道具あれこれ

2012年6月28日 (木)

スペシャルシューティングヘッド作成~Chirai Special~

 徒歩5分の大河では、サクラマスが遡上中。

P1160834 人工の滝を越えようとジャンプジャンプ。

 あっ。もちろん釣ってはいませんよ。

 フィッシュウオッチです。

 自然の営みは見ているだけで心が熱くなりますね。

 それはそうと、最近のワタクシ。

 ラインの熱溶着にはまっております。

Ncm_0145_2 上手にループを作ることができると楽しい。

 コツをつかむまでずいぶんと失敗しましたhappy02

 早く溶着させたくて熱を加えすぎると…

 オーマイッガッ!!

 とろ~っと溶けてしまって、ぷっつん…。

 ポイントは、仮止めができたらヒートガンアタッチメントの角を使うことでした。

 そんでもって、イトウ特別仕様

 “ChiraiSpecial”Ver.CrazyFlyFisher
 

 シューティングヘッドを作成中。

 これまでは、市販のシューティングヘッドを使用してきました。

 市販のヘッドには何の文句もありません。だって、幾多のイトウに逢わせてくれている大切な道具ですから!

 プラスアルファで、こんなだったらもっといいのにな的な、これまでのイトウ巡礼で感じた経験(←そんなに大それたものではありません)をカタチにしてみようと思い立ったわけです。

P1160801 ベースは、今使っているシューティングヘッドの重量で。

 重さをはかっては切り、はかっては切りの繰り返し…。

 P1160803 あ~でもない…

 こ~でもない…

 この長さだったら重さが足らん…

 こっちだったら重すぎる…

 これだったら短すぎる…

 頭の中は、半パニック状態。

 そのうち、いいあんばいのところが見えてくる。

P1160810 熱伸縮チューブに入れて溶着。

 P1160818 接合面のさらなる強化と段差を消すために、PVCチューブを溶着します。

 いつかかるともわからない湿原の主。

 P1160821 そんなとき、自分の作ったシステムで外れたら後悔。

 ましてや、イトウがラインを引きずりながら泳がなくてはならなくなる…これはイトウの生命に関わること。

P1160827 PVCチューブの上に熱伸縮チューブをかぶせて、ヒートガンであぶって仮止め。

 そして、熱くなったアタッチメントの角でPVCチューブを溶かします。P1160828_2 はい!

 段差が消えました。

 接合面の強度もアップ!P1160832 両方の接合面をPVCでコーティング。

 ココまでは、いい感じで作業が進んでいます。

 さて、これからはティップ部分のループ作り。

 ティップはチェンジャブルスタイルにしようと思っています。P1160740 思惑通り、こんなのが釣れたら嬉しいんですけどねぇ。

 そう簡単に、湿原はほほえんでくれないかな。

 自分ができることを精一杯準備して、努力は惜しまず、勉強も止めず…

 そしたら、湿原の主は私のフライを選んでくれるかな…

 キチガイが奏でる、イトウ狂の詩。

 大声で歌い続けます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月22日 (木)

“Water Walker”Special

 出会いは突然やってきた。

 衝撃的な出会いでした。

 そう、あれは「タイイング会in岩見沢」での出来事でした。

 宴も盛り上がり、話も花が咲き乱れているとき、クラブメンバーのnabeさん が何気に取り出した一本のロッド。

 TeraoRod 10.1ft#5/6

 手に持った瞬間、衝撃が走りました。

 パラボリックなアクション。

 絶妙なバランス。

 具体的に言葉で表すのはとても難しいのですが、なんかこう釣り人の琴線を振るわせるというか、感性に響いていくるというか。

 ありますよね、こういう状況。きっと、釣り人だったら解ってもらえる感覚。

 一言で言うと、そのすばらしさに一撃で打ちのめされたというか、このロッドを川で振って、魚を釣ってみたい。

 素直にそう思えるロッドでした。

 話は、とんとん拍子に進み、nabeさんがいろいろと手配をしてくださり、TeraoRodさん にクラブ特注ロッドの制作を依頼したのでした。

 そしてついに今日、手元に届きました!

