羽根と見比べてみるのが結構面白い。

 しばらくこれにはまりそうだな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

#flyfisherらしい一言をつぶやいてみる

 さっきから、ツイッターで面白いことが起こってます。

 それが

 “#flyfisherらしい一言をつぶやいてみる”

 っていう#(ハッシュタグ)つきのつぶやき。

◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇

 #(ハッシュタグ)とは…【ご存じの方も多いと思いますが一応説明をしておきます】

 ツイッターをやっているとどんどんといろいろな情報やつぶやきが流れてきます。その中に、#(ハッシュタグ)つきのものも目につきます。

 これは、検索用キーワードで、あるテーマについて複数のユーザーでつぶやき合うときに、特定のハッシュタグを決めておき、そのテーマについてのつぶやきのなかに「#〇〇〇」と書き添えておくと、そのタグをクリックしたとき、「#〇〇〇」を含むつぶやき、つまりテーマに関するつぶやきが一覧で表示されます。

 要するに、同じ話題でワイワイやりたいときに、#(ハッシュタグ)をつけておくと検索しやすく、盛り上がりやすいということですね。

◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇

 それで、さっきから盛り上がっているのです。

 みなさんの「#flyfisherらしい一言をつぶやいてみる」を読んでいると、人それぞれの釣り哲学が浮かび上がってきて非常に面白いです。

 「まとめたら、本になるんじゃないの?」

 みたいな意見も出ています。

 釣り業界のみなさんこんな企画いかがですか?きっと面白い本ができあがると思いますよ!

 ちなみに私のつぶやき。

「清き流れにキャストしても恥ずかしくなく、魚に選んでもらえるようなフライを私は巻きたい」

「世界中の鳥の羽根を一本の針に巻き付けフライを創造するインスピレーションは世界をつなぐ」 

「どうしてかな?世界中にキチガイFlyfisherがいるって考えるとほっとするし胸が熱くなる。みんなバカになれ!!」

「でっかい魚がかかると…この魚と長い時間ファイトを楽しんでいたい願望と、早く手中に収めたい欲望が入り交じる。この心のカオスがFlyFisherの楽しみ」

 な~んて感じです。

 ぜひ、ツイッターにログインして、「#flyfisherらしい一言をつぶやいてみる」で検索してみてください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