P1150345 Water Walker special と銘打っていただきました。

 そして、この美しい飾り巻き。

P1150336 寺尾さんに、わがままを言って巻いていただきました。

 すごいです…ため息しかでません…。

P1150346 飾り巻きのデザインはこのブランケットからもらいました。

 ペンドルトン「Human Sprit」

 まさに魂こもってます。

P1150332 ガイド付近は、ちらっとゴールドがあしらわれています。

 こんなワンポイントがロッドを引き立ててくれます。

 P1150338 アンダーグリップを取り付けることも可能でダブルハンドとしても使用可能。

 ゆっくりとスペイキャストを繰り返して、ゆっくり川の空気を吸って、ゆっくり魚の躍動を感じる…そんな釣りができそうです。

 一生の宝物ができました。

 わがままを聞いていただいた、寺尾さん、nabeさん本当にありがとうございます。心から感謝します。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2011年6月18日 (土)

EKICH BOBBIN

 ちょっと晴天が続いたなぁ~。夏だなぁ~。

 と思ったら…

 週末はまたも雨…。

 川には濁りが入って、だめだこりゃ…。

 釣りに行きたい…。

 と、ココロから思うが川の状態が良くなく、釣りに行きたくても行けない、北海道最高の季節6月を沈鬱な気持ちで過ごす日々。

 精神衛生上まったくよくない。

 従って、タイイングデスクに向かう意欲もフライをイメージするインスピレーションもフリーズ気味。

 でも、先日光明が差してきた。

 またもや、From Canada。

P1140862 「FlyFisher」4月号に掲載されていた、ファルク・エキッチさんのボビン。

 P1140861 なんとスレッドがオートマチックで出たり収納したりできるとのこと。

 「こりゃ、すげ~」

 と興味を持って、何としても手にしたいと悶々としておりました。

 なんだかんだとネットで探して、購入できることが判明。円高だしここがチャンスとみてオーダーしてみる。なんと日本語入力もできたりで、とっても親切。

 少々英語と格闘する場面もあったが、なんとかなるもんだ。

 そして、届きましたよ!

P1140864 早速、その使い勝手を確かめてみるのだが、これが凄い!

 スレッドテンションはきつくもなく、ゆるくもなく。

 フックシャンクにクルクルスレッドを巻いていくとなんの違和感もなくスレッドを自然と出てくる。

 今までに無い感覚に、思わずにや~っとしてまう。

 そして、スレッドを緩めると、するする~と自動的にボビンにスレッドを再び巻き付けられていくのです。

 巻き直しするとき、余分なスレッドを指でクリクリしてボビンに再び戻す手間が省ける。 

 こりゃ~快適!P1140872 う~む。

 こういうモノを創ってしまう人は偉大なり。

 まさに、タイヤーのことを考えたタイヤーのためのボビンなのである。P1140875_3 「エキッチさん。すげ~わこれ!!」

 と、英語でメールしよう。

 ってできるのかな?

 やっぱりこういう、フィーリングを英語で伝えるのって難しいなぁ…。





 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

スーパー便利グッズ!!

 タイイングデスクのかたわら、ティンセルやワイヤ類がぐっちゃぐちゃにこんがらがっていませんか?

P1140133  私だけですかね?ワイヤがバックラッシュして、絡んで絡んで…

 「キー!!!!」

 ってなるの?

 そして、挙げ句の果てには…

 P1140135 トリムバッグ行き…。

 実際はトリムバッグに入れてある、というのが正しい表現です。必要な時にトリムバックから取り出して使っています。

 このような、タイイング時のストレスから解き放ってくれるスーパー便利グッズを北の毛針釣り師さんが開発してくれました!!

 それがこちらです!!

P1140138 ネオプレーン生地のボビンホルダーです。

 これが、優れもの。

 中央にあいた穴に、ワイヤやティンセルを通して 、マジックテープでボビンを包んであげるだけ。

 これで、絡んでイライラする、ストレスから解放されます。

P1140140 こんな、感じ。

 ネオプレーン生地が、ほんとに絶妙な加減でボビンをホールドしてくれます。好きな時に好きな分だけ、す~っとワイヤが出てくる。

 これは、とても快感ですね。

 ストレスフリーってやつ。

 マジックテープで固定テンションを調節してあげれば、そのままリブ作りにも使えました。

P1140145 こんな風にリブを巻けるから、ワイヤに無駄が出ないのです。あらかじめ長めにカットしておく必要もないわけですね。そのまま、ぐるぐるできちゃうわけですから。

 タイイングキチガイとして、とても快感を覚えるグッズです。

 みなさんも是非、ゲットしてください。

 お値段もとても優しいです。

 こんな便利グッズを惜しみなく提供していただいた北の毛針釣り師さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

 本当にありがとうございました。

 さて、追加注文、追加注文。

ネオプレーンボビンホルダーの詳細・注文についてはこちらです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【告知】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイイングクラブ「Water Walker」設立1周年記念タイイング会in旭川 

日時:3月5日(土) 13:00~

場所:旭川市 グリッターさん

参加:無料

〔内容〕


○グリッターさんによる、新フライシステムEUMER(ユマー)のタイイング方法。

○いわなっちょさんによる、シュティミレーターとレディーキャロラインのタイイング。

○西洋毛鉤さんによる、目から鱗のタイイングテクニック。

○クレージーフライフィッシャーによる、レオンに関わるエトセトラ。

 今のところ、内容はこんな感じ。もちろんお応えできる範囲になりますが当日のリクエストもありです。

※夜は旭川の街にくりだして懇親会の予定!!こちらもぜひご参加を!!!

※お越しの際には、フライボックスをお持ちください。みんなで交流したいので!

※タイイングのレベルは全く関係なしです。みんなでタイイングを楽しみましょう!!

クラブメンバーのHiroさんもPRブログを書いてくれました。こちらもご覧ください!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年12月10日 (金)

無いと「あずましくない」道具

 「あずましくない」

 いきなり、北海道弁からのスタートです。

 道産子の私、けっこう「あずましくない」という言葉を使うんです。ちなみに、反対語は「あずましい」です。

 「あずましい」とは…

 落ち着いた状態というのか、なんか居心地がいいというか、しっくりきている状態を表す言葉です。

 北海道以外では使いませんよね…きっと…。

 高校時代の修学旅行は関西方面へ。

 京都の旅館でのことなんですが、私の体は結構でかいほう。ところがこの旅館の布団が短く布団に入っても足が出っ張る。こんな状態で私は、

 「あずましくない…あずましくない…あずましくない…あ~、あずましくない」

 と連呼しておりました。

 「あずましくない」が旅館の方の耳に入ったようで、真顔で

 「あの~、あずましくないって、どういうことでしょう?」

 と聞かれました。

 この瞬間、「あずましい」は北海道弁であることをしっかりと認識したのでした…。

 それでもって、無いと「あずましくない」道具の話なんです。

 いつも車のキーに取り付けてあって、旅行にも必ず連れて行く、ヴィクトリノックスのミニチャンプDX。

Dvc00051

 落っことしたり、酷使したりで、表面の赤いプラスチックカバーが割れてぼろぼろでした。

 そろそろ買い換えかなぁ…なんて思いながら、ヴィクトリノックスがずらっと並んだショーケースを眺めていたんですね。

 「なにか、お探しですか?」

 と店員さん。

 「いやいや、今使っているミニチャンプがぼろぼろになってきたもんで…そろそろ買い換えかななんて思ってまして…」

 と伝えると、

 「オーバーホールに出せば、すぐ直りますよ」

 とのこと。

 「お~そんなことをやってくれるのか!ヴィクトリノックス!!」

 と半ば興奮気味に感動した次第で、すぐにオーバーホールに出しました。

 そうしたら、わずかな期間と数百円で直ってきました。

Dvc00052_2  裏面がぴかぴかになって帰ってきました。

 “逆むけ”を切ったり、ちょとしたものを削ったりなどなど、いつも持ち歩いて使っている道具なんで、わずかな期間といえどもないとやっぱり落ち着かない。すなわち「あずましくない」のですね。

 ヴィクトリノックス札幌ファクトリー店の店員さんがとても丁寧に対応してくれました。買い換えることだってできたのに、オーバーホールを進めてくれました。やっぱり、いつもの道具には愛着があります。一緒に過ごす時間が多いほど想いも詰まっています。そんなことを理解してくれている店員さんなんだと思います。本当にありがとうございました。

 そして、いつも立ち寄るフライショップでたまたま、刃物研ぎのプロの方がいらっしゃって、ナイフを研いでいただきました。

Dvc00053_4  さすがは、プロフェッショナル。

 「しゃわしゃわしゃわしゃわしゃわ」と砥石と刃が当たる音が心地よく聞こえて…。

 できあがってきたのは、カミソリのような切れ味。

 うーん。これでまた、自分だけのヴィクトリノックスになったような気がして嬉しくなりました。

 そして、我がヴィクトリノックスはいつもの車のキーに取り付けて、いつもの「あずましい」状態へと戻ったのでした。

 あ~やっぱりこれがあると

 「あずましい」

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月29日 (金)

刺激強すぎ…

P1100851  刺激が強すぎるDVD。

 クレージーナイスガイの皆様が、モンゴルでタイメンを釣っちゃう映像盛りだくさん。

 あ~もう、ため息しかでませんよ。こんなの見せられたら…。

 巨大なトップウォーターフライに水柱を上げて襲いかかるタイメン…でっかいのばっかり…。なんじゃこりゃ…心臓に悪い…精神衛生上あまりよくない…。

 ただただすげ~…。

 モンゴルのタイメンについて、開高健大兄曰わく…

 「蒙古の脅威だ。驚愕だ。」

 まさに驚愕…開いた口がふさがらない…。

P1100855  このへんが、私のイトウ釣りのバイブル。何度も読み返した本。

 今度のDVDはフライでばんばん釣っちゃてるもんだから、インパクトが大きいのですね。

 道中がまた面白い。夜な夜な巨大なフライを巻く。マテリアルは荷物を運んでくれるラクダの毛を切って使ったり、家畜のヤクのヘアをもらったり。

 やっぱりね、タイメンすなわちイトウにはヤクのヘアが効くんだな!

 う~む。負けてられんのだ!

 今年も行くぞ、イトウ巡礼。

 北の大河。あの川には王者がいる。ゆうに1メートルを超すヤツがいる。

 釣れる確率は低いかもしれないけれど、私のフライに引っかからないとは100%言い切れないのだ。

 「取らぬ狸の皮算用」ではないのだが、そんなこんなでいろいろと準備だけは進んでいるのです。

 いつ来るかわからない…でも、自分で納得できる準備をしておかないと、せっかくの出逢いも水の泡…そんなことになったら一生の後悔。

P1100861  イトウ用のフライは、巨大化の一途をたどり…フライボックスは増殖し続け…。想いだけは誰にも負けないくらいたっぷり詰まっているつもり。

 P1100857  今年は気合いを入れてバッグとネットを新調。

 念願のブレディーのバッグ。想いがたっぷり詰まったフライボックスを詰め込むぞ~。

 ネットは特大の折りたたみマクレーン。でかい折りたたみネットを探していたんです。バッグスタイルの私にとってこのネットは大きな見方。これまでは、特大ネットを背中にぶら下げていたのですが、ネットがバッグに絡んで肝心なときに取り外せない…仕方なく地面に置いといて、移動の時にまた拾って…を繰り返す…こうするとやっぱり肝心なときに手もとになくてイライラ…。

 「チャンスは、準備をきちんとしていた者に訪れる」

 準備は万端。

 後は、忍耐かな。

 ネットに入らないようなヤツがこないとも限らない…これもポケットに入れとこ。万が一のときのために…。

P1100863  わかる人は、わかりますよね…この軍手(笑)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年5月23日 (土)

世界で1つの宝物

 でっかい魚がかかったときに絶対に必要なランディングネット。
 最近色々な、ブログやHPを拝見すると、美しいネットと共に写る美しい魚に目がいきます。魚の写真を撮る上でネットの存在がかなり大きくなってきているように思います。
 美しい魚体のかたわらに、美しいネットがある写真。ココロ惹かれます。

 そんなこんなで、EZネットを購入しました。

 ケースから抜くと

 「びょ~ん」

 となって広がるEZネット。これ結構気持ちいいんです。

P1060767  今、主に使用しているネットはゾルブクローケンのテレスコピックランディングネット。
P1060772  ダブルハンドを振る機会が多くなったので、グリップが長く伸びるこのネットは重宝しています。
 私はベストを着用しないバック派なので、バックにクリップで取り付けることができるところもいいんですね。

 ただし、写真写りがちょっと…。

 それから、シングルハンドを振るときに気分を変えて、EZネットを使ってみようとも思ったわけです。

 市販のままのグリップもレトロな感じがしていいんですが、グリップをなんとか綺麗な木で自作して、そんでイイ魚釣って(←いつ釣れるんだかわかりませんが…)、魚のかたわらにネットを置いて写真を撮りたいと思い立ったわけですね。

 ネットで検索するとみなさん、グリップを自作しているみたいで、それが個性的で美しく面白い。それでもって、EZネットのグリップを綺麗な木目の木材で自作しようと試みたのであります。

   しか~し、現実はそんなに甘くないのです…。糸ノコと格闘しましたが、ま~ったくうまくいきません…。あ~あ…何とかならんかな…と思っていたところ、すばらしいグリップを制作している工房があるじゃないですか!

 それがISHIDA CRAFTさんです。HPの写真を見てあまりの美しさに感動。ココロ震えました。浮き出る木目は木が持っている自然のまま、美しい曲線…。もう一目惚れ!

 連絡をとると快く引き受けて頂けました。

 グリップが来るまでの時間…楽しみで、ワクワクで、あの美しいグリップがついたネットを持って川に釣りに行ったら、それだけで最高なんじゃない!

 なんて勝手に想像して、まだ市販のままのグリップがついているネットを「びょ~ん」「びょ~ん」してニヤニヤしていたわけであります。

 そして、ついに!

P1060754  届きました~!念願のISHIDA CRFTさん作成のグリップ!!

 綺麗なのです。美しいのです。大和撫子なのです!!一人コーフン状態におちいり、早速ネットを取り付けたのです。

P1060756 黒をベースにコブの模様が引き立つ、美しいグリップ。
 大満足です。

 P1060763 
 インテグリーラのケースに収めるとこんな感じ。

 なんともいい雰囲気になりました。

 このネットと見合うような魚に逢いたいものです。

 カスタマイズしたネットを持って釣りに行く…それだけでウキウキしちゃいますね。

 ISHIDA CRFTさんには大変お世話になりました。そうそう、ネットフレームにかぶせるプロテクトチューブもISHIDA CRFTさんから購入しました。これも優れものです。ネットを守ってくれるし、見た目もよくなりました。

 さてさて、このネットに見合う魚をかけなくては…。そして、無事ランディングしなくては…。

 目指すは昨年3Xをぶっちぎっていったモンスターかな。

 
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

深い緑の…

P1060631  釣りに行けないモヤモヤした日々から逃れるためにか、物欲へ…。

 ウィンストン買っちゃいました~!
P1060630  といっても、ロッドではなく。ウィンドブレーカー。

 ネットで見つけて格安販売されていたので買っちゃいました!

 薄手でこれからの季節にはいいかも。釣りにはもちろん、タウンユースとして使おうと思います。

 明日からこれ着て仕事に行こ。
P1060632  大好きなロッドメーカーのアウターを着て釣りに行けないモヤモヤを吹き飛ばそうという魂胆。

 なんかこう、フライフィッシングを身近に感じていると心が落ち着くのでありますね。

 なかなかに着心地もいいんです。一気に気に入ってしまいました。

 あ~あ。ファイターズも逆転負けだし…。釣りに行けないモヤモヤがつのるし…。

 モヤモヤモヤモヤモヤモヤモヤモヤ…

 徹底的にモヤモヤ化している今日この頃です。

 週末はどっかに行きたい…。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

ついに…

P1060364  ついに偏向レンズを購入。

 今まで裸眼でも魚が見えてカワセミの目とか、単なる釣りバカの目とか言われていた私の目にもついに偏向レンズを装着するときがきました。

 春のシーズンからデビューさせようと思います。

 購入のいきさつは、初冬の角度の低い太陽光線の中、一日釣りをしていたら、目が痛くてしょぼしょぼしてしまったことにあります…。

 さてさて、今回購入したのは、サイトマスターウルティモ。カラーはダークブラウン。
 実際、装着してみるとまるで装着していないような見え方。う~ん、なんか良さそうなのですね。

 どれくらい見えるのか、風呂場で実験してみようかな…。でも春までのお楽しみにしておこ…。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

憧れのDL4

P1050690 いつも通っているショップのショーケース。

 緑の輝くブランク…。

 たまにケースから出して振らせてもらう…。

 たまらないミディアムアクション そして、繊細さ…。

 何とも言えない雰囲気を醸し出すロッド…。

 このロッドでウェットの釣りをしたい…自然にそんな気持ちがわいてきた。ショップを訪ねるたびにこのロッドについて店長と話し込む。

 そして、数ヶ月にわたり考えたあげく購入を決意。

 Winston DL4 #6。

 完全無欠の一生モノ。生涯使い続けるであろうことは間違いない。

 ちょっと早めのクリスマスプレゼント

 このロッドを持つとどうやって使おうか、イメージまでわいてきます。魂入れは、来シーズン。楽しみですねぇ!魂入れの儀式を行う場所とねらう魚、使うフライまで現段階で決まっているのですね。(←アホである)
P1050677
 DL4はなんだか大人の雰囲気。

 ゆっくりとのんびりした釣りを演出してくれそう。

 魚一匹との出会いが、さらに大切な思い出になりそうな予感。

 う~ん。毎日ロッドチューブから取り出しては緑のブランクを眺め、ひとりにやけているクレージーフライフィシャーです。

 やばいぞ、このロッドに似合うリールがほしくなってきました。やっぱりブランクカラーに、あう緑色のリールがいいなぁ…。

 ヴォッセラー…ティトン…。

 何回サンタさん呼べばいいんだか…。

| | コメント (14) | トラックバック (0)